マネパカードがビットコインの取り扱いを開始!

チャージ式プリペイドカードのマネパカードがテックビューロ株式会社と業務提携をしてビットコインの取り扱いを発表しました。(プレスリリースはこちら

厳密には、ビットコイン取引所を運営するZaif(ザイフ)にあるビットコインを円換算してマネパカードに日本円をチャージする流れとなっています。

Zaifでビットコインを持っているユーザにとってマネパカードを持つメリットはありそうですね。今回のプレスリリースを拝見してサービス内容を考察しました。

テックビューロ株式会社のZaifとは

Zaifは、ビットコイン取引所を運営するテックビューロの暗号通貨関連サービスの総称です。Zaifでは、ビットコインを始めXEM(ゼム)やMona Coin(モナコイン)の3仮想通貨を取り扱っています。

仮想通貨に興味がある方は、Zaifでアカウントを作成してみてください。メールアドレスを登録すれば即利用できます。

Zaifのビットコインをマネパカードで利用する方法

Zaifのビットコインをマネパカードに連携するためには、前提条件として下記が必要です。

  • Zaifでアカウント登録を済ませること

連携方法は、Zaifの管理画面で設定を行う必要があります。もしもマネパカードを持っていなくても、連携手続きの中でマネパカードの申し込みができるようになっています。

マネパカードとZaifビットコインの連携方法と3つの注意事項
Zaifでアカウントを作成すると管理画面からマネパカードとの連携が行えます。その操作手順を詳細に解説します。アカウントからマネパカード連携を設定するZaifの管理画...

ビットコインをマネパカードにチャージできるメリット・デメリット

すでにZaifでビットコインを持っているユーザーにとって、マネパカードを持つ意味はあると思います。ビットコインを持っていても利用できるお店は限られているため、支払いにはほぼ使えない通貨ですが、マネパカードにビットコインを移動すると自動的に円換算され日本円をチャージすることになるので支払いの幅が広がります。

マネパカードに日本円をチャージすると、国内のMasterCard加盟店でカード決済ができるようになります。最も大きな魅力は、利用額に応じた還元率の高さです。

キャッシュバック・ポイント還元率で選ぶ!おすすめ海外プリペイドカード・VISAデビットカード徹底比較
クレジットカードにポイント還元があるようにプリペイドカードやVISAデビットカードにも利用額に応じたキャッシュバックやポイント還元があります。ここではプリペイド...

マネパカードは、国内で利用すると最大2%のキャッシュバックが毎月入るのでかなりお得です。海外で使いたい場合は、現地通貨に合わせて米ドルやユーロなどに両替することでカード決済ができるので、まさに万能なプリペイドカードと言えます。

ただし、わざわざビットコインを買ってマネパカードにチャージするのは、Zaifに取引手数料を支払うだけで、「直接マネパカードに日本円をチャージすれば良いじゃん」って話ですよね。

ビットコインを購入してからマネパカードに移動するのは、手間とコストが増えるだけでデメリットしかありません。直接ビットコインをマネパカードで保有できれば米ドルやユーロなどの通貨と同じ位置付けとして扱えますが、現時点ではマネパカードでビットコインを保有はできません。

なぜZaifと業務提携に踏み切ったのか

ユーザー視点でメリットを考えるとほぼ皆無なので、業務提携してまでやる必要のないサービス内容と思います。おそらく仮想通貨に取り組んでいることを株主にアピールしたいのでは?と妄想しています。

それとZaifのユーザーがビットコイン取引で儲かった余剰資金をマネパカードに集めたい意図も透けて見えますね。資金を集められると、そのお金でマネパに手数料を落としてくれる可能性もあるからです。

一方でZaif側にとってのメリットは、上場1部の企業とコラボレーションすることで企業ブランドの向上を狙ったのかもしれません。

ビットコイン取引所には、bitFlyerやcoincheckなどさまざまな企業が展開していますが、無名のところにお金を預けるのは怖いですよね。最近では、ソーシャルレンディングを展開している「みんなのクレジット」が投資家の信頼を裏りぎる行為をやらかしたニュースもあります。

ソーシャルレンディング会社「みんなのクレジット」が信頼を裏切る詐欺会社だったw
NHKの報道によるとソーシャルレンディングと呼ばれる金融サービスを展開している「みんなのクレジット」が集めた資金を私的流用したとして行政処分を受けるようです。お...

上場1部の企業と業務提携することで、企業の信用・格付けを上げることに繋がるのでZaif(テックビューロ株式会社)にとっては、諸手を挙げての歓迎だったのかもしれません。

今後に期待したい

プレスリリースの内容では、仮想通貨やポイントをチャージできる仕組みを構築して真のマルチカレンシーカードを目指すとあります。

この発表を受け、例えば1ポイント=1円換算でポイント決済ができるようになるなど、マネパカードの支払い手段は、今後広がっていくことが期待できそうです。

ポイントまでチャージできるようになるのか、Zaifのようにポイントを円換算してチャージできるようになるのか、まだ不明ですが業務提携する企業次第でポイントの種類は変わってくると思います。願わくば利便性の高いポイントを扱ってくれるといいですね。

Zaifからビットコインを円換算してチャージできるようになったマネパカードですが、今回の内容だけでは利用者にとって「利便性が大きく向上した!」とはぶっちゃけ言えませんが、仮想通貨の取り組みとして第一歩を踏み出したマネパカードの今後の動向に期待したいです。

マネパカードの口コミ・評判と6つのデメリットを徹底解説
年会費無料のマネパカードは本当に海外ショッピング手数料が日本最安なのか、手数料がお得でも使い勝手などデメリットや問題点はないのか?気になりますよね。公式サイ...


コメントは利用できません。

関連記事


おすすめ海外プリペイドカード一覧


おすすめ記事

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. キャッシュバック・ポイント還元率で選ぶ!おすすめ海外プリペイドカード・VISAデビットカード徹底比較

    クレジットカードにポイント還元があるようにプリペイドカードやVISAデビットカードにも利用額に応じた…
  2. 新生銀行のVISA海外プリペイドカードGAICAの口コミ・評判と4つのデメリットを徹底解説

    新生銀行のグループ会社アプラスが発行する海外プリペイドカードGAICAは、13歳以上なら誰でも発行で…
  3. キャッシュパスポートの口コミ・評判と4つのデメリットを徹底解説

    キャッシュパスポートは、スペアカードがあったり24時間365日のアシスタントサービスが用意されていた…
  4. マネパカードの口コミ・評判と6つのデメリットを徹底解説

    年会費無料のマネパカードは本当に海外ショッピング手数料が日本最安なのか、手数料がお得でも使い勝手など…
  5. 手数料で損してませんか?米ドル・ユーロ・ポンド・スイスフランをお得に外貨両替!

    マネーパートナーズの空港外貨受取サービスを利用すると両替手数料を格安にできることをご存知でしょうか?…