新生銀行のVISA海外プリペイドカードGAICAの口コミ・評判と4つのデメリットを徹底解説

新生銀行のグループ会社アプラスが発行するGAICAは、13歳以上なら誰でも発行できる年会費無料のプリペイドカードです。

最近では、国内でも利用できるようになったり、ICチップや非接触型Visapaywaveに対応したりと利便性や安全性が強化されました。

こういった動きは私たち利用者にとって大きなメリットですよね。

ここでは私が感じた海外プリペイドカードGAICAの評価・レビューを紹介します。

GAICAは海外・国内VISA加盟店で使える

GAICAはプリペイドカードですが、加盟店で使う際はクレジットカードと同じ使い方です。

レジでGAICAを使う場合、ショッピング用の暗証番号はないため、レシートにサインをするようにしています。

プリペイドカードだからといって支払い時に何か特別なことを行う必要はなく、店員さんはクレジットカードと同じ操作で対応してくれます。

ショッピング時に注意したいのは、カード残高です。クレジットカードではないので、日本国内で使うなら円をチャージしておく必要がありますし、海外で使う場合も同じように円をチャージしなければ使えません。

Flex機能があれば、外貨もチャージできるようになります。Flex機能を付けるメリットは後述します。

それから、GAICAで決済する際は一括払いのみしか利用できないので、店員さんに支払い回数を聞かれたら一括決済を伝えればOKです。

国内・海外ショッピング時の手数料

GAICAを国内ショッピングに使った場合、手数料は無料です。厳密に言うならチャージ時の振込手数料はありますが、住信SBI銀行を使えば振込手数料を無料にできます。

GAICAを海外で使った場合の手数料は、VISAが定める為替レートに対して4%を上乗せしたレートで円換算され残高から引かれるようになっています。

下記の手数料計算表は、100ドル分のショッピングをしたときの手数料金額です。

チャージ通貨海外ショッピング手数料率為替レート引き落とし金額
日本円
100ドル4.0%104円
(100円 × 4%)
10,400円
(内手数料:400円)

Flex機能を付けると、外貨を直接入金できるようになるため、為替が円安傾向にある時はショッピングが割高になるので、外貨をチャージして為替変動リスクをヘッジすることもできますね。

外貨のチャージ手数料は、チャージ金額に対して3.5%の手数料がかかります。ただし、カード決済時の手数料は無料です。

下記の表はGAICAに100通貨チャージしたときの参考手数料です。

チャージ通貨チャージ金額手数料率手数料金額円換算(参考)
ドル
米ドル
100ドル3.5%3.5ドル399円
(1ドル=114円)
ユーロ
ユーロ
100ユーロ3.5%3.5ユーロ427円
(1ドル=122円)
ポンド
100ポンド3.5%3.5ポンド490円
(1ドル=122円)
豪ドル
100豪ドル3.5%3.5豪ドル304円
(1ドル=87円)

今なら米ドルのチャージ手数料が50%OFFのキャンペーンもやっているので、ハワイやグアムなど米ドル圏の海外旅行を計画している人は必見です。

【期間限定】GAICAの米ドルチャージ手数料が50%OFFになるリニューアルキャンペーン!
アプラスが発行する海外プリペイドカードGAICAが国内初のVisa payWave対応として、リニューアルキャンペーンを開催しました。キャンペーン期間は、2017年6月26日~2018...

GAICAのATM引き出し手数料

GAICAは、国内ATMから現金を引き出すことはできませんが、海外ATMなら現地通貨をおろせます。

下記の比較表は、クレジットカードの海外キャッシングと比べたときの手数料です。

1ドル=100円のとき、500ドル引き出した時の手数料をクレジットカードと比較してみました。

比較項目クレジットカード海外プリペイドカードGAICA
(円建て)
通貨米ドル
米ドル
両替手数料なし2,000円
(4%×500ドル)
金利18%なし
30日間で返済25円/日
(5万円×18%÷365日)
1,500円
(60日×25円)
ATM引出手数料210円/回無料
合計手数料1,710円2,000円

クレジットカードの方がATM引き出し手数料は若干お得なので、少しでも手数料を節約したい方はキャッシングを使った方が良いと思います。

ただクレジットカードの場合、借金と同じなので私は海外ATMでお金を出すときは残高の管理上、必ずプリペイドカードを使うようにしています。そっちの方が「あとどれくらいお金が使えるのか」把握しやすいですからね。

GAICAに米ドルをチャージしたときの海外ATM手数料も参考までに比較してみました。

比較項目クレジットカード海外プリペイドカードGAICA
(外貨建て)
通貨米ドル
米ドル
外貨両替(※1)なし75円
(500ドル × 15銭)
チャージ手数料
1ドル=100円

なし
17.5ドル
(3.5%×500ドル)
≒1,750円
1ドル=110円
円安(※2)
55,000円
(500ドル × 110円)
-
金利18%


なし
30日間で返済27円/日
(5.5万円×18%÷365日)
1,627円
(60日×27円)
ATM引出手数料210円/回無料
合計手数料1,837円1,825円
  • 新生銀行で円からドルの両替手数料15銭を加味します
  • 1ドル=100円から120円(円安)になった例です

GAICAに米ドルをチャージして使うと、ほぼキャッシングと変わらないコストで現地通貨を引き出せることが分かりました。

外貨建て決済は、GAICAの強みの一つで為替変動を完全に抑えることができます。

Flex機能を付ければ海外ATM手数料が無料になるのも大きなポイントですね。

Flex機能があると利便性アップ

Flex機能とは、新生銀行とシームレスに連携できるGAICA独自のサービスです。

Flex機能があると、24時間365日チャージできたり、ATM手数料が無料になったりと様々なメリットがあるため、付けておくと便利ですよ。

Flex機能をつけた時のメリットを下記の記事で詳細に書きましたので、参考にしてください。

海外プリペイドカードGAICAにFlex機能を付けると何が変わるの?利便性UPのFlex機能を徹底解説
新生銀行グループの株式会社アプラスが発行する海外プリペイドカードGAICAは、円を入れておくだけで世界中にあるVISA加盟店で買い物ができたり、海外ATMから現地通貨を...

ここまではGAICAの特徴やメリットを紹介してきましたが、ここからはGAICAならではのデメリットにも言及していきます。

残高を把握している必要がある

GAICAを使う際に注意することは、残高不足によって引き落としができないときです。

残高不足の状態でGAICAを使おうとすると、カード決済時に引き落としができなくて恥ずかしい思いをするので、使う前にお金が不足していないか?あらかじめ残高を把握しておく必要があります。

利用する前に会員サイト内でチャージ残高を確認するようにしてくださいね。

プリペイドカードはチャージした範囲内で利用できるため、使い過ぎ防止の役目を果たしてくれる一方、使いたい時に残高不足で使えないオチもあります。

もしも残高不足の場合は、インターネット環境とスマートフォンがあれば海外からでも入金できます。

海外プリペイドカードGAICAが使えない!ATMからお金が引き出せない!ときの対応方法
新生銀行グループのアプラスが発行する海外プリペイドカードGAICAをいざ使おうとしても利用できないとせっかく作ったカードが無駄になってしまいますよね。ここでは海外...

キャッシュバックやポイント還元がない

クレジットカードによくあるポイント還元サービスが海外プリペイドカードGAICAにはありません。

利用額に応じたポイントやキャッシュバックなどの特典があると、使った際にお得感はあるのですが、残念ながらGAICAには還元サービスが用意されていません。

ただし、期間限定で5000円のキャッシュバックしてくれるキャンペーンをやっています。条件もすごくゆるいのでかなりお得なキャンペーンです!

【期間限定】GAICAの5,000円もらえるボーナスチャージキャンペーン開催中!
新生銀行グループ、アプラスが発行する海外プリペイドカードGAICAが太っ腹なキャンペーンを開催しています。なんと、期間中に条件を満たせば「もれなく誰でも5,000円」...

Flex機能がないと利便性は落ちる

Flex機能とは、新生銀行総合パワーフレックス口座と海外プリペイドカードGAICAをシームレスに連携させるサービスです。

Flex機能なしで海外プリペイドカードGAICAを使うこともできますが、Flex機能がないと下記のデメリットがあります。

  • 入金してもリアルタイムに反映されない
  • 海外ATM手数料が200円/回かかる
  • 円建て決済しか利用できない

GAICAに申し込む際にFlex機能を付けるかどうか求められますが、最初にFlex機能を付けなくても、あとから自由に追加することもできます。

海外プリペイドカードGAICAに新生総合口座パワーフレックスのFlex機能を追加する方法
新生銀行の外貨預金から直接チャージをするためには、海外プリペイドカードGAICAにFlex機能を追加する必要があります。ここでは、新生銀行のサイト内からFlex機能を申し...

不正利用に対する補償サービスが弱い

補償サービスの点が不明瞭でホームページにも記載がなかったため、実際にカスタマーデスクに問い合わせて確認しました。

私の3つの質問に対してカスタマーデスクは以下の回答をしました。

下記の質問事項をクリックすると回答内容が表示されるようになってます。

Q1.VISA加盟店で不正利用された場合の補償はありますか?

不正利用の調査内容によって売上伝票の取り消し処理を行い、お客様の口座にご返金する場合もあります。

Q2.暗証番号を使われた海外ATMの不正引き出しに対する補償はありますか?

第三者に暗証番号を使われて不正引き出しに遭ったら補償の対象にはなりませんが、調査結果によってお客様の口座にご返金する場合もあります。

Q3.ショッピング保険の付帯はありますか?

プリペイドカードの特性上、申し訳ありませんがショッピング保険は当社では用意していません。

Q1の加盟店での不正利用は、システム的になんとかなるので補償される見込みはありますが、Q2のATM不正引き出しによって現金を取られてしまった場合は、経験上補償されない可能性があります。

不正利用に対する対策は、下記の3つが有効です。

  • 海外ショッピングの利用限度額やATM引き出し限度額を低く設定する
  • 怪しいお店や個人店ではカードを使わずに現金払いにする
  • ATMで暗証番号を入力する際は、片手で隠すと盗撮を防げる

GAICAの初期設定値は高めに設定されているので、会員サイトにログインしたら必ず変更するようにしてください。

私のGAICAの使い方

私はGAICAを海外ショッピングで使うよりも現地通貨を調達するための「ATM引き出し専用カード」として使っています。理由は下記の2点です。

  • ATM引き出し手数料が何回使っても無料
  • クレジットカード(海外キャッシング)のように利息がないから返済期日を気にしなくて良い

申し込みの審査基準

13歳以上なら誰でも発行できるGAICAはクレジットカードのように与信審査はないので、未成年でも無職でも作ることができます。申し込み後は、メールでアップロード用URLが送られてくるので、そこからマイナンバーなど本人確認書類の登録を行います。

これは、登録した氏名や住所などが一致しているか確認されるために使われるものです。

この一連の作業が終われば、申し込んでから1週間以内にカードが届きます。海外旅行の出発ギリギリにならないように余裕を持って申し込んでくださいね。

海外プリペイドカードGAICAの公式サイトはこちら


コメントは利用できません。

関連記事


おすすめ海外プリペイドカード一覧


おすすめ記事

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. キャッシュバック・ポイント還元率で選ぶ!おすすめ海外プリペイドカード・VISAデビットカード徹底比較

    クレジットカードにポイント還元があるようにプリペイドカードやVISAデビットカードにも利用額に応じた…
  2. 新生銀行のVISA海外プリペイドカードGAICAの口コミ・評判と4つのデメリットを徹底解説

    新生銀行のグループ会社アプラスが発行するGAICAは、13歳以上なら誰でも発行できる年会費無料のプリ…
  3. 【口コミ】JTB発行のMoneyT Globalは円高のときにおすすめの海外プリペイドカードです

    旅行会社で有名なJTBが発行するMoneyT Global(マネーティーグローバル)は、日本円をチャ…
  4. キャッシュパスポートの口コミ・評判と4つのデメリットを徹底解説

    キャッシュパスポートは、スペアカードがあったり24時間365日のアシスタントサービスが用意されていた…
  5. マネパカードの口コミ・評判と6つのデメリットを徹底解説

    年会費無料のマネパカードは本当に海外ショッピング手数料が日本最安なのか、手数料がお得でも使い勝手など…