マネパカードを7ヵ月間使い続けてキャッシュバックのお金を貯めた結果

マネパカードのキャッシュバック還元率は、プリペイドカードなのにかなり高水準の域となっていますよね。私は、食費や日用品を購入する際にマネパカードを使っていますが、7ヵ月間使い続けた結果、かなりお金を貯めることができました。

ここでは、マネパカードでコツコツお金を貯めた実績の公開と私がマネパカードを使い続ける理由を紹介します。

やっぱりお得!マネパカードのキャッシュバック還元

マネパカードは、国内利用の金額に応じて毎月最大2.0%のキャッシュバックがあります。通常のキャッシュバック還元率は、1.5%となっていますが、申し込み月から翌月末までは無条件で2.0%となっています。

条件還元率
通常1.5%
FX口座開設(無料)1.7%
FX取引100万通貨/月2.0%

マネパカードのキャッシュバック還元率が高いかどうかは、他のカードと実際に比べてみると分かります。

カードカード名還元率還元内容
ManepaCardマネパカード2.0%現金
Sony Bank WALLET
(Visaデビットカード)
0.5%~2.0%
※外貨預金優遇制度に応じて
現金
楽天銀行デビットカード(JCB)1.0%ポイント
ジャパンネット銀行JNB Visaデビット1.0%
※掲載ショップ利用時
現金
住信SBIネット銀行
Visaデビット付キャッシュカード
0.6%ポイント
楽天銀行ゴールドデビットカード(Visa)0.5%ポイント
エポスVisaプリペイドカード0.5%ポイント
SMBCデビット0.25%現金
三菱UFJ-VISAデビット0.2%現金
楽天銀行デビットカード(Visa)0.2%ポイント
SURUGA Visaデビットカード0.2%
※前年利用額に応じて
現金
ANAマイレージクラブ
Financial Pass Visaデビットカード
0.2%
※前年利用額に応じて
現金
海外プリペイドカードGAICAなし
ANAプリペイドカードなし
NeoMoneyNEO MONEYなし
GonnaVisaTravelMoney
Gonna
なし
CashPassportキャッシュパスポートなし
MoneyT Globalなし

※本サイトでは、海外・国内で利用できるデビットカードも比較対象にしています。

このように比較してみると圧倒的に還元率が良いのが分かりますよね。私がマネパカードを使い続けているのは、還元率の高さが主な理由です。

他にも還元率100%のキャンペーンも開催しているので、お得に買い物したい人はマネパカードがおすすめです。

【期間限定】マネパカードのキャンペーンが熱い!上限50万円で最大100%のキャッシュバック
マネーパートナーズの上場10周年を記念して国内利用で最大100%還元(上限50万円)のキャッシュバックキャンペーンが2017年7月1日から始まるようです。マネパカードとは...

7ヶ月分のキャッシュバック金額を貯め続けた結果

下記のリンクをクリックすると7ヶ月分のキャッシュバック金額をまとめた証跡画像が見れます。

7ヶ月分のキャッシュバック証跡

赤枠で囲った箇所が実際にキャッシュバック金額になりますが、上から2017年2月~2017年8月となっています。

表にすると

 キャッシュバック累計合計
2017年2月806円806円
2017年3月907円1,713円
2017年4月537円2,250円
2017年5月905円3,155円
2017年6月441円3,596円
2017年7月737円4,333円
2017年8月573円4,906円

7ヵ月間で約5,000円貯めることができました。このペースなら1年間でだいたい1万円くらい貯められそうですね。キャッシュバックだけで1万円貯められたら、みなさん何に使いますか?

1万円もあれば結構いろいろできますよね。家庭がある人なら家族サービスで少しリッチなランチやディナーをしたり、カップルや夫婦ならちょっとしたものをプレゼントしたりもできそうです。

キャッシュバックをコツコツ貯めた後の使い道を考えるとワクワクしてきませんかw

マネパカードの出金手数料には注意しよう

マネパカードからお金を自分の銀行に出す際は、出金手数料として540円/回かかります。この金額は、私にとって1ヶ月分のキャッシュバックに相当する金額です。

せっかく貯めたお金が出金手数料で持って行かれるのはもったいないですよね。そこでおすすめの方法がFX口座の開設です。

マネーパートナーズは20歳以上ならFX口座を開設できるので、マネパカードを作ったらFX口座を開設しておきましょう。FX口座経由で自分の銀行に出金すれば、540円の出金手数料を無料にできます。合わせて振込手数料も無料にできるので、開設しておいて損はありません。

入金・出金手数料を無料にできるメリット以外にも下記の使い方もできるので参考にしてみてください。

マネパカード保有者必見!FX口座なら両替手数料を最大33%OFFにできる
FX口座を開設する3つの魅力マネパカードを作ったら20歳以上の人は、マネーパートナーズのFX口座を開設すると便利です。実際にFX口座を使うと具体的に何が変わるのか、...

マネパカードとクレジットカードの使い分け

私は、毎月の固定費となる家賃、携帯代、インターネット代、光熱費の支払いはクレジットカードを使うようにしています。一方で外食やスーパーの食材調達、洗濯や掃除用具など日用品に欠かせないものをマネパカードで支払うようにしています。

理由はマネパカードの場合、チャージした範囲内でしか使えないからです。

例えば、毎月食費を5万円とした場合、使っているとチャージ残高は当然減っていきますよね。使った結果、残り1万円になったとします。次の給料日まであと1週間だったら1日に使える金額は「約1,400円/日」と計算できるため、家計を調整できます。

ところがクレジットカードの場合、上限枠はあるにせよ、つい甘えが出て使い過ぎてしまうこともありますよね。しかも後から請求がくるのも毎月決まった家計管理には不向きです。

こういった甘えを強制的に抑制できるのもマネパカードならではの使い方です。ただし、高額な電化製品や買い物の支払いはクレジットカードを使うようにしています。

クレジットカードにも年間利用額に応じてボーナスポイントを還元してくれる発行会社もあり、それを目当てに高額な支払いはクレジットカードにしています。ちなみに私が使っているクレジットカードはエポスカードです。

10年以上使って分かった!エポスカードが便利な3つの理由
私がエポスカードを申し込んだ理由は、サーフィン用のウェットスーツ(冬用)を分割払い(10回)で購入するのがキッカケでした。当時大学生だったため、10万円もする高...

まとめ

チャージ型のプリペイドカードは、毎月決まった金額をしっかり管理したいときに便利なカードです。プリペイドカードの中でも還元率が最もお得なマネパカードは、家計管理にも便利ですがキャッシュバックが魅力なカードであり、他のカードと比較しても還元率の高さは一線を画しています。

私のマネパカードの使い方は一例ですが、ライフスタイルの違いでもっと上手に活用できるシーンがあるかもしれません。マネパカードは、海外でも利用できるので、使いこんで便利な使い方があったらどんどん紹介していきますね。

海外・国内旅行をお得にするなら三井住友トラスト・カードがおすすめ!メリット・デメリットを徹底解説
三井住友トラスト・カードは、未来の開花(Future Bloom)をシンボルマークにしているのが特徴で、6枚のラインナップから選べるクレジットカードです。その中でも三井住...


コメントは利用できません。

関連記事


おすすめVISAデビットカード一覧


おすすめ記事


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

スポンサーリンク



ピックアップ記事

  1. 【口コミ】Binanceで分散投資しよう!草コインの有望銘柄を探すメリット・デメリット徹底解説

    私がBinance(バイナンス)を知ったキッカケは、2017年に起きた分裂祭りでビットコインのハード…
  2. 【口コミ】初心者におすすめの仮想通貨ビットコインの取引所ランキングまとめ!

    仮想通貨を取り扱っている取引所は複数社ありますが、取扱い銘柄が違ったりレバレッジ倍率が異なったりと取…
  3. 仮想通貨の投資初心者におすすめの取引所はZaif!ビットコイン取引の始め方を徹底解説

    ビットコインなど仮想通貨に将来性を感じてこれから投資を始めたいと考えている人向けの解説記事です。…
  4. 新生銀行のVISA海外プリペイドカードGAICAの口コミ・評判と4つのデメリットを徹底解説

    新生銀行のグループ会社アプラスが発行するGAICAは、13歳以上なら誰でも申し込める年会費無料のプリ…
  5. 【口コミ】海外旅行におすすめ!キャッシュパスポートの評判と4つのデメリットを徹底解説

    キャッシュパスポートは、スペアカードがあったり24時間365日のアシスタントサービスが用意されていた…

ICOプロジェクト

  1. 1

  2. 2

  3. 3

  4. 4

  5. 6

ランキング一覧