DMM BitcoinのXEM(ネム)のスプレッドが少し狭くなりました!?

XEMのレバレッジ取引ができる唯一の取引所はDMM Bitcoinですが、サービス開始当初のスプレッドは15円でした。

それから12円ほどに狭くなり、最近では7円くらいまで狭くなってきてます。(赤枠)

10円オーバーのスプレッドはさすがにキツイと思っていましたが、スプレッドが一桁になったためXEMのレバレッジ取引をそろそろ開始しようと考えています。

XEMの現状

2月に入ってからのXEMはそれほどボラティリティがないため、DMM Bitcoinのスプレッド(7円)水準だとデイトレードはおそらく厳しいです。2017年12月~2018年1月までのボラならデイトレでもいけそうですが、今のボラティリティだとやるならスイングですね。

XEMはCoincheck騒動により、犯人が20%のディスカウントでビットコインやライトコインに交換しているため、まだ下がる可能性はあります。詳細は下記の記事にまとめたので参考にしてみてください。

約5億XEM(580億円相当)がCoincheckから流出したことで大きな事件(1/26)に発展しました。流出事件から約1ヶ月が経ち、ネムを盗んだ犯人は順調に資金洗浄が進んでいる...

 

XEMはどこまで下がる?

おそらくトレンドが出始めた20円台くらいまで突っ込む可能性があると見てます。買い参入するなら私は20円台から拾っていこうと思ってます。

20円台ならDMM  Bitcoinでレバレッジ3倍くらい掛けて一攫千金でも狙おうかと企んでますw

ちなみにDMM Bitcoinの場合、XEMは現物ではないためCoincheckのような流出リスクはありません。

それからXEMホルダーは「カタパルト」に期待してガチホしていますが、私自身は正直期待してません。っていうのも、そもそもXEMはプラットフォーム系の仮想通貨なので、秒間トランザクション処理が早くなろうが実需で使われないと意味がないと思ってます。

イーサリアムベースのdAppsは最近よく見かけるようになりましたが、XEMはあまり聞かないなぁ・・。

いずれにせよXEMが今後プラットフォームとして使われるためには、分かりやすい広告というかマーケティングが問われている気がします。

いくら機能性が優れていようが使われる側に伝わらないと意味がないですからね。スティーブ・ジョブズのようなプレゼンができれば最高ですよね。

もしもXEMのレバレッジ取引を検討しているならDMM Bitcoinでトライしてみてください。

2018年1月11日から口座開設の申し込み受付を開始したDMM Bitcoinですが、国内で唯一アルトコイン(イーサリアム・リップル・ネムなど)を売り(ショート)できる仮想通...


コメントは利用できません。

関連記事


おすすめVISAデビットカード一覧


おすすめ記事


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

スポンサーリンク



ピックアップ記事

  1. 【口コミ】Binanceで分散投資しよう!草コインの有望銘柄を探すメリット・デメリット徹底解説

    私がBinance(バイナンス)を知ったキッカケは、2017年に起きた分裂祭りでビットコインのハード…
  2. 【口コミ】初心者におすすめの仮想通貨ビットコインの取引所ランキングまとめ!

    仮想通貨を取り扱っている取引所は複数社ありますが、取扱い銘柄が違ったりレバレッジ倍率が異なったりと取…
  3. 仮想通貨の投資初心者におすすめの取引所はZaif!ビットコイン取引の始め方を徹底解説

    ビットコインなど仮想通貨に将来性を感じてこれから投資を始めたいと考えている人向けの解説記事です。…
  4. 新生銀行のVISA海外プリペイドカードGAICAの口コミ・評判と4つのデメリットを徹底解説

    新生銀行のグループ会社アプラスが発行するGAICAは、13歳以上なら誰でも申し込める年会費無料のプリ…
  5. 【口コミ】海外旅行におすすめ!キャッシュパスポートの評判と4つのデメリットを徹底解説

    キャッシュパスポートは、スペアカードがあったり24時間365日のアシスタントサービスが用意されていた…

ICOプロジェクト

  1. 1

  2. 2

  3. 3

  4. 4

  5. 6

ランキング一覧