海外旅行でクレジットカードの代わりなるマネパカード

クレジットカードだけに依存するのはリスク

海外旅行でクレジットカードは思わぬ出費やホテル・レンタカーなどのデポジット(保証金)に使ったりとさまざまな所で利用できるため、便利な反面、クレジットカードだけに依存すると、もしもの時に対応できなくなってしまうリスクもあります。

仮にクレジットカードが紛失・盗難に遭ってしまった場合、サポートセンターに連絡を入れて利用停止などの処置を行うことになりますが、渡航先で失ってしまったクレジットカードは再発行はできても、その場ですぐには戻りません。

海外旅行のためにショッピング枠とキャッシング枠を多めに変更してから渡航先でクレジットカードを失ったことを想像してみてください。焦ってしまうどころか海外旅行を楽しむこともできなくなるくらい、不安と恐怖に支配され、最後は「たられば」で自己嫌悪に陥るのが目に見えます。

お金を安全に運べるのはクレジットカードだけではない

海外旅行先で多額の現金を持ち歩く日本人は、特に狙われやすいためセキュリティのしっかりしたクレジットカードを持つことは必須と言えます。

一方で、2014年9月からサービスが始まった上場1部マネーパートナーズが発行するマネパカードもクレジットカードと同じように安全に現金を持ち運ぶことができます。

マネパカードは、プリペイド方式を採用しているため前払い方式でカードに現金をチャージするタイプです。クレジットカードは、信用枠(ショッピング枠とキャッシング枠)を使った借金なので与信審査を通過する必要があります。マネパカードは、信用枠を使う仕組みではないため与信審査を行うことなく、誰でも簡単に発行することができます。

海外旅行の解放感からクレジットカードの誘惑に負けてしまう

クレジットカードは、信用枠を使った借入金なので現金がなくてもリボ払いにすると、簡単に欲しいものが手に入ってしまう誘惑カードです。クレジットカードでショッピングすると、現金を失っている感覚になりづらいので、つい使い過ぎてしまった経験は誰でもあるのではないでしょうか。

私は学生だった頃、アルバイトでお金を稼いでいましたが、学生という立場上、やはりお金に困っていました。しかし、どうしても欲しいウェットスーツがあったため、リボ払いでなんとか購入し、欲しいものが手に入って満足していたことを今でも覚えています。

今でこそ、リボ払いはバカげているとわかりますが、当時の私は金利の計算方法も理解していなかったため、目的を達成することしか頭になく、勘定できる頭を持っていませんでした。

お金がなくてもクレジットカードでなんとかなってしまうのは、便利である一方、コントロールをしないと支払いに苦労することにもなります。海外旅行に行くと解放感から、余計に使い過ぎてしまう傾向もあります。

このような問題に対処するなら、あらかじめ入金した範囲ないでしか利用できないプリペイド型のマネパカードを利用すると、使い過ぎる心配がなくなります。

海外はカード払いが主流

日本と違い、アメリカやヨーロッパではカード払いが主流です。このような文化に合わせ、支払はクレジットカードで済ませる方は多いですが、マネパカードもまたクレジットカードと同じようにカード決済ができます。

前払い方式のプリペイドカードでも、決済方法はクレジットカードと同じなので、煩(わずら)わしい小銭の計算やおつりを持ち歩く必要もありません。

なお、クレジットカードの代わりにマネパカードを使って支払いすると、50%OFFの為替手数料でお得に買い物することができます。

クレジットカードの海外利用手数料は1.63%ですが、マネパカードはたったの80銭です。

米ドルを例に1ドル=100円で1,000ドル分の両替手数料を比較してみましょう。

 クレジットカードマネパカード
両替手数料1.63%80銭
両替レート
(1ドル=100円)
101.63円100.80円
1000ドル10,1630円10,800円
両替手数料1,630円800円

マネパカードの両替手数料は800円なのに対して、クレジットカードは1,630円とマネパカードの方が50%もお得であることが分かります。

クレジットカードの決済タイミングによっては、引き落とし時に適用する両替レートが為替変動により円安(100円→105円)になることもあります。為替変動は、アメリカなどの経済の動向によって頻繁に大きく上振れや下振れします。

為替変動があったときの両替手数料を計算してみましょう。

 クレジットカードマネパカード
両替手数料1.63%80銭
両替レート106.71円
(1ドル=105円)
100.80円
(1ドル=100円)
1000ドル10,6711円10,800円
差額10,6711円 - 10,800円 = 5,911円

このように計算すると、かなり差があることが分かります。マネパカードはあらかじめ外貨に両替してからカードにチャージする仕組みのため、為替変動リスクをゼロにすることができます。これこそがマネパカードの最大の強みです。

クレジットカードでATMから現地通貨を引き出す

海外では、最低限の現金を持ち歩くことになるため、必要に応じて海外のATMを使って現金を引き出すケースもあります。その際、クレジットカードを利用する場合は、海外キャッシングという形で現金を引き出すことになります。

クレジットカードがあれば、お金の問題は簡単に解決できそうですが、キャッシングは借金と同じなので、借りた日数に応じて金利手数料を支払う必要があります。

前払い方式のマネパカードは、ATMから現金を引き出しても借金にはならないため、金利手数料は発生しません。発生する手数料は、引き出し手数料のみです。

実際にキャッシングとマネパカードにかかる手数料を比較してみましょう。

500ドル(1ドル=100円)海外キャッシングした場合とマネパカードを使った場合は、下記のとおりです。

比較項目クレジットカードマネパカード
通貨米ドル
両替手数料なし400円
(80銭×500ドル)
金利18%なし


30日間で返済
24円/日
(5万円×18%÷365日)


なし
740円
(30日×24円)
ATM引出手数料210円/回200円/回
(2ドル×100円)
合計手数料950円600円

海外キャッシングは、返済期間によって多少異なりますが、マネパカードを利用した方が28%OFFで現地通貨を引き出すことができます。

支払いのメインはマネパカードだけで事足りるのか

答えはNOです。海外での買い物やATMから現地通貨を引き出すときは、マネパカードの方がお得であることは明白ですが、プリペイドカードは、ホテルやレンタカーのデポジット(保証金)として利用することはできません。

デポジットは、クレジットカードがないと不可なので海外旅行ではマネパカード1枚だけあれば十分とは言えません。

また、マネパカードにはクレジットカードのような海外旅行保険は付帯されていないので、サービス面でも劣る面はあります。

利用目的に応じた使い分けがお得に海外旅行できる秘訣

クレジットカードとマネパカードは、便利な面と不便な面それぞれ合わせ持っているので、これらの特徴を理解することが海外旅行をお得に楽しむ秘訣です。慣れない海外旅行だったり、日本の治安と同じような感覚で行くと、トラブルの元となるので、リスクをしっかり分散することが重要です。

私のお金の管理方法は、クレジットカードを1枚~2枚、マネパカード1枚、多少の現金です。目的は下記のとおりです。

  • 支払いやATM引き出しをメインにマネパカードを利用
  • デポジットやプリペイド不可の場合はクレジットカード
  • チップやカフェなどで使う現金

おもいっきり海外旅行を楽しむためには、こうした前準備が大切と言えます。

マネパカードの口コミ・評判と6つのデメリットを徹底解説
年会費無料のマネパカードは本当に海外ショッピング手数料が日本最安なのか、手数料がお得でも使い勝手などデメリットや問題点はないのか?気になりますよね。公式サイ...


コメントは利用できません。

関連記事


おすすめ海外プリペイドカード一覧


おすすめ記事

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. キャッシュバック・ポイント還元率で選ぶ!おすすめ海外プリペイドカード・VISAデビットカード徹底比較

    クレジットカードにポイント還元があるようにプリペイドカードやVISAデビットカードにも利用額に応じた…
  2. 新生銀行のVISA海外プリペイドカードGAICAの口コミ・評判と4つのデメリットを徹底解説

    新生銀行のグループ会社アプラスが発行する海外プリペイドカードGAICAは、13歳以上なら誰でも発行で…
  3. キャッシュパスポートの口コミ・評判と4つのデメリットを徹底解説

    キャッシュパスポートは、スペアカードがあったり24時間365日のアシスタントサービスが用意されていた…
  4. マネパカードの口コミ・評判と6つのデメリットを徹底解説

    年会費無料のマネパカードは本当に海外ショッピング手数料が日本最安なのか、手数料がお得でも使い勝手など…
  5. 手数料で損してませんか?米ドル・ユーロ・ポンド・スイスフランをお得に外貨両替!

    マネーパートナーズの空港外貨受取サービスを利用すると両替手数料を格安にできることをご存知でしょうか?…