ゆうちょ銀行が発行するVisaプリペイドカード(mijica)のメリット・デメリットを考察する

2017年1月からゆうちょ銀行は、Visaプリペイドカードmijica(ミヂカ)サービスのテスト運用を始めるようです。Visaプリペイドカードmijicaは、中学生をはじめとする12歳以上のゆうちょキャッシュカードを保有しているなら誰でも与信審査なしで発行できます。しかも年会費が無料なので気軽に発行できるのも魅力ですね。

さて、Visaプリペイドカードmijica以外にも国際ブランド(VISA・MasterCard)が付帯しているプリペイドカードはたくさん出回っています。そのような環境下、このタイミングでプリペイドカード事業に参入するゆうちょ銀行のVisaプリペイドカードmijicaのメリット・デメリットを考察するとともに本当の狙いも妄想してみたいと思います。

Visaプリペイドカードmijicaの狙いと目的

プリペイドカードサービスの目的には、地域経済活性化の貢献やキャッシュレス決済の拡大を目指すとプレスリリースで紹介があります。最初は試験運用ということで、仙台市と熊本市のVISA加盟店で利用することが可能です。

なぜ、仙台市と熊本市が選ばれたのか不明ですが、何かしらのロビー活動があったのか?イマイチ腑に落ちません。試験運用ならほかの地域でも良いと思うのですが、プレスリリースにそこまで踏み込んだ紹介はありませんでした。

昨今のプリペイドカード産業はさまざまな企業が参入していますが、ひとつの要因は資金決済法の改正が挙げられます。

資金決済法による銀行業の規制緩和がもたらしたビジネスチャンス
資金決済法がもたらす社会の影響電子マネーは交通系を中心に普及してきましたが、2010年4月に資金決済法が施行されたことで少額決済なら銀行業のライセンスが不要になる...

ユーザーのお金を囲えるプリペイドカード事業

資金決済法以外の要因としては、顧客資金の囲い込みだと思います。チャージ式のプリペイドカードであるスターバックスカードを例に取ると、一度カードにチャージしたお金を現金化するためにわざわざ出金する人はほとんどいません。スターバックスカードにチャージするユーザーは、特典(一杯無料券がもらえる)目当てにチャージするのがきっかけかもしれませんが、チャージしたお金はスタバで使い果たす傾向にあります。

このユーザーはコア層(スタバファン)かもしれませんが、チャージしたお金はスタバの売上にほぼ経常できる状態です。もう少し表現を変えると、そのお金はスターバックスに握られた(拘束された)状態を指します。

Visaプリペイドカードmijicaに置き換えても同じです。Visaプリペイドカードmijicaにチャージするユーザーは、試験運用期間中は仙台市と熊本市に限られますが、ここで利用するとポイント還元の特典があるため、これを目当てにチャージする人が大半です。当然ですが、仙台市と熊本市で使うことを前提とした利用者です。

Visaプリペイドカードmijicaにチャージして決済に利用されると、国内為替手数料の収入が発生する?ならばゆうちょ銀行としてはプラスに働く事業だと妄想しています。

いずれにせよプリペイドカードには、顧客のお金を自分のサービスに利用してもらえるような促進力があります。au WALLETを使ってみればイメージしやすいです。

なぜメガバンクのゆうちょ銀行が口座連携できるデビットカードではなくプリペイドカードを選んだのか

メガバンクといったら三菱UFJ銀行が挙げられます。三菱UFJ銀行は、三菱UFJ-VISAデビットを発行しています。このカードは、銀行口座から直接引き落とされる仕組みになっているため、ゆうちょ銀行がわざわざチャージしなければ使えないプリペイドカードを選んだのか気になります。

その理由を私が妄想しているのは下記の3つです。

  • 口座から直接引き落とされるのは不正利用を考えたときに顧客にとって敬遠される
  • プリペイドカードならチャージした金額の範囲内なので補償サービスも限定的
  • デビットカードではサービスに特化したお金の囲い込みができない

Visaプリペイドカードmijicaのメリット・デメリット

プリペイドカードを発行する多くの企業は銀行ではないため、自動チャージする仕組みは持っていません。プリペイドカードにお金をチャージする際も銀行口座から振込入金することになるので手数料もかかります。

ゆうちょ銀行は、自動(定時・定額)チャージできるようなので、このポイントはゆうちょ銀行の強みを活かした点ですね。私たち利用者にとっても自動チャージの仕組みは便利なサービスだと思います。

デメリットは、決済によって国内為替手数料が発生しなければ、チャージ手数料はあるかもしれませんね。(チャージ手数料は現時点で不明)

サービス内容が不明な点が多いので何とも言えませんが、利用額に応じた還元率も気になるところです。還元率が低ければ使うメリットはないです。高還元のプリペイドカードはいくらでもありますからね。

不正利用に対する補償内容も不明な点も気になります。チャージした金額の範囲内でしか利用できないと言っても、不正利用されたらキモいですし、補償されなければ嫌な気持ちになりますから。

いずれにせよ、ゆうちょ銀行に口座を持っている私としては、使い勝手のよいカードになることを期待したいです。


コメントは利用できません。

関連記事


おすすめVISAデビットカード一覧


おすすめ記事


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

スポンサーリンク



ピックアップ記事

  1. 【口コミ】Binanceで分散投資しよう!草コインの有望銘柄を探すメリット・デメリット徹底解説

    私がBinance(バイナンス)を知ったキッカケは、2017年に起きた分裂祭りでビットコインのハード…
  2. 【口コミ】初心者におすすめの仮想通貨ビットコインの取引所ランキングまとめ!

    仮想通貨を取り扱っている取引所は複数社ありますが、取扱い銘柄が違ったりレバレッジ倍率が異なったりと取…
  3. 仮想通貨の投資初心者におすすめの取引所はZaif!ビットコイン取引の始め方を徹底解説

    ビットコインなど仮想通貨に将来性を感じてこれから投資を始めたいと考えている人向けの解説記事です。…
  4. 新生銀行のVISA海外プリペイドカードGAICAの口コミ・評判と4つのデメリットを徹底解説

    新生銀行のグループ会社アプラスが発行するGAICAは、13歳以上なら誰でも申し込める年会費無料のプリ…
  5. 【口コミ】海外旅行におすすめ!キャッシュパスポートの評判と4つのデメリットを徹底解説

    キャッシュパスポートは、スペアカードがあったり24時間365日のアシスタントサービスが用意されていた…

ICOプロジェクト

  1. 1

  2. 2

  3. 3

  4. 4

  5. 6

ランキング一覧