年会費無料の海外プリペイドカード徹底比較

海外プリペイドカードは、事前に入金(チャージ)してから始めて利用できるカードのため、必然とクレジットカードのように使い過ぎを防止できるのが大きな特徴です。

基本的な使い方は、どの海外プリペイドカードも同じですが、発行会社によって手数料体系や仕組み、使い勝手は大きく異なります。だからこそカードの特徴・仕組みを理解して自身に合った海外プリペイドカードを選ぶことが大切です。

ここでは、海外プリペイドカードの(両替)手数料、ATM引き出し手数料、入金・チャージ手数料等を詳細にまとめました。

海外プリペイドカードとは

そもそも海外プリペイドカードって何?という方もいらっしゃると思うので、まず最初にメリット・デメリット含め海外プリペイドカードの特徴を解説します。すでにご存知の方は、読み飛ばしてくださいね。

海外プリペイドカードは、あらかじめ現金をチャージすることでVISAやMasterCardの加盟店でカード決済ができる前払い方式のカードです。使い方は、SUICAやPASMOなど電子マネー(チャージ)式のカードを想像するとイメージが湧きやすいと思います。

支払い時は、プリペイドカードであることをわざわざ伝える必要はなく、クレジットカードと同じようにカードを渡すだけでOKです。支払い方法を聞かれた場合は、「一括払い」を伝えてください。

海外プリペイドカードは、渡航先のATMでキャッシュカードやクレジットカードの海外キャッシングと同じように外貨を引き出すこともできます。渡航先で現金が必要になったときは、海外プリペイドカードがあればいつでもお金をおろすことができるため、安心して海外旅行を楽しみたい方には必携です。

海外プリペイドカードの仕組み

海外プリペイドカードは、日本円をチャージするだけで現地のお店でカード決済ができたり、ATMからドルやユーロ、ポンドなど外貨を引き出すことができます。

日本円をチャージするだけで海外利用できるのは、VISAやMasterCardの決済オンラインシステムを通すことで自動的に両替される仕組みになっているからです。中には、直接外貨をチャージして利用できる海外プリペイドカードもあります。

海外プリペイドカードのメリット

クレジットカードは、銀行口座から引き落とされるため、わざわざお金をカードにチャージすることなく支払いできますが、海外プリペイドカードはお金を事前にチャージしておかないと支払いできません。このような特徴を持つ海外プリペイドカードは、ついつい海外ショッピングで使い過ぎてしまう旅行者に便利なカードです。

海外ではクレジットカードを持つと良いと言われていますが、未成年者や審査の都合上クレジットカードを発行できない、インターネットショッピング含めクレジットカードを海外で使うのが怖い・不安という方にも海外プリペイドカードは最適です。

海外旅行の際、不安だからといって多めに現金を持って行かれる旅行者がいます。多額の現金を持って観光したとき、紛失・盗難に遭ったときが大変です。

海外プリペイドカードなら多額の現金を持ち歩く必要もないため、現金のような紛失・盗難リスクを完全に避けることができます。もしも海外プリペイドカードを落としてしまっても、リアルタイムで即時に一時停止ができるのも人気を誇る理由です。

メリットをまとめると

  • 使い過ぎを必然的に防止できる
  • 未成年(中学生・高校生・大学生)でも申し込み・発行できる
  • 入会金、年会費は無料が多い
  • クレジットカードのように与信審査がない
  • 海外ATMを利用してもクレジットカード(キャッシング)のように利息がない
  • 即時決済なので現金感覚で利用できる
  • クレジットカードよりも手数料がお得なカードがある
  • ポイント・キャッシュバック還元がある

海外プリペイドカードのデメリット

カードに残高が入っていない場合、当然ながらお店でカード払いやATM引き出しはできません。カードの残高が不足してしまったときは、銀行口座から海外プリペイドカード用の専用口座に入金する必要があり、銀行営業日・入金タイミングによって翌日反映になるなど、即時性に欠ける面もあります。

※発行会社によって即時反映できる海外プリペイドカードもあります。

銀行口座から海外プリペイドカード用の専用口座に入金する際は、利用する銀行によって振込手数料を取られるため、なるべく無駄なコストを節約するために一回で入金を済ませるなど工夫も必要になってきます。

クレジットカードには、国内・海外旅行傷害保険が付帯されていることが多いですが、海外プリペイドカードにはこのようなサービスはありません。ショッピング保険はたいてい付帯されていますが傷害保険はないため、AIGなど海外旅行保険が充実している保険会社を組み合わせて利用すると、より安心して海外を楽しむことができます。

デメリットをまとめると

  • 入金時に銀行の振込手数料がかかる
  • 銀行営業日によって即時チャージできない
  • クレジットカードのように分割・リボ払いができない(一括払いのみ)
  • 国内・海外旅行傷害保険が付帯されていない
  • 国内のATMは利用できない(海外ATMのみ)
  • カード残高から銀行に戻すときに清算・払い戻し手数料がかかる
  • チャージを忘れると残高不足で利用できない
  • 残高を常に把握しておく必要がある

海外プリペイドカードの手数料比較

海外ショッピングや現地通貨の引き出しをなるべくコストをかけたくない・お得にしたい方は、下記の比較表を参考にしてください。

カード名デザイン海外ショッピング
手数料率
海外ATM
手数料/回
マネパカードManepaCard0.8%2USD/ 1.75EUR/ 1.5GBP/ 2.5AUD/ 20HKD円
海外プリペイドカードGAICA日本円:4%
外貨:3.5%
Flexあり:無料
Flexなし:200円
キャッシュパスポートCashPassport4%2USD/ 1.75EUR/ 1.5GBP/ 2.5AUD/ 200円
MoneyT Global5%200円
Visa TravelMoney GonnaGonna4%2USD/ 1.75EUR/ 1.5GBP/ 2.5AUD/ 200円
ANAプリペイドカード3%利用不可
au WALLET4%利用不可
国内でも使える海外ショッピング日本最安を誇るマネパカード

マネパカード上場1部マネーパートナーズが発行するマネパカードは、15歳以上(70歳未満)から申し込める海外ショッピング手数料が日本最安のプリペイドカードです。年会費も無料なのでお得に買い物したい方はマネパカードがおすすめです。

海外ショッピングをしたときは、通常VISAやMasterCardの交換レートが使われますが、マネパカードは独自の為替レートで外貨両替を行うため、非常に手数料がお得になっています。

マネーパートナーズの主軸事業はFX取引ですが、FXの為替レートをそのまま利用できるマネパカードはまさにその事業を活かした海外プリペイドカードと言えます。

取り扱い外貨は、米ドル・ユーロ・ポンド・豪ドル・香港ドルの5通貨ですが、米ドルをチャージすれば取り扱い通貨以外の国でも利用することができます。

多くの海外プリペイドカードは旅先から帰国後、国内で使えなくなってしまうため、清算手数料を支払って銀行に戻す必要があります。マネパカードは国内でも使えるため、無駄な清算手数料を節約できる他、国内の利用金額に応じて毎月最大2%のキャッシュバック還元まで付いている超有能プリペイドカードです。

新生銀行と連携すると便利な海外プリペイドカードGAICA

新生銀行のグループ会社アプラスが発行する海外プリペイドカードGAICAは、13歳以上から申し込める年会費無料のカードです。24時間365日いつでも手数料無料でチャージできるため、残高不足になってもすぐ対応できるようになっているため、現地でお金の問題が発生してもすぐ解決できるように準備しておきたい人におすすめです。

Flex機能(新生銀行と連携)を付けることで、海外ATMの引き出し手数料が無料にもなります。取り扱い通貨は米ドル・ユーロ・豪ドル・ポンドの4通貨ですが、日本円をチャージすれば世界中のVISA加盟店で使えるようになります。

海外から帰国したときに余ったお金は、手数料無料で新生銀行の口座に戻すこともできるので、清算手数料を取られることもありません。

安心・安全を追及したキャッシュパスポート

キャッシュパスポート世界的ブランドMasterCardの子会社が発行するキャッシュパスポートは、海外プリペイドカードの中で唯一スペアカードを配布しているため、万が一のトラブルに即時に対応できるのが大きなポイントです。しかもキャッシュパスポートの申し込みは、年齢制限がなく1年に1度海外に行かれる方は年会費無料で使うことができます。

取り扱い通貨は9通貨(日本円、米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、NZドル、カナダドル、シンガポールドル、香港ドル)をチャージすることが可能です。

入金手数料としてチャージ金額に対して1%取られますが、利用額に応じて0.5%のTポイント還元があるのも特徴です。

最も便利なのが通貨自動優先機能です。海外から帰国したとき、外貨はよく余りますよね。使い切れなかった現金があっても通貨自動優先機能があれば、現地通貨が不足したときに自動的に余った現金で不足額を補ってくれます。

このような特徴を持っているキャッシュパスポートは、いろいろな国に行かれる方や安全に海外旅行を楽しみたい方におすすめです。

危険情報を24時間メールで確認できるMoneyT Global

大手旅行会社JTBが発行するMoneyT Globalは、年会費・入会金無料・年齢制限なしで発行できる海外プリペイドカードです。海外利用手数料は、他のカードより少し高めに設定されていますが、登録した国の「治安・自然災害・伝染病の危険情報」を24時間配信メールで常に確認できるサービスを展開しています。

先進国は治安が良いかもしれませんが、伝染病や自然災害はつきものですし、途上国は政情不安からくる治安の問題が常につきまといます。このような情報サービスを無料でウォッチできるのは、MoneyT Globalだけです。

MoneyT Globalの取り扱い通貨は日本円のみとなっているため、円高時に有利なレートで海外ショッピングができたり、海外ATM引き出しに利用できます。

両替手続きが面倒くさいから日本円をチャージしてシンプルに使いたい、円高だから円建てカードとして利用したい方におすすめです。

円建て・外貨建てを選べるVisa TravelMoney Gonna

クレジット事業を展開しているJACCSが発行するVisa TravelMoney Gonna(ゴナ)は、15以上から申し込める国内・海外対応の海外プリペイドカードです。

年会費は、最終利用日から366日後に毎月100円かかりますが、年に1度利用する人にとっては実質年会費無料で利用できるカードです。

Gonnaの強みは、為替レートの状況に合わせた使い方ができることです。あらかじめ外貨両替しておくことで旅先で為替が円安になっても両替時のレートで海外ショッピングができます。逆に為替相場が円高だったら日本円をチャージして利用すること可能です。

もしも国内で使えない海外プリペイドカードだった場合、海外から帰国したら使えなくなってしまうため、清算手数料を支払って銀行に戻す必要があります。Gonnaなら余ったお金は日本国内でも使えるため、無駄な清算手数料をなるべく抑えたい方におすすめです。

海外プリペイドカード利用時のテクニック

海外プリペイドカードの使い方は、ショッピング・ATM引き出しが基本ですが、少し視野を広げると利用目的に沿った使い方もできます。

海外留学時の国際送金

海外留学先の銀行に国際送金する際、中継銀行(コルレス契約)を通すため、大手都市銀行を利用すると1回あたり5,000円~8,000円ほどの手数料がかかります。しかもお金が手元に届くまで1週間ほどの日数を要します。

海外プリペイドカードなら日本国内にいる家族が入金することで、現地にいる留学生はすぐにお金を引き出すこともできますし、手数料もATM引き出し時の数百円程度で済みます。

クレジットカードのセカンダリーとして

クレジットカードにはショッピング枠・キャッシング枠が決められています。海外旅行では、ついつい使い過ぎてしまうクレジットカードですが、もしも上限枠を超えてしまった場合、カードが利用できなくなります。

このような問題に直面してもセカンダリーとして海外プリペイドカードを携帯すると万が一の問題に対処することができます。

毎月決まった金額の範囲内で食費や日用品を購入

海外の長期滞在時では、食費や日用品を買う際は毎月決まった金額の範囲内でやりくりすることが多いです。クレジットカードの場合、後から請求が来るため現金管理の難しさが付きまといますが、海外プリペイドカードは即時引き落とし(一括払いのみ)なので、お金の管理がしやすいです。

もちろん国内対応の海外プリペイドカードも同じことが言えますね。このような使い方をする場合、利用額に応じたポイント還元(キャッシュパスポート)やキャッシュバック還元(マネパカード)があるカードを利用するとお得です。


コメントは利用できません。

関連記事


おすすめ海外プリペイドカード一覧


おすすめ記事

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 三菱東京UFJ-VISAデビットの口コミ・評判と4つのデメリットを徹底解説

    三菱東京UFJ-VISAデビットは、大手メガバンクが発行するブランドデビットカードです。VISA加盟…
  2. 新生銀行のVISA海外プリペイドカードGAICAの口コミ・評判と4つのデメリットを徹底解説

    新生銀行のグループ会社アプラスが発行するGAICAは、13歳以上なら誰でも申し込める年会費無料のプリ…
  3. JTB発行MoneyT Globalの口コミ・評判と2つのデメリットを徹底解説

    旅行会社で有名なJTBが発行するMoneyT Global(マネーティーグローバル)は、日本円をチャ…
  4. キャッシュパスポートの口コミ・評判と4つのデメリットを徹底解説

    キャッシュパスポートは、スペアカードがあったり24時間365日のアシスタントサービスが用意されていた…
  5. マネパカードの口コミ・評判と6つのデメリットを徹底解説

    年会費無料のマネパカードは本当に海外ショッピング手数料が日本最安なのか、手数料がお得でも使い勝手など…