マネーパートナーズの外貨両替とFX取引の関係・違いを徹底解説

マネーパートナーズの空港で受け取れる外貨両替サービスは、手数料が安くて便利そうと思う反面、FX取引との関係やサービスの仕組みが分かりづらくて何となく不安を感じてる方もいらっしゃいます。

先日マネーパートナーズの外貨両替の仕組みについてお問い合わせを頂き、さまざまな疑問点を抱いていた読者の方から質問があったので、改めて整理したいと思います。

マネーパートナーズの空港受取サービスとFX取引の関係

マネーパートーズの空港で受け取れる外貨両替サービスは、FX取引に使われる為替レートで日本円から外貨(ドルやユーロなど)に両替します。この仕組みこそが両替手数料を格安にできるカラクリです。

FX取引は、為替変動で利益を出す金融商品ですが、外貨両替と決定的に違うのがレバレッジです。例えば、1ドル=100円だった場合、1万ドルを買うのに100万円必要ですよね。これが外貨両替の概念です。

FX取引の場合、最大25倍までレバレッジをかけることができるため、40,000円(100万円÷25倍)あれば1万ドルを手に入れることができます。これを証拠金取引とも言います。

  • 外貨両替は現物取引
  • FXはレバレッジ取引

円の入金単位とおすすめの入金方法

外貨両替をするためには、あらかじめマネーパートナーズのFX口座に円を入金する必要があります。インターネットバンキングを使ったクイック入金を利用すれば「1万円以上1円単位」で入金することが可能です。

クイック入金は、土日祝日含め24時間手数料無料で入金できますが、ご利用の銀行やマネーパートナーズがシステムメンテナンスだった場合、メンテ終了後となります。

ATMや銀行窓口から振込入金する場合は、1円以上から入金できます。反映されるタイミングは、銀行営業日の15:00までだったら2時間以内に当日中に入金が反映されます。15:00を過ぎた場合、翌銀行営業日の午前中にお金が反映されます。

振込手数料を考慮するとクイック入金がおすすめです。

空港で外貨を受け取れるタイミング

外貨を受け取れるタイミングは、毎週月曜 16:00締め・その週の金曜日から最大10日間までが受け取れる期間となります。

具体的にカレンダーを使って説明すると、赤色の箇所が締日で黄色の箇所が成田・羽田・関西国際・中部国際空港で受取れるタイミングとなっています。

マネーパートナーズの利益

正直あまりの手数料の安さに何か他にあるんじゃないか疑ってしまいたくなりますよね(笑)

マネーパートナーズの利益の源泉は、両替時の20銭(手数料)となっていますが、顧客にFX取引をしてもらうことで稼ぐビジネスモデルをとっているので両替サービスはおそらくFX取引をしてもらうための集客ビジネスだと考えています。

かといって私たち利用者側は、無理にFX取引する必要もないので、両替のためだけにマネパを利用しても良いと思います。年会費や口座管理費を取られる訳でもないので気軽に使えます。

小額からでも気軽に使えるマネパの両替

お問い合わせ頂いた方は、300ユーロ程度の両替を希望していましたが、小額から利用可能です。

300ユーロを受け取りたいときは、下記のキャプチャのように100EURパックを3つにすればOKです。紙幣の選択(金種)は利用する空港によって多少異なりますが、あらかじめ紙幣の種類は決められています。参考までにマネパの金種を貼り付けときますね。

残額を最小にするための入金額

マネーパートナーズで両替するためには、FX口座に円を入金する必要があります。両替してから残金をなるべく残したくない方は、下記の計算例(ユーロ)を参考にしてみてください。

※為替レートと両替タイミングで必要金額は変わってくるので、ピッタリの金額を用意するのは難しいですが、近づけることは可能です。

  • 現在のユーロ/円:117円
  • 両替手数料:20銭

117円20銭 × 300ユーロ = 35,160円
35,160円 + 500円(事務手数料) = 35,660円

この計算例の場合、35,660円の入金が最小金額になりますが、為替変動(円安)によって足らなくなることもあるので余裕をもって36,000円がベストだと思います。

下記のリンクにマネパの空港受取の流れをまとめた記事があるので操作手順も参考にしてみてください。

マネーパートナーズの外貨両替・空港受取の予約方法


コメントは利用できません。

関連記事


おすすめ海外プリペイドカード一覧


おすすめ記事

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. キャッシュバック・ポイント還元率で選ぶ!おすすめ海外プリペイドカード・VISAデビットカード徹底比較

    クレジットカードにポイント還元があるようにプリペイドカードやVISAデビットカードにも利用額に応じた…
  2. 新生銀行のVISA海外プリペイドカードGAICAの口コミ・評判と4つのデメリットを徹底解説

    新生銀行のグループ会社アプラスが発行するGAICAは、13歳以上なら誰でも発行できる年会費無料のプリ…
  3. 【口コミ】JTB発行のMoneyT Globalは円高のときにおすすめの海外プリペイドカードです

    旅行会社で有名なJTBが発行するMoneyT Global(マネーティーグローバル)は、日本円をチャ…
  4. キャッシュパスポートの口コミ・評判と4つのデメリットを徹底解説

    キャッシュパスポートは、スペアカードがあったり24時間365日のアシスタントサービスが用意されていた…
  5. マネパカードの口コミ・評判と6つのデメリットを徹底解説

    年会費無料のマネパカードは本当に海外ショッピング手数料が日本最安なのか、手数料がお得でも使い勝手など…