マネパの外貨両替~実践編

マネーパートナーズの外貨両替は、午前8時~翌3時の間で利用することができます。また、両替の回数も無制限なので、この特徴を活かした両替方法も操作手順と合わせてご紹介します。

ステップ1:外貨両替の画面を開こう

まず最初に外貨両替の操作ができる画面に遷移します。

メニュー

旧WEB取引画面(両替)のリンクをクリックすると、PartnersFXという取引画面が表示されます。この画面が立ち上がったら外貨両替の操作を行います。

外貨両替

ステップ2:外貨両替の方法を選択しよう

外貨両替の方法は、下記の2つの方法があります。

両替方法

日本円を指定して両替する方法(こちらがおすすめ)

支払い(左側)に10万円を指定して、受け取りをドルにすると、受け取れる金額(ドル)は下記のとおりになります。

100,000 ÷ (111.747円(両替レート) + 20銭(両替手数料))= 893.27ドル

ドルを指定して両替する方法

支払い(左側)にJPY(円)を選択し、受け取りに1000ドルを指定した場合、1000ドルを受け取るために必要な金額(日本円)は下記のとおりになります。

1000ドル × (111.747円(両替レート) + 20銭(両替手数料))= 111,947円

どちらの方法を選択するかは、個人によりけりですが、私は両替金額のコントロールは日本円を指定してドルに両替する方がやりやすいと思います。

外貨両替を行う上で注意するべきことは、両替手数料のほかに事務手数料500円が必要になってくるので、日本円で500円は必ず残すようにしましょう。

外貨両替のちょっとしたテクニック

現在の為替レートが今後もっと円高になると予想するならば、外貨両替を分割して行うのも1つのテクニックです。ドルコスト平均法で外貨両替すれば1回で済ませるよりも、有利なレートで両替することも可能です。

この方法は、外貨両替の回数制限がないからこそできるテクニックです。回数を増やしても総合的にかかる手数料は変わりません。

実際に計算してみると分かります。

1000ドル × 20銭(両替手数料)= 200円

1000ドルを10分割して両替した場合

100ドル × 20銭(両替手数料)= 20円 × 10回 = 200円

外貨両替が完了したらいよいよ空港で受け取るための予約操作に入ります。

意外と忘れやすい振替・移動の操作編へ続く


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


おすすめ海外プリペイドカード一覧


おすすめ記事

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. キャッシュバック・ポイント還元率で選ぶ!おすすめ海外プリペイドカード・VISAデビットカード徹底比較

    クレジットカードにポイント還元があるようにプリペイドカードやVISAデビットカードにも利用額に応じた…
  2. 新生銀行のVISA海外プリペイドカードGAICAの口コミ・評判と4つのデメリットを徹底解説

    新生銀行のグループ会社アプラスが発行する海外プリペイドカードGAICAは、13歳以上なら誰でも発行で…
  3. キャッシュパスポートの口コミ・評判と4つのデメリットを徹底解説

    キャッシュパスポートは、スペアカードがあったり24時間365日のアシスタントサービスが用意されていた…
  4. マネパカードの口コミ・評判と6つのデメリットを徹底解説

    年会費無料のマネパカードは本当に海外ショッピング手数料が日本最安なのか、手数料がお得でも使い勝手など…
  5. マネーパートーズの外貨両替って本当にお得なの?口コミ・評判と4つのデメリット

    FX会社マネーパートナーズの外貨両替は本当に手数料がお得なのか気になりますよね。海外旅行で日本円…