海外ではどちらがお得?デビットカードとクレジットカードの違い

海外旅行・留学・出張等で渡航する際、デビットカードとクレジットカードどちらを携帯するべきか迷った経験ありませんか?

結論からいくと両方持って行くと安心ですが、利用方法によってどちらか一方のカードのみで間に合うケースもあります。ここでは、デビットカードとクレジットカードの利便性・違いをまとめました。

支払い方法と引き落としタイミングが異なる

クレジットカードの支払い方法は「一括払い・分割払い・リボルビング・ボーナス一括払い」の種類があります。引き落としは、月末締めの翌月または翌々月の支払いになるため、銀行口座から引き落とされるタイミングは、1ヶ月~2ヶ月後となります。

銀行口座に残高がなくても引き落とし日までにお金を用意すればショッピングをできるのがクレジットカードです。クレジットカードは便利な支払い方法がある一方、不健全なお金の使い方をしやすいため、自制心が求められますね。

デビットカードの支払い方法は「一括払い」のみとなっており、銀行口座から即時に引き落とされる仕組みになっています。デビットカードは、銀行口座に残高がなければ引き落としができないため、買い物する際は口座にお金を用意しておく必要があります。

このような特徴からデビットカードの方が圧倒的に現金管理がしやすいので、ショッピングする際に現金感覚でカードを利用したい方はデビットカードがおすすめです。

審査基準

クレジットカードは与信を使った支払い方法となっているため、クレジットカード会社があなたの過去の支払い履歴をチェックして与信チェックを行います。後払い方式のクレジットカードは、一時的にお金を借りていることになるので引き落としができないとクレジットカード会社の貸し倒れリスクとなります。

デビットカードは即時払いのみなので、与信審査は一切ありません。仕組み上、銀行口座にお金がなければ支払いができないからです。唯一確認されるのは、WEB上で入力する氏名・住所などの個人情報が本人確認書類(運転免許証やパスポート等)と一致しているかどうかだけです。

海外ショッピング・海外キャッシングの違い

国際ブランドVISAやMasterCardが表記されているデビットカードは海外でもクレジットカードと同じように利用することができます。クレジットカードとデビットカードを海外ショッピング・海外キャッシング(ATM)で利用する際、引き落としタイミングが異なるものの使い方に大きな違いはありません。

ただしクレジットカードの場合、海外ATMで現地通貨を引き落とす際は、借金してお金を引き出すことになるため、利息が発生します。海外キャッシングは、返済期日が長くなればなるほど利息も増えていくので、せっかくの海外旅行を利息が気になって安心して楽しめない方も多くいらっしゃいます。

国際ブランド付きのデビットカードなら海外ATMを利用しても一切利息が発生しないので、なるべく借金したくない方はデビットカードで現地通貨を引き出すと安心して海外を楽しめますね。

海外ショッピング・海外ATM利用時の手数料

海外ショッピングでクレジットカードとデビットカードを利用した場合、手数料はクレジットカードの方がお得です。具体的に計算してみると違いが分かりやすいです。(計算をシンプルにするため、1ドル=100円の為替レートとします。)

  • デビットカード

    100円 × 3.0% = 3円
    3円 × 1,000ドル = 3,000円

  • クレジットカード

    100円 × 1.63% = 1円63銭
    1円63銭 × 1,000ドル = 1,630円

下記の計算表は、海外ATM引き出し時の手数料です。

比較項目クレジットカードデビットカード
通貨米ドル
米ドル
引き出し金額500ドル
両替手数料(※1)815円
(500ドル × 1.63円)
1,500円
(500ドル × 3円)
金利(利息)18%

なし
30日間で返済25円/日
(5万円×18%÷365日)
750円
(30日×25円)
ATM引出手数料210円/回108円/回
合計手数料1,775円1,608円

クレジットカードの場合、返済日によって手数料は変わってきますが、若干デビットカードの方がお得になることが分かりますね。

手数料をなるべく賢く抑えたい方は、海外ショッピングではクレジットカードを利用し、ATM引き出しはデビットカードを利用するなど使い分けることがポイントですね。

銀行口座に日本円しかないのに海外で使えるの?

国際ブランド付きのデビットカードなら銀行口座に日本円しかなくても、VISAのオンライン決済システムを通して自動的に為替レートが適用されるため、海外ショッピングや海外ATMの引き出しに利用することができます。

※先ほどの手数料計算では1ドル=100円としていますが、為替レートはVISAが定める交換レートが実際に適用されます。

渡航先の国によってチップや交通費など現地通貨をある程度現金で持っておく必要はありますが、多額の現金をわざわざ外貨両替しなくても銀行口座の日本円を使って海外ショッピングや海外ATM引き出しができるので、クレジットカードの代わりにも十分使えるカードです。

ここまでのクレジットカードとデビットカードの違いをまとめると

 クレジットカードデビットカード
審査ありなし
支払い方法一括払い
分割払い
リボ払い
一括払い
引き落とし後払い即時払い
旅行障害保険国内・海外なし
ショッピング保険ありあり
不正利用補償ありあり
還元サービスポイントキャッシュバック
国内ショッピング可能可能
国内ATM不可不可
海外ショッピング可能可能
海外ATM可能可能

海外でたくさん買い物するならデビットカードは必携

私はアメリカのボストンでクレジットカードの限度額を超えてしまい、使えなくなって困った経験がありました。その時は、友人にお金を借りて財布の中になる日本円を現地の両替窓口でドルに両替して対応しました。

クレジットカードの利用限度額を引き上げれば良かったかもしれませんが、わざわざ限度額を変更する人もまれだと思います。このような経験を通して海外旅行でショッピングを楽しみたい方は、デビットカードも一緒に持って行くと急にクレジットカードが使えなくなっても対処できます。

デビットカードにはショッピング保険や不正利用補償もしっかり入っており、利用額に応じたキャッシュバック還元もあるので安心してお得に買い物を楽しむことができるのもポイントです。


コメントは利用できません。

関連記事


おすすめVISAデビットカード一覧


おすすめ記事

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 【厳選4社】初心者におすすめの仮想通貨取引所ランキングまとめ!

    私は小額から仮想通貨取引を始めましたが、ビットコインやアルトコインなど「買いたいけど、どこで・どのよ…
  2. 仮想通貨の投資初心者におすすめの取引所はZaif!ビットコイン取引の始め方を徹底解説

    ビットコインなど仮想通貨に将来性を感じてこれから投資を始めたいと考えている人向けの解説記事です。…
  3. 新生銀行のVISA海外プリペイドカードGAICAの口コミ・評判と4つのデメリットを徹底解説

    新生銀行のグループ会社アプラスが発行するGAICAは、13歳以上なら誰でも申し込める年会費無料のプリ…
  4. キャッシュパスポートの口コミ・評判と4つのデメリットを徹底解説

    キャッシュパスポートは、スペアカードがあったり24時間365日のアシスタントサービスが用意されていた…
  5. マネパカードの口コミ・評判と6つのデメリットを徹底解説

    年会費無料のマネパカードは本当に海外ショッピング手数料が日本最安なのか、手数料がお得でも使い勝手など…