YJFX両替

YJFX!の外貨両替を選ばなかった6つの理由

YJFXの両替手数料は、海外旅行者にとって本当にお得になるのか徹底検証しました。

私の初めての海外旅行はアメリカでしたが、当時は為替に無頓着で両替手数料を気にしていませんでした。

海外旅行を何度も経験するうちに両替手数料を安く抑えられる方法を知り、今では空港両替や銀行窓口で両替する事はありません。

その方法とは、FX会社を利用する事ですが、FX会社の中でも格安で外貨両替できるYJFXかマネーパートーズで迷った経験があります。

最終的には、マネーパートーズの外貨両替を利用する事に決めました。その経緯と理由を海外旅行者がお得に外貨両替できるよう詳細に説明します。

マネーパートーズの外貨両替に決めた理由

外貨両替

マネーパートナーズの方がドルの両替手数料がお得

YJFXとマネーパートーズで1000米ドル両替したときの手数料を比較してみましょう。

比較項目YJFXマネーパートナーズ
両替手数料無料200円
外貨出金手数料1,500円/回
2015年11月1日から
無料
外貨送金手数料
(リフティングチャージ)
2500円~無料
その他手数料500円(1ドル=100円)
(ATM使用料 5ドル)
500円
(事務手数料)
合計4500円700円

YJFXロゴ

外貨送金手数料+その他手数料 = 4,500円

 

マネーパートナーズロゴ

両替手数料+その他手数料 = 700円

 

両替手数料だけを見るとYJFXの方が無料なのでお得に見えますが、外貨を受け取るまでのプロセスを洗い出してみました。

すると、外貨出金で銀行からリフティングチャージという形で徴収されたり、ATM引き出しによる手数料でコストが膨らみます。

これは大きなデメリットです。 外貨を渡航先で利用するには、YJFXから外貨を出金する必要があります。

しかし、外貨出金に伴う送金手数料は避けることができないので、両替手数料を抑えたつもりが、空港両替や銀行窓口よりも高くなってしまいます。

一方、マネーパートナーズの両替手数料は、事務手数料込みでたったの700円です。ちなみにユーロ・ポンド・スイスフランも同じ手数料で両替できます。

リフティングチャージを無料にする方法はあるけれど・・・

リフティングチャージを無料にするには、シティバンク(現:SMBC信託銀行プレスティア)を使うことで実現できますが、リフティングチャージ以外にかかる費用はないのか?ホームページを確認したところ・・・

月額2000円(税抜き)を口座維持手数料として徴収される

 口座維持手数料が無料になる条件は、前月の預かり残高が以下の金額を満たした時です。

外貨の場合20万円以上
円貨の場合50万円以上

しかし、外貨を引き出す事を前提に両替しているため、私にとって、口座維持費2000円/月という条件は受け入れる事ができませんでした。

2015年11月からSMBC信託銀行プレスティアがシティバンクのリテールバンク(個人口座)事業を引き継いでいますが、口座維持手数料は旧シティバンクと同じルールとなっています。

両替金額の自由度

YJFXは1000ドル単位でしか両替できないため、小額の両替はできません。

もしも500ドルだけ両替したい場合、YJFXでは不可能です。 マネーパートーズの外貨両替なら100ドルから可能なので、小額だけ両替を希望するユーザーのニーズにも応えられます。

ちなみにマネーパートーズは、1回当たりの上限金額は2000通貨(約20万円)/月です。

YJFXの両替は即時性がない

YJFXは両替ではなく、厳密には「現受け」によって外貨を手に入れる方法を取っています。現受けは、FX取引で新規建玉を作ってから、そのまま外貨として引き取る方法です。

例えば、1000ドルの新規建玉を100円の約定レートで作った場合、10万円(1ドル=100円)を用意すれば1000ドルを手に入れることができます。現受けの仕組みを詳しく知りたい方は、下記の記事を参考にしてみてください。

FXの現受けってなに?外貨両替の違いは?メリット・デメリットを徹底解説!
FX会社で外貨両替すると手数料を格安にできますが、さらに両替手数料をお得にする方法が現受けの活用です。FXはハイリスクの金融商品ですが、それはレバレッジを大きく...

現受けで外貨を手に入れようとすると、

  • 現受け実施日から+2営業日
  • YJFXのFX口座から私の外貨預金口座に出金されるまで+2営業日
  • 合計4営業日

最低でも必要になるため、土日を挟むと1週間以上待たされることにもなります。私自身はすぐに外貨を準備したかったので、現受けの方法は採用しませんでした。

YJFXの個人情報流出問題

外貨両替サービスから少し逸脱しますが、2016年1月末に元従業員による個人情報の漏洩が発覚しました。

氏名・住所・電話番号・FX取引の明細などがインターネット上に公開されたということは、元を絶っても必ずどこかにコピーされ、根本的な解決は不可能と言えます。

元従業員の持ち出しとはいえ、情報管理の杜撰(ずさん)さが露呈したことになります。 このような組織体質に自分の情報は恐くて預けられません。。

マネーパートナーズの外貨両替サービスの方が充実している

口座開設 マネーパートナーズの外貨両替に決めた理由は、口座の維持管理費・入金手数料無料・外貨出金不要という好条件の他、外貨を受け取るまでの手数料がたったの700円だったからです。

また、海外旅行の日程や利用する空港に合わせて外貨の受け取り予約もできるので、YJFXよりも外貨両替サービスのインフラが整っています。

※YJFXは、空港で外貨は受け取れません。 外貨両替

空港受取窓口営業時間アクセス
成田空港第1ターミナル店9:00~18:00MAP
第2ターミナル店9:00~18:00MAP
羽田空港国際線
ターミナル駅店
6:00~23:00MAP
関西国際空港関西空港駅店5:45~23:30MAP
中部国際空港セントレア
アクセスプラザ店
7:00~22:30MAP

もしもYJFX!で外貨両替を検討しているならマネーパートナーズを使った方が便利です。

マネーパートナーズの空港受取サービス公式サイトはこちら


コメントは利用できません。

関連記事


おすすめVISAデビットカード一覧


おすすめ記事


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

スポンサーリンク



ピックアップ記事

  1. 【口コミ】Binanceで分散投資しよう!草コインの有望銘柄を探すメリット・デメリット徹底解説

    私がBinance(バイナンス)を知ったキッカケは、2017年に起きた分裂祭りでビットコインのハード…
  2. 【口コミ】初心者におすすめの仮想通貨ビットコインの取引所ランキングまとめ!

    仮想通貨を取り扱っている取引所は複数社ありますが、取扱い銘柄が違ったりレバレッジ倍率が異なったりと取…
  3. 仮想通貨の投資初心者におすすめの取引所はZaif!ビットコイン取引の始め方を徹底解説

    ビットコインなど仮想通貨に将来性を感じてこれから投資を始めたいと考えている人向けの解説記事です。…
  4. 新生銀行のVISA海外プリペイドカードGAICAの口コミ・評判と4つのデメリットを徹底解説

    新生銀行のグループ会社アプラスが発行するGAICAは、13歳以上なら誰でも申し込める年会費無料のプリ…
  5. 【口コミ】海外旅行におすすめ!キャッシュパスポートの評判と4つのデメリットを徹底解説

    キャッシュパスポートは、スペアカードがあったり24時間365日のアシスタントサービスが用意されていた…

ICOプロジェクト

  1. 1

  2. 2

  3. 3

  4. 4

  5. 6

ランキング一覧