口コミ・オリコン顧客満足度1位を獲ったFX会社マネーパートナーズは本当に信用できるの?

2016年12月に発表されたオリコン顧客満足度ランキング1位になったFX会社マネーパートーズについて、実際にマネパを使ったことがある私の生の見解を紹介しますね。

顧客満足度1位のマネーパートーズについて考察

オリコン顧客満足度ランキングについて、まず共有しておきたいのが、お金で買えないランキングということです。

アフィリエイターが作っているFX会社の比較サイトは、報酬単価の大きいFX会社が上位を占める傾向があります。その方がアフィリエイターにとって儲かるからです。

逆にFX会社にとっては、単価さえ上がれば比較ランキングの上位を簡単に獲ることができます。

オリコン顧客満足度は、アフィリエイターの比較サイトのようにお金を積んでも上位は獲れません。そもそもオリコン顧客満足度はお金をもらって上位にランクインさせるようなサイト運営を行っていないため、口コミの真実を反映した結果となっています。

オリコン顧客満足度1位を指名したアンケートの母集団

オリコン顧客満足度は、ある条件を前提としたユーザーのアンケート結果をもとに決められます。

アンケート調査をする上で非常に重要なのが、アンケート対象の(母集団)属性とサンプル数です。例えば、FX取引をやったことがないユーザーがFX取引云々を語っても信憑性はありませんし、アンケートの回答数が少なければ偏った結果となってしまいます。

今回アンケート対象となった属性とサンプル数は、下記の通りとなっています。

  • 20歳以上のFXトレードを裁量でしている人
  • システムトレードは対象外
  • サンプル数は2,290人(回収数2,162人)

設問内容および調査対象企業は、顧客満足度調査のサイトをご覧頂くと詳細に載っています。そして今回1位となったマネーパートナーズの評価内容が下記のようになっています。

オリコン日本顧客満足度ランキングから抜粋

評価項目A~Gのそれぞれの順位について、私の考察を述べたいと思います。

取引手数料

FX会社の取引手数料はBid/Ask間のスプレッドを指しますが、マネパは42社中2位を獲得しています。42社の中でスプレッドが最も狭いYJFX!・GMOクリック証券・DMM.com証券の3社を差し置いてマネパが堂々の2位を獲得しているのは疑問が残ります。

実際に主要4通貨ペアのスプレッドを比較してみると分かると思いますが、マネパ(パートナーズFX)のスプレッドは3社に劣っているので2位という結果の根拠が不明瞭です。

FX会社USD/JPYEUR/JPYGBP/JPYAUD/JPYランキング
YJFX!0.30.61.10.51位
GMOクリック証券0.30.61.10.7
2位
DMM.com証券0.30.61.10.7
マネーパートナーズ
(パートナーズFXnano)
0.30.71.20.93位
セントラル短資FX
(ウルトラFX)
0.80.71.80.84位
マネーパートナーズ
(パートナーズFX)
0.51.11.91.25位
セントラル短資FX
(FXダイレクト+)
1.02.04.03.06位

マネーパートナーズにはパートナーズFXとパートナーズFXnanoの2商品があり、パートナーズFXnanoのスプレッドでも上位には入りません。

ちなみにこの2つの大きな違いは、下記の6点が挙げられます。

  • スワップポイント パートナーズFX < パートナーズFXnano
  • 約定時にスリッページなし(パートナーズFX)⇔あり(パートナーズFXnano)
  • 1Shotで発注できる取引数量上限 パートナーズFX > パートナーズFXnano
  • 高機能ツールはパートナーズFXのみ利用可能
  • ロスカット率の違い パートナーズFX(40%) < パートナーズFXnano(100%)
  • パートナーズFXnanoは、100%ロスカットのため追証なし

通貨ペア・発注方法

取り扱い通貨ペアは各社ほとんど同じものを扱っていますが、トルコリラのような高金利通貨やアジア通貨の中国元を導入しているFX会社は限定的です。

マネパが扱っている高金利通貨ペアは、ZAR/JPY・AUD/JPY・NZD/JPYの3通貨で、トルコリラや元の取り扱いは特にありません。この点がマイナス評価となっている可能性がありますね。

発注方法は、「発注のしやすさを指しているのか」「注文方法の豊富さを指しているのか」「両方を含めているのか」抽象的ですが、実際に利用してみて特に使いづらさや足らないと思う注文方法はないです。

発注方法はどのFX会社も同じような仕組みのため差別化は難しいと思うので3位という順位は妥当な水準かもしれません。

唯一の差別化といったら連続予約注文です。この注文は、最大20回分の指値注文をあらかじめ登録し、約定することで後続(1回目→2回目)の指値注文が有効化していく仕組みとなっています。

マネースクウェアジャパン(M2J)のトラリピとほぼ同じように注文できるのでかなり便利ですよ。もしも、マネースクウェアジャパンのトラリピを使っているならスプレッドが狭いマネパの連続予約注文を利用すると、取引手数料コストを85%も節約できます。

ちなみにマネースクウェアジャパンのUSD/JPY(ドル円)スプレッドが2pipsに対し、マネパは0.3pipsです。

マネーパートナーズでは、毎週連続予約注文のランキングが会員サイト上で公開されており、どのレンジで発注されているのか参考にもなります。

2016年12月19日~23日の期間でランクインした通貨ペア(参考)

分析ツール

マネパの分析ツールは、トレードレポートとかんたんトレナビの2つがあります。その中でもトレードレポートの結果は、意外とおもしろいです。

トレードレポートには、取引スタイルや新規から決済までのポジション滞空時間、勝率や約定ムラ(取引数量の平均増減値)など、他社にはない視点で分析レポートが作成されます。

分析レポートには、パターン化されたアルゴリズムで作成されたアドバイス機能もあり、結構便利なサービスを展開しているのが特徴的ですね。

今回の評価で2位を獲得しているのは、当然の結果かもしれません。

提供情報

提供情報は経済指標やニュースを指しているのか、セミナーやコラム等を指しているのか不明ですが、経済指標やニュースはどのFX会社も提供しているのでここでは除外して考えます。

マネパが提供する情報は、2016年6月の英国ブレクジット(国民投票)や11月に実施されたアメリカの大統領選挙など、大きなイベント時にしっかりメール配信や会員向けのお知らせで周知してくれるので非常に助かります。そのメールにはアナリストの考察も記載されており、無料で閲覧できるのもポイントです。

会員向けにセミナーも実施しており、提供情報の1位という評価は納得できます。

問い合わせ

コールセンターに問い合わせた経験がないためスキップします。

取引のしやすさ

マネパのパートナーズFXは、スベらずに約定するのが一番の魅力です。矢野経済研究所調べで約定力7年連続No1の定評があります。

取引のしやすさは、かなり抽象的で回答者がどう捉えるかで全く異なる見解になりますが、スキャルピングでトレードする人にとってはおすすめできません。理由は、マネパ(パートナーズFX)のレートはマーケットが動き出すとスプレッドがすぐ開くからです。

デイトレやスイングなど比較的ゆったりトレードする人には使いやすいため、スキャルピング以外のトレードスタイルの人におすすめしたいFX業者です。

システムの安定性

マネパのFXシステムは、比較的安定しています。2007年~2009年くらいのときにシステム障害は結構あった記憶があります。ここ最近は大きなシステムトラブルは見受けられませんね。

アメリカの大統領選挙やイギリスの国民投票の時、マーケットがかなり激しく動きましたが、マネパのシステムは特に問題なく稼働していたのを覚えています。

マネーパートナーズの口コミ・評価まとめ

客観的なアンケート結果を拝見し、取引手数料に関する評価に疑問点が残るものの総合評価としてはおすすめできるFX業者ではないでしょうか。

FX取引以外にも外貨両替をお得にできたり、毎月(ギフト)キャンペーンを実施していたりと満足度を向上させるようなサービスも行っています。

もしもマネーパートナーズでFX取引するならサブ口座として用意しておくと、いざメインのFX口座でシステムトラブルが発生しても対応できるので是非検討してみてください。

マネーパートーズのトルコリラ円のスプレッドとスワップポイントが突き抜けてる!
マネーパートーズが2017年5月8日からトルコリラ円の取り扱いを開始しましたね。マネパを使っているトレーダーにとって待望の通貨ペアかもしれませんが、スプレッドとス...


コメントは利用できません。

関連記事


おすすめ海外プリペイドカード一覧


おすすめ記事

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. キャッシュバック・ポイント還元率で選ぶ!おすすめ海外プリペイドカード・VISAデビットカード徹底比較

    クレジットカードにポイント還元があるようにプリペイドカードやVISAデビットカードにも利用額に応じた…
  2. 新生銀行のVISA海外プリペイドカードGAICAの口コミ・評判と4つのデメリットを徹底解説

    新生銀行のグループ会社アプラスが発行するGAICAは、13歳以上なら誰でも発行できる年会費無料のプリ…
  3. 【口コミ】JTB発行のMoneyT Globalは円高のときにおすすめの海外プリペイドカードです

    旅行会社で有名なJTBが発行するMoneyT Global(マネーティーグローバル)は、日本円をチャ…
  4. キャッシュパスポートの口コミ・評判と4つのデメリットを徹底解説

    キャッシュパスポートは、スペアカードがあったり24時間365日のアシスタントサービスが用意されていた…
  5. マネパカードの口コミ・評判と6つのデメリットを徹底解説

    年会費無料のマネパカードは本当に海外ショッピング手数料が日本最安なのか、手数料がお得でも使い勝手など…