海外におすすめ!VISAデビットカード徹底比較

海外旅行や留学、日々の家計管理など様々な利用シーンで活用できるVISAデビットカードは、銀行が発行する国際ブランド付きのカードです。

VISAデビットカードは、銀行のキャッシュカードと一体となったものがあったり、キャッシュカードと完全に切り離したものがあったりと銀行によって様々な種類があります。VISAデビットカードの基本的な使い方は、国内・海外でカード払いができる、ATMからお金を引き出せることです。

ところが銀行によって手数料体系やサービス内容は大きく異なります。だからこそカードの特徴・サービスを理解して自身に合ったVISAデビットカードを選ぶことが大切です。

ここでは、VISAデビットカードの手数料、ATM引き出し手数料、還元サービスなど様々な視点で比較し、利用用途に応じて選べるようにしました。

VISAデビットカードの特徴と使い方

VISAデビットカードは、銀行口座内にある日本円を使ってそのまま国内・海外で買い物ができる即時決済型のカードです。銀行口座の残高以上または設定した上限額以上の金額を使うことができないため、必然とクレジットカードのように使い過ぎを防止できるのが大きな特徴です。

VISAデビットカードを使って米ドルやユーロ、ポンドなど外貨を現地のATMから引き出すこともできるため、必要に応じて現地通貨をいつでも手に入れることができるのもポイントです。

VISAデビットカードの支払い方法は一括払いのみ対応しているため、支払い方法を聞かれたときは「一括で」と伝えればOKです。

VISAデビットカードは海外で使っても大丈夫?

VISAデビットカードは、銀行口座のお金を直接利用することから、もしも不正利用されたら預金口座のお金が全てリスクに晒されることになるため、不安に感じる方もいらっしゃいます。

特に海外ではスキミングや盗難、カード払いによる偽った請求の事故等も散見されます。こういった犯罪や事故に巻き込まれないためにも信用できる大型店舗やレストランなどでカードを使うようにしたり、利用できる上限金額の設定を最低限に止めることが大切です。

事故に遭わないことが一番ですが、もしもトラブルに遭ってしまった場合、VISAデビットカードなら100万円~銀行によって500万円まで不正利用に対して補償サービスを行っています。補償サービスはかなり手厚いので安心してVISAデビットカードを利用できますね。

一方で海外でお金のトラブルが一番多いのが現金の紛失事故です。

初めての海外でお金はどう持って行く?安全に旅を楽しむための基本
初めて海外留学・海外旅行をする人にとってお金の管理は漠然と不安を感じるものです。海外へ行ってしまえば今抱えている不安は大した問題ではないと思えますが、初めて...

現金を落としてしまったら一発アウトですが、現金とVISAデビットカードを別々に管理すればリスク分散にもなるので万が一に備えることもできますね。

やはり海外ではお金のリスク管理が最も重要になってくるのでVISAデビットカードは必携と言っても過言ではありません。

出発前に外貨両替する派?

国際ブランド付きデビットカードは、VISA・PLUSマークのある海外ATMなら現地通貨を引き出すことができるため、出発前の忙しいときにわざわざ両替窓口に並ぶ手間も省けます

特にゴールデンウィークや夏休み、シルバーウィークの長期休暇が取れる時期は海外旅行に行く人が増えるため、成田空港や羽田空港の国際線はかなり混み合います。このようなときは、VISAデビットカードを使って現地に到着してから外貨を現金で準備するのも一つの方法ですね。

日本人の多くは現金はなので意外と多額の現金を持ち歩く人もいます。ところがこれは非常に危険な行為なので財布には最低限必要となる現金に止めておきましょう。

外貨両替を少しでも有利なレートでやりたい方は、下記の記事も参考にしてください。かなり格安手数料で両替できます。

円からユーロに両替するおすすめの方法とは?お得に両替したい海外旅行者は必見です
円からユーロに外貨両替する際、意外と無視できないのが手数料です。両替は、銀行や大黒屋、金券ショップなど様々なところで両替できますが、どこも似たようなレートで...

円高ならお得に海外ショッピング・有利なレートで現地通貨を引き出せる

海外でVISAデビットカードを使った場合、決済通貨は最終的に日本円で引き落とされます。これは、VISAの決済オンラインシステムを通して自動的に両替されるようになっています。

VISAデビットカードは円建てカードとなるため、円高になればなるほどお得に海外ショッピングができたり、有利なレートで現地通貨を海外ATMから引き出すことができます

現地で500ドル分のショッピングをしたときの具体的な計算例は下記のとおりです。

  • 1ドル=115円の場合(円安)

    500ドル × 115円 = 57,500円

  • 1ドル=100円の場合(円高)

    500ドル × 100円 = 50,000円

上記の計算例でいくと、7,500円も変わることが分かりますね。このように円建てカードは、為替レートのタイミングによってお得に買い物ができたり、少ない日本円で多くの外貨をATMから引き出すこともできるようになります。

円安によって逆のケースも起こり得ます。これを為替変動リスクと言います。もしも為替変動を完全に抑えたい方は、外貨建て決済ができるカードを利用しましょう。

VISAデビットカードのメリット

VISAデビットカードは、先ほど挙げた強み以外にも様々なメリットがあります。

  • 年会費無料で与信審査もなく誰(未成年)でも申し込める
  • 即時引き落としだから現金感覚で利用できる
  • 無料アプリで常に残高チェックできる
  • 利用額に応じて毎月キャッシュバック還元がある

銀行ごとでキャッシュバック、ポイント還元率は異なってきますが、現金払いより少しでもバックがあると海外ショッピングや普段の買い物をお得にできますね。

銀行名カード名称還元率
セブン銀行セブン銀行Visaデビット付キャッシュカード1.0%
※セブンイレブンなら1.5%
楽天銀行楽天銀行デビットカード(JCB)1.0%
イオン銀行イオン銀行キャッシュ+デビット1.0%
あおぞら銀行あおぞらキャッシュカード・プラス1.0%
三菱東京UFJ銀行三菱東京UFJ-VISAデビット最大0.6%
住信SBIネット銀行Visaデビット付キャッシュカード0.6%
ソニー銀行Sony Bank WALLET0.5%~2%
※条件あり
近畿大阪銀行近畿大阪Visaデビットカード0.5%
りそな銀行りそなVisaデビットカード0.5%
北國銀行北國Visaデビットカードクラシック:0.5%
ゴールド:1.0%
三井住友銀行SMBCデビッド0.25%
西日本シティ銀行NCBデビット-Visa0.25%
北陸銀行ほくぎんデビット(JCB・Visa)0.25%
ジャパンネット銀行JNB Visaデビットカード0.2%
※指定モール1.0%
みずほ銀行みずほJCBデビッド0.2%
琉球銀行りゅうぎんVisaデビットカード0.2%
常陽銀行JOYO CARD Debit(Visaデビット)0.2%
スルガ銀行Visaデビットカード0.2%

VISAデビットカードのデメリット

VISAデビットカードならではのデメリットも実際には存在します。

  • ガソリンスタンド、携帯電話の支払いに利用できないカードもある
  • 高速道路や飛行機の機内販売の一部で利用できない
  • ETCカードが付いてこない
  • デポジットで利用できない場合がある
  • 円安時の海外ショッピングは割高になる
  • クレジットカードより海外ショッピング手数料が高い
  • クレジットカードで付帯されている海外旅行保険がない

クレジットカードでは実現できることをVISAデビットカードではできないことがあります。海外ショッピング手数料もクレジットカードと比べると若干割高となっているのが現状です。クレジットカードとVISAデビットカードの違いを下記の記事にまとめました。

海外ではどちらがお得?デビットカードとクレジットカードの違い
海外旅行・留学・出張等で渡航する際、デビットカードとクレジットカードどちらを携帯するべきか迷った経験ありませんか?結論からいくと両方持って行くと安心ですが、...

VISAデビットカードの海外利用手数料とATM手数料比較

カード名
【銀行名】
デザイン海外ショッピング
手数料
海外ATM
手数料/回
Sony Bank WALLET
【ソニー銀行】
1.76%1.76%+216円(税込)
Visaデビット付キャッシュカード
【住信SBIネット銀行】
2.5%2.5%
三菱東京UFJ-VISAデビット
【三菱東京UFJ銀行】
3%3%+108円(税込)
デビット付きキャッシュカード
【セブン銀行】
3.0%3%+108円(税込)
JNB Visaデビット
【ジャパンネット銀行】
ジャパンネット銀行3.02%3.02%
楽天銀行デビットカード(JCB)
【楽天銀行】
3.02%3.02%
安心・安全のメガバンク!三菱東京UFJ-VISAデビット

赤・黒・白の3種類のデザインから選べる三菱東京UFJ-VISAデビットは、メガバンクならではのブランド力があるため、安心して使える一枚です。

三菱東京UFJ-VISAデビットで購入したモノがもしも破損や盗難、損害に遭ってしまった場合、購入日より60日間100万円/年までショッピング保険で補償してもらえます。

しかも第三者によって偽造・盗難によって不正利用されても年間100万円まで補償してくれるため、海外でも十分安心して使えます。

ショッピングや海外ATM引き出しに利用した場合、利用履歴もWEB上やスマートフォン(MyMoneyアプリ)ですぐに確認できるため、残高も把握しやすくなっています。

オンラインショッピングで利用する場合は、VISAデビット認証サービスを介すため、非常にセキュアになっています。また、利用額に応じて毎月最大0.6%のキャッシュバック還元もあるので現金払いよりお得ですね。

新規入会者限定で最大1,500円をでももらえるキャンペーンもやっています。

米ドル建て決済対応!住信SBI銀行Visaデビット付キャッシュカード

年会費無料で15歳以上なら誰でも申し込める住信SBI銀行のVisaデビット付キャッシュカードは、「為替変動リスクを完全に抑えたい」「とにかくポイントをお得に貯めたい」人におすすめの一枚です。

海外利用において多くの方は手数料に注目しますが、円建て決済の場合、為替変動によるコストも発生しています。円安になれば本来1万円(1ドル=100円)で購入できるところが1万1千円(1ドル=110円)になることも十分起こり得ます。

為替変動は目に見えないコストですが、海外ショッピング時の費用に変わりありません。このコストをゼロにできるのが米ドル建て決済に対応した住信SBI銀行のVisaデビットカードです。

一方で月末の週末は、給料が入ったばかりなので外食や普段の買い物など、いつもより少し贅沢する期間でもあります。ご家庭を持っている方だったらお子さんを連れて週末にお出かけしたりしますよね。

国内利用においても住信SBI銀行のVisaデビット付キャッシュカードは、通常0.6%のところ、月末金・土・日曜日に利用すると1%のポイント還元率になるプレミアムフライデー期間を設けています。もちろん海外利用に対してもポイントが還元されます。

しかも公共料金(電気・ガス・水道)や携帯電話料金など定期的に支払いもVisaデビットカードで引き落とすことができます。この支払いもまたポイントに還元されるので定期的に発生する支払いもコンビニで払うよりお得になりますね。


コメントは利用できません。

関連記事


おすすめ海外プリペイドカード一覧


おすすめ記事

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 三菱東京UFJ-VISAデビットの口コミ・評判と4つのデメリットを徹底解説

    三菱東京UFJ-VISAデビットは、大手メガバンクが発行するブランドデビットカードです。VISA加盟…
  2. 新生銀行のVISA海外プリペイドカードGAICAの口コミ・評判と4つのデメリットを徹底解説

    新生銀行のグループ会社アプラスが発行するGAICAは、13歳以上なら誰でも申し込める年会費無料のプリ…
  3. JTB発行MoneyT Globalの口コミ・評判と2つのデメリットを徹底解説

    旅行会社で有名なJTBが発行するMoneyT Global(マネーティーグローバル)は、日本円をチャ…
  4. キャッシュパスポートの口コミ・評判と4つのデメリットを徹底解説

    キャッシュパスポートは、スペアカードがあったり24時間365日のアシスタントサービスが用意されていた…
  5. マネパカードの口コミ・評判と6つのデメリットを徹底解説

    年会費無料のマネパカードは本当に海外ショッピング手数料が日本最安なのか、手数料がお得でも使い勝手など…