DMM Bitcoinでリップルのレバレッジ取引をやってみた感想→スプレッドが広くて勝てないw

結論からいくとアルトコイン(ビットコイン以外)のスプレッドが広すぎて正直きっついw

投機トレードに慣れている人ならまだしも、初心者は今のDMM Bitcoinのスプレッドで取引すると間違いなく業者にカモられるので手を出さない方がいいですね・・・。

念のため、どれくらいレバレッジを掛ければDMM Bitcoinを使う価値があるのか検証してみました。

どれくらいのレバレッジなら利用価値があるか

DMM Bitcoinの最大レバレッジは5倍となっているため、現物リップルの価格より5分の1で買い付けることができます。

つまり、レバレッジを掛けると少ない資金でたくさんのリップルを購入することができるため、資金効率が良くなります。しかし、DMM Bitcoinのリップルのスプレッドは12円となっているため、現物価格より高い値段です。

※最近だと8.5円くらいになってます

当時、私がリップルを買った時の現物価格とDMM Bitcoinの価格は次のとおりでした。

  • 現物価格(GMOコイン):64円
  • DMM Bitcoin:76円

この価格を使って何倍までレバレッジを掛ければDMM Bitcoinを使うメリットがあるのか検証していきます。前提条件は下記のとおりです。

  • 購入数量の最小単位(リップルは100枚)はDMM Bitcoinに合わせます
  • リップルを買った値段から100円になったシナリオで計算します。

同一の買付数量

 現物DMM Bitcoin
買付価格現物64円76円
買付数量100枚100枚
買付金額6,400円7,600円
決済時の価格100円100円
値幅36円24円
想定利益額3,600円2,400円

現物と同じ買付数量にした場合、DMM Bitcoinだとスプレッドにより高値で買うことになるので現物より想定利益額が減ってしまいます。

買付数量が現物と同じなら現物を買った方が断然有利ですね。ただ、DMM Bitcoinの場合、レバ5倍なので100枚買うのに必要な証拠金は次のようになります。

7,600円 ÷ 5倍 = 1,520円(必要証拠金)

本来7,600円必要なところ、たったの1,520円で買えるのがレバレッジ取引の魅力です。この時注意しなければならないのが証拠金維持率ですが、詳細は後述します。

2倍の買付数量

 現物DMM Bitcoin
買付価格現物64円76円
買付数量100枚200枚
買付金額6,400円15,200円
決済時の価格100円100円
値幅36円24円
想定利益額3,600円4,800円

買付数量を2倍にすれば、ようやく現物より利益額が増えますね。つまり、DMM Bitcoinを使う場合は現物より2倍以上の買付数量でようやく使うメリットが生まれます。

その時に必要な証拠金はたったの3,040円(15,200円 ÷ 5倍)です。

レバレッジの定義は(価格 × 数量) ÷ 元金で計算しますが説明の便宜上、現物の数量を基準としました。

ここでのオチは、レバ3倍以上ならDMM Bitcoinを使うメリットがありますね。

いきなり大赤字に耐えられるか→私にはムリw

こちらの画像はリップルを200枚買い付けたときの損益です。スプレッドが12.548なので新規建玉を作った瞬間に-2,509円(12.548 × 200枚)のマイナスから始まります。

買付数量を2,000枚にしたら-2.5万円、20,000枚にしたら-25万円のマイナスからスタートです。スプレッドは、DMM Bitcoinの収益になるのでノーリスクで業者側はこれだけの金額が儲かるようになっています。

逆に私たちにとってこのスプレッドの広さは負けに繋がるので、利益を残し続けるのはかなり厳しいですね・・・。

リップルが1日に13円以上のボラティリティがあればまだ何とかなるかもしれませんが、騰落率にすると約18%必要になります。

ちなみにリップルの18%といったら阿鼻叫喚するレベルですからねw

DMM Bitcoinのバグか?

DMM Bitcoinのロスカット率は80%になっていますが、新規建玉を作る際の取引余力はスプレッド分が考慮されていませんでした。つまり、ポジションを建てた瞬間にスプレッドの損失で証拠金維持率が80%を割り込み、即ロスカットが走りますw

これにはビビりましたwwww

おそらく注文執行時に反対側(AskだったらBit)で余力チェックしてないっぽいですね。これは間違いなくバグですw

くれぐれも取引余力ギリギリでトレードしないようにしましょう。DMM Bitcoinをただで儲けさせてこっちは1秒後に損失を確定させるだけですからねw

スプレッドの開き方によっては純資産が赤(マイナス)になる可能性も秘めてます。

アルトコインのレバレッジにおすすめの取引所

海外取引所になりますが、BitMEXがいいですね。ビットコインならDMM BitcoinでもOKだと思いますが、イーサリアムやリップル、ネムなどアルトコインのレバ取引はBitMEXを使わないと勝てないと思います。

BitMEXの場合、銘柄によって最大レバレッジも変わりますが、リップルだったら最大20倍、ビットコインだったら最大100倍までレバレッジを効かせられます。(レバレッジ設定も範囲内なら自由)

ビットコイン建てなのがデメリットですが、DMM Bitcoinだとスプレッド負けする以上、アルトコインのレバ取引は今後BitMEXを中心に使っていこうと思います。海外取引所ですが、日本語にも対応しているので特段難しい点はないですね。


コメントは利用できません。

関連記事


おすすめVISAデビットカード一覧


おすすめ記事


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

スポンサーリンク



ピックアップ記事

  1. 【口コミ】Binanceで分散投資しよう!草コインの有望銘柄を探すメリット・デメリット徹底解説

    私がBinance(バイナンス)を知ったキッカケは、2017年に起きた分裂祭りでビットコインのハード…
  2. 【口コミ】初心者におすすめの仮想通貨ビットコインの取引所ランキングまとめ!

    仮想通貨を取り扱っている取引所は複数社ありますが、取扱い銘柄が違ったりレバレッジ倍率が異なったりと取…
  3. 仮想通貨の投資初心者におすすめの取引所はZaif!ビットコイン取引の始め方を徹底解説

    ビットコインなど仮想通貨に将来性を感じてこれから投資を始めたいと考えている人向けの解説記事です。…
  4. 新生銀行のVISA海外プリペイドカードGAICAの口コミ・評判と4つのデメリットを徹底解説

    新生銀行のグループ会社アプラスが発行するGAICAは、13歳以上なら誰でも申し込める年会費無料のプリ…
  5. 【口コミ】海外旅行におすすめ!キャッシュパスポートの評判と4つのデメリットを徹底解説

    キャッシュパスポートは、スペアカードがあったり24時間365日のアシスタントサービスが用意されていた…

ICOプロジェクト

  1. 1

  2. 2

  3. 3

  4. 4

  5. 6

ランキング一覧