両替手数料を25%OFFにできるマネパカードとFX口座の合わせ技

マネパカードを作ったら20歳以上の人は、マネーパートナーズのFX口座を開設すると便利です。実際にFX口座を使うと具体的に何が変わるのか、様々な観点で見ていきましょう。

マネパカード利用者はFX口座をフルに活用すべし!

マネーパートナーズのFX口座は20歳以上から開設できますが、20歳未満の人は残念ながらFX口座を開設できないのであしからず。。開設順序は、FX口座が先でもマネパカードが先でも後から両方開設できます。

FX口座を開設する3つの魅力

FX口座を開設すると・・

  • 両替レートがお得になる
  • 空港受取サービスが利用できる
  • 振込入金と出金手数料を無料にできる

FX口座の方が両替レートがお得

FX口座で両替するとマネパカードの両替手数料に対して、米ドルの場合は4分の1のコストで外貨を入手できます。

マネパカードとFX口座

FXの外貨両替とマネパカードの手数料を比較したのが下記の表です。

 空港受取サービスFXで外貨両替マネパカード銀行で両替
(参考)
両替手数料20銭20銭80銭3円
2,000ドルあたり400円400円1,600円6,000円
事務手数料500円---
マネパカードへ
振替・移動(※)
-800円
(8ドル×100円)
--
合計手数料900円1,200円1,600円6,000円

※2,000ドル × 0.004通貨 = 8ドル(1ドル=100円で換算)

FX口座で外貨両替を行ったドルなどの外貨をマネパカードに振替・移動する際は、0.004通貨の手数料があります。それを加味しても25%お得ですね。(両替手数料は異なりますが、ドル以外の通貨も25%お得になります。)

1 – 1200円 ÷ 1,600円 = 25%

ドル以外の通貨をFXで外貨両替したときのお得率は下記のとおりです。

FXで外貨両替したときの合計手数料

通貨FXで外貨両替1000通貨あたり振替・移動手数料
(円換算)
合計手数料
米ドル20銭200円400円
(4ドル×100円)
600円
ユーロ20銭200円480円
(4ユーロ×120円)
680円
ポンド20銭200円560円
(4ポンド×140円)
760円
豪ドル20銭200円320円
(4豪ドル×80円)
520円
香港ドル20銭200円60円
(4香港ドル×15円)
260円

マネパカードで外貨両替したときの合計手数料

通貨マネパカード1000通貨合計手数料
米ドル80銭800円800円
ユーロ1円1,000円1,000円
ポンド1.3円1,300円1,300円
豪ドル70銭700円700円
香港ドル30銭300円300円

FXで外貨両替したときのお得率

通貨FXで外貨両替マネパカードFXで外貨両替
お得率
米ドル600円800円25%
ユーロ680円1,000円32%
ポンド760円1,300円42%
豪ドル520円700円26%
香港ドル260円300円13%

ポンドだったら最大42%もお得になることが分かりますね。

外貨を空港で受け取れるサービスも利用できる

外貨両替

FX口座を開設すると、外貨を空港で受け取れるサービスも利用できます。マネパカードがキャッシュレスで買い物に使えたり、海外ATMから現地通貨を引き出せるのに対し、空港受取サービスは出発前にあらかじめドルやユーロなど現金をお得に用意しておきたい人が活用するサービスです。

マネーパートーズの空港受取サービスで両替した時、どれくらいお得に両替できるのか?まとめました。

マネーパートーズの外貨両替って本当にお得なの?口コミ・評判と4つのデメリット
FX会社マネーパートナーズの外貨両替は本当に手数料がお得なのか気になりますよね。海外旅行で日本円から外貨に交換するときは、空港内の両替窓口を利用する方が多いと...

入金・出金手数料が無料になる

マネパカードの口座に現金を入金する場合、振込手数料がかかります。マネパカードから自分の銀行口座に出金(清算)する際も500円/回の手数料があります。

FX口座を開設すると、クイック入金というインターネットバンキングを使った入金ができるようになるため、振込手数料が無料になります。出金も月5回までなら手数料無料です。

振込手数料や出金手数料が無料になる理由は、そのコストをマネーパートナーズが負担しているからです。これをサービスとしてやっている以上、私たち利用者は使わない手はないですね。

ちなみに外貨を出金する場合は、200万相当額以上なら無料、未満なら2,500円/回です。外貨出金の場合は、リフティングチャージ(約2,500円)も考慮に入れておきましょう。

FX口座で両替するとなぜお得なの?

マネーパートーズはFX事業を展開しており、為替レートを直接銀行(インターバンク市場先)から仕入れることができるからです。

八百屋の仕入れをイメージすると理解しやすいです。仕入れコストが安ければ安いほど安価な価格で販売できますよね。為替レートも同じです。

ところがキャッシュパスポートやNEO MONEYなど、VISAやMasterCardを介してる発行企業は、銀行から直接レートを仕入れていないため、中間マージンが発生しています。結果、マネパカードよりレートが悪い(高い)です。

もっと詳しく仕組みを知りたい方は、下記の記事を参考にしてみて下さい。

マネパカードの両替レートがお得な理由と仕組みを徹底解説
マネパカードの両替レートは、インターバンク市場から直接仕入れたレートに対して、(米ドルの場合)80銭を上乗せしたレートになっています。マネパカードを発行する株...

FX口座で両替した外貨をマネパカードに振替移動する

FX口座でお得に両替してもマネパカードに外貨を資金移動させないと利用できません。FX口座で両替してから振替移動までの操作手順を簡単にまとめました。

FX口座で外貨両替

FX口座の両替操作手順

マネパカードに振替移動

マネパカードへ振替移動

FX口座からマネパカードに振替・移動するときの手数料

円貨をマネパカードに移動する場合、手数料は無料となっています。入金する場合は、FX口座にクイック入金→マネパカードに振替移動の流れでやればOKです。振替・移動先にチャージ残高を選択すると、マネパカードの残高に反映されます。

外貨をマネパカードに移動する場合、1通貨あたり0.004通貨の手数料がかかります。

FX口座とマネパカード間の振替可能時間

月曜0:15~23:29、火曜~金曜7:15~23:29

振替可能時間に制限がある理由はシステム的な制約があるのかもしれませんが、詳細は不明です。

お金が必要になったときに「振替移動できなくて困った!」とならないように気を付けてください。24時間いつでも資金移動できると良いですね。

海外から帰国したら外貨→円に戻すと思います。その際は、FX側で戻すと両替手数料は20銭かかってしまうので、マネパカードの会員サイト内で両替すると手数料無料で戻せます。

マネパカードの口コミ・評判と6つのデメリットを徹底解説
年会費無料のマネパカードは本当に海外ショッピング手数料が日本最安なのか、手数料がお得でも使い勝手などデメリットや問題点はないのか?気になりますよね。公式サイ...


コメントは利用できません。

関連記事


おすすめ海外プリペイドカード一覧


おすすめ記事

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. キャッシュバック・ポイント還元率で選ぶ!おすすめ海外プリペイドカード・VISAデビットカード徹底比較

    クレジットカードにポイント還元があるようにプリペイドカードやVISAデビットカードにも利用額に応じた…
  2. 新生銀行のVISA海外プリペイドカードGAICAの口コミ・評判と4つのデメリットを徹底解説

    新生銀行のグループ会社アプラスが発行する海外プリペイドカードGAICAは、13歳以上なら誰でも発行で…
  3. キャッシュパスポートの口コミ・評判と4つのデメリットを徹底解説

    キャッシュパスポートは、スペアカードがあったり24時間365日のアシスタントサービスが用意されていた…
  4. マネパカードの口コミ・評判と6つのデメリットを徹底解説

    年会費無料のマネパカードは本当に海外ショッピング手数料が日本最安なのか、手数料がお得でも使い勝手など…
  5. マネーパートーズの外貨両替って本当にお得なの?口コミ・評判と4つのデメリット

    FX会社マネーパートナーズの外貨両替は本当に手数料がお得なのか気になりますよね。海外旅行で日本円…