【仮想通貨】2018年1月の成績公開!3万円から40万円稼げました

気付いたらZaifの取引履歴でCSVダウンロードができるようになってたので取引損益を集計してみました。

取引内容がイケてないので正直公開するのを迷いましたが、これから仮想通貨市場に参入する人が希望を持てるように1月の実績を公開します。

2018年1月の取引損益

10万円から始めて、正月早々いきなりマイナス7万円を叩き出し残金3万円までになりました。早々に退場になりそうでしたが、結果的になんとか盛り返して403,461円稼ぐことができました。

念のため、取引明細を張っておきます。

 

 

3万円から40万円まで稼げる金融商品ってあまりないですよねw

レバレッジは最大限掛けて取引しましたが、小額からでも数十万円稼げる仮想通貨(ビットコイン)は夢があります。

利用している取引所

取引明細のファイル名を見て分かると思いますが、私がメインで利用している取引所はZaifです。Zaifは信用取引とAirFXの両方でレバレッジ取引ができます。

信用取引の場合は最大7.77倍、AirFXの場合は最大25倍になりますが、この2つのサービスを使い分けて取引しています。

AirFXを利用するケース

数千円から数万円しか軍資金がないときは、25倍のフルレバレッジでAirFXを利用してます。

明確なトレンドやレンジブレイクの初動に乗れた時は、小額でも一気に数万円稼げるのでレバレッジトレードの種(軍資金)が作れます。

これでさらにレバレッジを掛けて倍々ゲームで一気に稼ぎます。レバレッジを掛ければ当然損失ダメージもでかくなるので損切りはタイトにします。

損切りをタイトにするということは、エントリーポイントをしっかり厳選して自分が狙っているところまで引きつける必要があります。

信用取引を利用するケース

信用取引はAirFXのデメリットを埋めるために使います。AirFXのデメリットは、ポジションを伸ばしたくても強制利確が入るため、ターゲット価格まで届く前に自動で決済されてしまいます。

信用取引ならポジションを育てられるため、トレンドが出たときや暴騰・暴落時に大きく稼げます。

ただし、レバレッジは最大7.77倍なので小額資金だと大きく稼げません。そのためにタネはレバレッジ25倍のAirFXで稼ぐようにしています。

Zaifのシステムリスクは要注意

2/22に起きたZaifだけのビットコイン特別価格ですw

Zaifはビットコイン相場が大きく荒れると必ず注文が通らなくてロスカットも遅れます。気に入っている取引所ではありますが、こういったシステムリスクと常に隣り合わせなのがデメリットなんですよね。

実際、私自身もシステムリスクに直面し、資金を吹っ飛ばした経験があります。ポジション持っている時に突如大きく動き出したら何も操作できないのでもう諦めるしかありません。

いずれにせよ1月はなんとかプラスで終えられたので、良かったです。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


おすすめVISAデビットカード一覧


おすすめ記事


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

スポンサーリンク



ピックアップ記事

  1. 【口コミ】Binanceで分散投資しよう!草コインの有望銘柄を探すメリット・デメリット徹底解説

    私がBinance(バイナンス)を知ったキッカケは、2017年に起きた分裂祭りでビットコインのハード…
  2. 【口コミ】初心者におすすめの仮想通貨ビットコインの取引所ランキングまとめ!

    仮想通貨を取り扱っている取引所は複数社ありますが、取扱い銘柄が違ったりレバレッジ倍率が異なったりと取…
  3. 仮想通貨の投資初心者におすすめの取引所はZaif!ビットコイン取引の始め方を徹底解説

    ビットコインなど仮想通貨に将来性を感じてこれから投資を始めたいと考えている人向けの解説記事です。…
  4. 新生銀行のVISA海外プリペイドカードGAICAの口コミ・評判と4つのデメリットを徹底解説

    新生銀行のグループ会社アプラスが発行するGAICAは、13歳以上なら誰でも申し込める年会費無料のプリ…
  5. 【口コミ】海外旅行におすすめ!キャッシュパスポートの評判と4つのデメリットを徹底解説

    キャッシュパスポートは、スペアカードがあったり24時間365日のアシスタントサービスが用意されていた…

ICOプロジェクト

  1. 1

  2. 2

  3. 3

  4. 4

  5. 6

ランキング一覧