新社会人が使うクレジットカードの仕組みと賢い使い方をファイナンス理論で解説する

クレジットカードの仕組みを理解しないで使うのは借金漬けの一歩手前

大学を卒業して4月から晴れて新社会人となった方は、これからクレジットカードを持つ機会が多くなってきます。

自分自身でお金を稼ぐようになると、学生時代では手が出せなかったモノや欲しかったものが意外と簡単に手に入り、会社員という肩書を持つとある一定の信用力を得られるため、大きな買い物もできるようになります。

しかし、新社会人のほとんどの方がクレジットカードの仕組みを理解しないままなんとなく持つようになるため、クレジットカード発行会社の餌食(利益の源泉)になっている現状があります。

ここでは、クレジットカードの仕組みがよく分からないという新社会人が支払い地獄にハマらないために、クレジットカードを利用する上で注意するべき3つの事項をまとめました。

新社会人がやってしまいがちなクレジットカードの使い方

クレジットカードをつい使い過ぎてしまう

躊躇する大学生の頃は、お金を稼ぐ手段と言ったらアルバイトが主になりますが、頑張って働いてもせいぜい10万円くらいではないでしょうか。

しかし、なんだかんだ飲み会や携帯代など意外と出費がかさみ、いつも金欠だったという方もいると思います。

就職活動を得て晴れて新社会人になると、給料という形で収入は学生時代の頃よりグンと上がります。

そうすると、学生時代よりお金に対する気持ちの余裕が生まれ、財布の紐もゆるくなりがちになるのもこの頃です。

この心理状態でクレジットカードを利用するのが新社会人です。サラリーマンやOLになった新社会人は、学生の頃よりも限度枠が増えるため、毎月の給料を当てにクレジットカードをつい使い過ぎてしまう傾向があります。

クレジットカードの支払い管理に甘えが出る

ブタクレジットカードの一番の魅力が信用を担保に借金できることです。クレジットカードの支払いは、月末締めの翌々月払いが基本ですが、支払いを2ヶ月先に伸ばせるため、手元に現金がなくてもショッピングが出来ます。

しかし、このメリットは支払い管理ができない方にとって諸刃の剣にもなり得るのです。

恐る恐る支払い照会を確認すると「げっ!こんなに使ってたの!?」という経験ありませんか?

クレジットカードを利用した月は覚えているかもしれませんが、時間が経つにつれ使い過ぎてしまったという反省と危機感は薄れてきます。その頃に多額の請求がくるので、請求金額を何とかしようと次に取るのがリボ払いです。

リボ払いは支払い地獄の入り口

支払い地獄カード会社は、利用者に一括払いからリボ払いや分割払いに容易に変更させるために、分かりやすい設定ボタンの配置や説明を心掛けています。なぜなら、金利収入が見込めるからです。

利用者が金利を支払う必要がある理由は、お金を借りている状態だからです。

これは、銀行の融資と同じ考え方で、カード発行会社は、クレジットカード利用者にお金を貸し付けることで金利収入を手にすることができるため、なるべくリボ払いに変更してもらいたいのです。

一方、クレジットカード利用者は、月々の支払いを軽減するためにリボ払いに変更しますが、中長期的にみると利用した金額以上の支出が発生します。多額の請求に対してリボ払いを提供すると半年・1年経っても支払いを終えられないため、その間は発行会社の養分と化します。

リボ払いは、月々の支払いがラクになるというメリットはあるかもしれませんが、お金の使い方に関しては不健全と言わざるを得ません。

クレジットカードの賢い使い方

ファイナンス理論を考えると見えてくるクレジットカードの便利な使い方-豆知識

クレジットカードの便利な使い方は、一括払いにあることをご存知でしょうか。クレジットカードの引き落としは、翌々月となっているため、支払いまで最大2ヶ月の猶予があります。つまり、信用を利用して2ヵ月間は手元に現金(キャッシュ)を残すことができるのです。

この2ヶ月という猶予期間の間に、手元に残した現金を何かしらの運用資金に回せば、現金を増やすチャンを得られます。その手段は、株式投資・FXなんでも良いですが、手元の現金を失う買い物よりも、クレジットカード(一括払い)で支払うと、手元に残したキャッシュを上手に活用することができます。

しかし、これはあくまでも理論上であり、実際にリスクを取ればお金は減ることもあり得るので、クレジットカードは一括払いが便利であると豆知識として覚えておいてください。

クレジットカードは一括払いが便利であると理解したが支払いのコントロールが難しいと感じるならデビットカードがおすすめ

クレジットカードは便利である一方、支払い管理ができない方にとって借金漬けになるリスクカードです。どうしてもクレジットカードを使い過ぎてしまい困っているという方には、デビットカードがおすすめです。

デビットカードは、銀行口座に入っているお金の範囲内でしか利用できないため、使い過ぎることは一切ないからです。また、支払い方法は一括払いで即引き落としのため、現金感覚でショッピングすることができるので、クレジットカードよりもお金の管理が非常に分かりやすくなります。

クレジットカードの誘惑にどうしても負けてしまうという方は、デビットカードを検討してみてはいかがでしょうか。

最近のキャッシュカードは、国際ブランドVISAが付帯したことでVISA加盟店なら海外でも利用出来るようになりました。また、大手メガバンクの三菱UFJ銀行がVISAデビッ...


コメントは利用できません。

関連記事


おすすめVISAデビットカード一覧


おすすめ記事


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

スポンサーリンク



ピックアップ記事

  1. 【口コミ】Binanceで分散投資しよう!草コインの有望銘柄を探すメリット・デメリット徹底解説

    私がBinance(バイナンス)を知ったキッカケは、2017年に起きた分裂祭りでビットコインのハード…
  2. 【口コミ】初心者におすすめの仮想通貨ビットコインの取引所ランキングまとめ!

    仮想通貨を取り扱っている取引所は複数社ありますが、取扱い銘柄が違ったりレバレッジ倍率が異なったりと取…
  3. 仮想通貨の投資初心者におすすめの取引所はZaif!ビットコイン取引の始め方を徹底解説

    ビットコインなど仮想通貨に将来性を感じてこれから投資を始めたいと考えている人向けの解説記事です。…
  4. 新生銀行のVISA海外プリペイドカードGAICAの口コミ・評判と4つのデメリットを徹底解説

    新生銀行のグループ会社アプラスが発行するGAICAは、13歳以上なら誰でも申し込める年会費無料のプリ…
  5. 【口コミ】海外旅行におすすめ!キャッシュパスポートの評判と4つのデメリットを徹底解説

    キャッシュパスポートは、スペアカードがあったり24時間365日のアシスタントサービスが用意されていた…

ICOプロジェクト

  1. 1

  2. 2

  3. 3

  4. 4

  5. 6

ランキング一覧