SMBCデビッド

No.6
おすすめ
補償充実度
年会費 無料
海外利用手数料 3.0%

三井住友銀行のSMBCデビッドの口コミ・評判とデメリット

銀行口座にあるお金をATMからわざわざ出金しなくても日常の買い物に使えるSMBCデビッドは、ATM手数料を節約できたり煩わしい小銭のやり取りから解放されるのが嬉しいですね。

国際ブランドがVISAなので世界中の加盟店でも使えるため、クレジットカードの代わりとしてSMBCデビッドを携帯するのもアリです。

デビッドカードは多くの銀行が発行していますが、三井住友銀行ならではの魅力もあるはず。SMBCデビッドを持つことで、どのようなメリット・デメリットがあるのか徹底解説します。

SMBCネットワークアプリは支出管理に役立つ

SMBCデビッドの公式サイトを拝見しても実は「これがイチオシ」というものがなく、何の変哲もないデビットカードです。ところが視野を広げて探ってみると、SMBCネットワークアプリが支出管理に非常に便利だと気付きました。

三井住友銀行はデビットカード以外にも三井住友VISAカードやSMBC日興証券といった金融事業を手掛けていますが、これらのサービスで使ったお金の動きをSMBCネットワークアプリ一つで把握できるため、いつでも利用状況や残高を確認できます。

SMBCネットワークアプリは、SMBCデビット・三井住友VISAカードそれぞれの利用状況を把握できることから、例えば普段の支払いは三井住友VISAカードで済ませて、食費はSMBCデビットで支払うようにすると実際の支出がカテゴリーごとで分かるようになります。

上記で挙げた使い方は一例ですが、SMBCデビットを何かの支払いに特化させた使い方をすれば家計管理もしやすいですね。

SMBCデビットを海外で利用するのは微妙

年会費無料で15歳から発行できるため、年齢的にクレジットカードを持てない方やそもそもクレジットカードを使いたくない人は、SMBCデビットがおすすめです。

ただしSMBCデビットには海外旅行保険は付帯していないので、三井住友VISAカードのように海外旅行に強い保険付帯のクレジットカードを持って行くと安心です。

ちなみにSMBCデビットを海外で使った場合、VISAが定める為替レートに3.0%の手数料率を上乗せしたレートが適用されます。3.0%の手数料率といってもピンと来ないと思うので、具体的に計算してみます。

  • 1ドル=100円のときに500ドル分の海外ショッピングをした場合

    100円(VISA決済レート) × 3.0% =3.0円
    3.0円 × 500ドル = 1,500円

SMBCデビットは海外ATMから現地通貨も引き出すことができます。その際の手数料も計算してみましょう。お得かどうか判断するために、三井住友VISAカードをと比べてみると分かりやすいです。

比較項目三井住友VISAカードSMBCデビット
通貨米ドル
海外利用手数料なし15ドル(約1,500円)
(3.0% × 500ドル)
金利18%なし


30日間で返済
24円/日
(5万円×18%÷365日)


なし
740円
(30日×24円)
ATM引出手数料216円/回108/回
合計手数料956円1,608円

まとめると・・・

500ドル分三井住友VISAカードSMBCデビット
海外ショッピング815円(1.63%)1,500円(3.0%)
海外ATM956円1,608円

海外利用時の手数料観点で見るとSMBCデビットは割高ですね。

もしも海外でカードを利用するならSMBCデビットは三井住友VISAカードのバックアップ用に準備しておくのが良いです。

現金払いよりはマシ!0.25%のキャッシュバック還元率

お世辞にもSMBCデビットのキャッシュバック還元率は高いとは言えません。すでに三井住友銀行に口座を持っている方や、これから三井住友銀行で口座開設する人にとってオマケ程度でSMBCデビットを発行する意味はあると思います。

ただし、キャッシュバック目当てにSMBCデビットを発行するのは時間がもったいないです。普段の買い物をキャッシュバックでなるべくお得にしたい方は、年会費無料のマネパカードも検討してみてください。海外利用時の手数料もマネパカードの方が圧倒的にお得です。

 SMBCデビッドマネパカード
キャッシュバック還元率0.25%2.0%
海外利用手数料3.0%0.8%

>>一律2%のキャッシュバック還元率マネパカード

4枚のカードデザインから選べる

SMBCデビットは、ベーシック・ミドすけ(キャラクター)・なでしこ・龍の中から好きなデザインを選べるようになっています。

デザインの好き嫌いは主観的なものなので個人差はありますが、申し込み時にデザインを選べるのはワクワク感は言い過ぎですが、少し楽しい気分にしてくれますね。

三井住友銀行はブランド力も信頼性も非常にあるので、キャッシュバック還元よりも安心してカードを使いたい人におすすめの一枚です。


おすすめ海外プリペイドカード一覧


おすすめ記事

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. キャッシュバック・ポイント還元率で選ぶ!おすすめ海外プリペイドカード・VISAデビットカード徹底比較

    クレジットカードにポイント還元があるようにプリペイドカードやVISAデビットカードにも利用額に応じた…
  2. 新生銀行のVISA海外プリペイドカードGAICAの口コミ・評判と4つのデメリットを徹底解説

    新生銀行のグループ会社アプラスが発行するGAICAは、13歳以上なら誰でも発行できる年会費無料のプリ…
  3. 【口コミ】JTB発行のMoneyT Globalは円高のときにおすすめの海外プリペイドカードです

    旅行会社で有名なJTBが発行するMoneyT Global(マネーティーグローバル)は、日本円をチャ…
  4. キャッシュパスポートの口コミ・評判と4つのデメリットを徹底解説

    キャッシュパスポートは、スペアカードがあったり24時間365日のアシスタントサービスが用意されていた…
  5. マネパカードの口コミ・評判と6つのデメリットを徹底解説

    年会費無料のマネパカードは本当に海外ショッピング手数料が日本最安なのか、手数料がお得でも使い勝手など…