FXの現受けってなに?外貨両替の違いは?メリット・デメリットを徹底解説!

FX会社で外貨両替すると手数料を格安にできますが、さらに両替手数料をお得にする方法が現受けの活用です。

FXはハイリスクの金融商品ですが、それはレバレッジを大きく掛けて取引したときの話です。FXは怖いという先入観でせっかくお得に外貨両替できる方法を手放すのは非常にもったいないことです。

FXに対してしっかりと正しい知識を身に付ければドルやユーロなどさまざまな外貨を格安手数料で手に入れることが可能になります。ここではFXの外貨両替と現受けの違いを徹底解説します。

外貨両替と現受けの違い

外貨両替と現受けの最終的なゴールは外貨を手に入れることですが、外貨を手に入れるまでのプロセスに違いがあります。

外貨両替の場合は、FX会社と現物取引を行い外貨を手に入れる行為です。銀行窓口や空港内にある両替専門店で直接やりとりするのと同じですね。FX会社の場合は店頭ではなくインターネット越しになります。

一方で現受けは、FX取引によって建てたポジションをその時のレートで外貨にする方法です。貿易会社の為替予約みたいなイメージを持つと分かりやすいです。

現受けの仕組みと3つのメリット

現受けで外貨を調達するメリットは下記の3点です。

  • 為替変動リスクを固定できる
  • 両替手数料が格安
  • 金利(スワップポイント)がもらえる

通常の外貨両替は、窓口で両替するときのレートになるため、タイミングによって有利・不利が生まれます。また、銀行の両替手数料に比べ、FX会社の現受けを利用する方がお得に外貨を調達することができます。

しかも現受けは、一度建てたポジションを好きなタイミングで実行できるため、取引した日から現受けするまでの日数が長くなればなるほど金利(スワップポイント)も貯まっていきます。ちなみに現物取引となる外貨両替に金利は付きません。

為替変動リスクを固定できる

例えば、1ドル=100円のときに1,000ドル分の建玉を作ります。このとき、1,000ドルを現受けするには10万円を用意しなければなりません。理由は簡単ですね。

100円 × 1,000ドル = 10万円

1ドル=100円で作った建玉があり、為替変動によって1ドル=125円(円安)になったとします。現受けは為替予約と同じなので、1ドル=100円のレートでドルを手に入れることができます。

これが外貨両替の場合、現在レートが1ドル=125円なら、このレートで両替しなければならないため不利なレートで交換することになります。

現受けは為替変動を固定化することでリスクヘッジができます。もしも想定外の円安になってもその時のレートで外貨を調達することができるのが大きな特徴です。

両替手数料が格安

下記の比較表は、マネーパートナーズと両替専門店で両替したときの手数料です。

両替方法両替金額ドル円
ドル
ユーロ円
ユーロ

ポンド
マネーパートナーズ
(外貨両替)
1,000通貨200円
マネーパートナーズ
(現受け)
1,000通貨100円
銀行1,000通貨3,000円4,000円12,000円

両替通貨によって手数料が高くなる両替専門店に比べ、FX会社のマネーパートナーズはどの通貨も一律固定手数料となっており、格安であることが分かります。

両替手数料は、提示レートに含まれているため見えづらいコストですが、実は通貨によってかなりボッたくられているのが現状です。

金利(スワップポイント)がもらえる

もしも海外旅行の予定が1ヶ月後とした場合、今のうちに建玉を持っておけば約20営業日分のスワップポイントを貯めてから旅行に出発することもできます。

例えば、高金利通貨と呼ばれる豪ドルは1日に(1万通貨あたり)約50円ほどスワップポイントがもらえるため、1ヶ月後は1,000円(20営業日×50円)ほど貯まる計算ですね。これが来年までスワップポイントを貯めようと思うとかなりの金額を貯めることが可能です。

現受けの実践編と具体的な流れ

実際の画面を用いて現受けの操作方法を解説します。下記の画面はマネーパートナーズの取引画面(クイック発注ボード)です。まずはFX取引で建玉を作ります。

買 Askという表記がある赤いボタンをクリックすると建玉(ポジション)ができます。ポジションができると、建玉照会に約定データが表示されます。建てたポジションには評価損が発生していますが、約定レートの価格で現受けするため為替変動は気にする必要はありません。

オレンジの「現受けする」ボタンを押下すると、下記の画面が表示されます。

画面の案内通り操作を進めます。

すると受入証拠金から11,373円差し引かれると表示されました。受入証拠金とは、FX口座に入れたお金を意味します。赤枠で囲った建玉数量と約定レートを使って現受けに必要な金額が11,373円になるか計算してみます。

100ドル × 113.626円(約定レート) = 11,363円(小数点は切り上げ)

11,363円(支払額) + 10円(手数料) = 11,373円

もしも米ドル円が114円以上(円安)になっても、建てたときの1ドル=113.626円のレートで両替できるのが分かりますね。現受けという方法は為替リスクを固定化できるため、価格変動(円安・円高)が起きても損することはありません。

あとは画面の案内通り操作を進めていけば現受け完了です。現受けのすごいところが通常の外貨両替にはない金利(スワップポイント)がもらえるところです!

下記の画像をご覧頂くと分かりますが、スワップポイントで2円もらえてます。通常の外貨両替よりお得であることがうなずけます。

 

現受けを利用する際の大切な4つのポイント

現受けで外貨両替する場合、重要なポイントが4つあります。

  • 現受け手数料が安いFX会社を利用すること
  • 取引単位が低いこと
  • 現受け後の受渡日が短いこと
  • 外貨出金手数料が安いこと

現受けを利用する際に上記4つのポイントを抑えておくことが大切です。

現受け手数料がお得なほど私たち利用者にはプラスです。これは当たり前ですね。取引単位はFX会社によって異なりますが、1万通貨からしかできないと100万円相当必要になってきます。小額で現受けしたい方は、100通貨から現受けできるFX会社を選ぶようにしてください。

現受けを行ったあと、外貨が手に入るまでに必要な日数は、全てのFX会社において2営業日以降となっています。これを受渡日と表現しますが、この日数が短いほど利便性は高くなりますね。

ちなみにマネーパートナーズなら即日で外貨が手に入ります。

受渡日を迎えると外貨がFX口座に反映されますが、そのままFX口座にお金を眠らせておいても使えないので銀行の外貨預金口座に出金する必要があります。その際に外貨出金手数料を取られてしまうため、なるべく安いFX会社を活用しましょう。

出金先の銀行によってリフティングチャージを取られることもありますが、ソニー銀行や新生銀行を使えば無料にできますよ。

現受けできるFX会社の手数料比較

現受けが使えるFX会社の手数料と取引単位は下記のとおりです。

FX会社現受け手数料取引単位受渡日外貨出金手数料
YJFX!無料1,000通貨2営業日1,500円/回
マネーパートナーズ100通貨あたり10円100通貨即日

2,500円/回(2万通貨以上は無料)
空港受取サービスなら無料
マネパカードなら無料

マネックス証券1000通貨あたり200円1,000通貨2営業日2,000円
上田ハーローFX1000通貨あたり100円1,000通貨2営業日

三菱東京UFJ銀行:1,000円
三井住友銀行:1,500円
上記2行以外:3,000円

現受け手数料だけに注目すると手数料無料のYJFX!が一番お得に見えますが、実用性で評価すると圧倒的にマネーパートナーズの方が使い勝手が良いです。

例えば、空港(成田・羽田・中部国際・関西国際)で外貨を受け取れるサービスや、外貨をチャージできるマネパカード(プリペイドカード)を活用すれば、現地の海外ATMで現受けした米ドルなどを引き出すことができます。

しかもYJFX!の場合は約10万以上(1,000通貨)からとなっていますが、マネーパートナーズは約1万円からの小額(100通貨)となっているため、おこづかい程度の両替にも対応しています。

もしもFXを使った両替を検討しているなマネーパートナーズの現受けサービスを活用してくださいね。

マネーパートナーズの口座開設はこちら


コメントは利用できません。

関連記事


おすすめVISAデビットカード一覧


おすすめ記事

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 【厳選4社】初心者におすすめの仮想通貨取引所ランキングまとめ!

    私は小額から仮想通貨取引を始めましたが、ビットコインやアルトコインなど「買いたいけど、どこで・どのよ…
  2. 仮想通貨の投資初心者におすすめの取引所はZaif!ビットコイン取引の始め方を徹底解説

    ビットコインなど仮想通貨に将来性を感じてこれから投資を始めたいと考えている人向けの解説記事です。…
  3. 新生銀行のVISA海外プリペイドカードGAICAの口コミ・評判と4つのデメリットを徹底解説

    新生銀行のグループ会社アプラスが発行するGAICAは、13歳以上なら誰でも申し込める年会費無料のプリ…
  4. キャッシュパスポートの口コミ・評判と4つのデメリットを徹底解説

    キャッシュパスポートは、スペアカードがあったり24時間365日のアシスタントサービスが用意されていた…
  5. マネパカードの口コミ・評判と6つのデメリットを徹底解説

    年会費無料のマネパカードは本当に海外ショッピング手数料が日本最安なのか、手数料がお得でも使い勝手など…