Sony Bank WALLET

No.7
おすすめ
補償充実
年会費 無料
海外利用手数料 1.76%

Sony Bank WALLETの口コミ・評価とデメリットを徹底解説

デビットカードの中で最もキャッシュバック還元率が高く、海外利用手数料もお得なのがSony Bank WALLET(ソニーバンクウォレット)です。

公式サイトを詳しく確認すればするほど他行のデビットカードを圧倒的に凌駕するサービス内容となっていますね。ただ手数料やキャッシュバックの条件等の仕組みを把握しておかないと「実は損していた」なんてこともあります。

結論からいくとSony Bank WALLETは、ソニー銀行をメインに使う人にとっておすすめのデビットカードです。ここでは、ソニー銀行が発行する年会費無料のSony Bank WALLETに関するメリット・デメリットを整理しました。

Sony Bank WALLETの海外ショッピングと海外ATM手数料

公式サイトにも載っていますが、Sony Bank WALLETの海外ショッピングと海外ATM手数料は、下記のとおりです。

外貨預金海外ショッピング
手数料
海外ATM
手数料
備考
未開設1.76%/回1.76%/回+216円優遇プログラム Club S のステージに応じてATM手数料をキャッシュバック
開設済対象通貨なら無料1.76%/回
開設済&不足時
(円からアシスト)
ソニー銀行の為替レート適用ソニー銀行の為替レート適用
1.76%/回
海外ショッピングやATM利用時、外貨普通預金残高が不足した場合、円預金から自動的に外貨購入

外貨預金口座を開設しないでSony Bank WALLETを海外で利用した場合、円建てカードとして海外ショッピングや海外ATM引き出しに利用できます。その際は、VISAが指定するレートに1.75%を乗じた為替レートで残高から引かれます。

なお、クレジットカードの場合は1.63%なのでSony Bank WALLETの方が+0.1%高くなっていますが、ほぼ変わらない水準ですね。

円建てカードとして使ったとき、海外ATM引き出しは1.76% + 216円の手数料が発生しますが、下記の優遇プログラムClub Sのステージに応じて無料回数分のATM手数料が翌月末にキャッシュバックされます。

 ステージなしシルバーゴールドプラチナ
海外ATM
無料回数/月
0回(216円)1回3回5回

一方、外貨預金口座を開設して海外ショッピング利用時の対象通貨が外貨預金口座にある場合、ショッピング手数料は無料となっていますが、忘れてはならないのが為替コストです。

外貨預金口座に米ドルやユーロ、ポンドなど外貨を入れるためには、日本円から両替する必要がありますよね。その際、ソニー銀行が提示している為替レートに下記の為替コスト(手数料)を加えたものが交換レートとして適用されます。

通貨基準為替コストプラチナゴールドシルバー
米ドル15銭8銭10銭12銭
ユーロ15銭8銭10銭12銭
英ポンド45銭30銭35銭40銭
豪ドル45銭30銭35銭40銭
NZドル45銭30銭35銭40銭
カナダドル45銭30銭35銭40銭
スイスフラン45銭30銭35銭40銭
香港ドル9銭6銭7銭8銭
南アランド20銭8銭10銭15銭
スウェーデンクローナ9銭6銭7銭8銭

参考までに主要4通貨(500通貨分)の両替手数料(ステージなし)を具体的な金額にすると下記になります。

ステージなし米ドルユーロポンド豪ドル
為替コスト15銭15銭45銭45銭
為替レート
(2017/4/3 21:40)
111.47118.83139.4685.13
500通貨
両替手数料
75円75円225円225円

ハワイやアメリカで使う米ドルを例に海外ATMから500ドル(約10万円)引き出したときの手数料をシミュレーションしてみます。為替レートは、計算を単純化するために1ドル=100円としています。

500ドル × 1.76%(ATM手数料)+216円 = 1,096円

1,096円(ATM手数料) × 75円(両替手数料) = 1,171円

クレジットカードの海外キャッシングと比較

クレジットカードの海外キャッシングと比べても、ほぼ遜色ない手数料で現地通貨を引き出すことができます。下記の例は、ソニー銀行で外貨預金口座を開設していることを前提に500ドルの引き出し時にかかる手数料を比較しました。

比較項目クレジットカードSony Bank WALLET
(ステージなし)
通貨米ドル
米ドル
両替手数料なし75円
(15銭×500ドル)
金利(利息)18%

なし
30日間で返済25円/日
(5万円×18%÷365日)
750円
(30日×25円)
ATM引出手数料210円/回1,096円
(880円+216円)
合計手数料960円1,171円

Sony Bank WALLETならクレジットカードの代わりに使っても良いくらい手数料が安いのが分かります。手数料金額を見るとソニー銀行がクレジットカードの水準に合わせているのかもしれませんね。

利用限度額も十分な枠があり、海外で長期滞在でも耐えられる仕様になっています。

  初期設定額変更可能範囲
ショッピング
(国内・海外)
1日あたり50万円0円 ~ 200万円
1ヶ月あたり200万円0円 ~ 1,000万円
海外ATMからの
お引き出し
1日あたり50万円0円 ~ 100万円
1ヶ月あたり50万円0円 ~ 100万円

Sony Bank WALLETのキャッシュバック還元率

Sony Bank WALLETは、国内利用金額に応じてキャッシュバックのサービスを行っていますが、ステージごとで還元率は異なります。

 ステージなしシルバーゴールドプラチナ
キャッシュバック還元率0.5%1.0%1.5%2.0%

キャッシュバック率はかなり高い水準ですが、ステージ獲得条件は少し厳しいのがデメリットです。ソニー銀行をメインに使う人なら十分価値はありますが、Sony Bank WALLETを使うためにソニー銀行を開設する人にとって、キャッシュバック還元率の恩恵はほぼないと思います。

もしも高還元率のキャッシュバックがもらえる年会費無料のカードを探している方は、下記の記事も参考にしてみてください。Sony Bank WALLETのステージ獲得条件より圧倒的に緩い条件でキャッシュバック還元率2.0%を実現できますよ。

マネパカードの口コミ・評判と6つのデメリットを徹底解説
年会費無料のマネパカードは本当に海外ショッピング手数料が日本最安なのか、手数料がお得でも使い勝手などデメリットや問題点はないのか?気になりますよね。公式サイ...

トラベレックスにて優遇レートで両替ができる

海外旅行当日に空港内にあるトラベレックスの両替窓口で外貨を手に入れた経験はありますよね。トラベレックスの店舗でSony Bank WALLETを提示すると店頭表示レートよりお得な優遇レートを現金両替ができます。

ただ公式サイトには「どれくらいお得になるのか」紹介がありませんが、似たようなサービスを行っているセントラル短資FXの優遇レートと同水準くらいかと思います。

まとめ

ショッピング保険や不正利用補償も兼ね備えているSony Bank WALLETは、国内利用はもちろん海外でも十分利用価値はありますが、Sony Bank WALLETのみ携帯するのではなく、クレジットカードや海外プリペイドカードといったサブカード等を用意しておくと安心して海外旅行を楽しめます。

海外ショッピング手数料やキャッシュバック還元率はたしかにお得ですが、見た目の表記だけで判断するのではなく、為替コストやステージ獲得条件など、サービス内容をしっかり把握することが大切です。


おすすめVISAデビットカード一覧


おすすめ記事

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 【厳選4社】初心者におすすめの仮想通貨取引所ランキングまとめ!

    私は小額から仮想通貨取引を始めましたが、ビットコインやアルトコインなど「買いたいけど、どこで・どのよ…
  2. 仮想通貨の投資初心者におすすめの取引所はZaif!ビットコイン取引の始め方を徹底解説

    ビットコインなど仮想通貨に将来性を感じてこれから投資を始めたいと考えている人向けの解説記事です。…
  3. 新生銀行のVISA海外プリペイドカードGAICAの口コミ・評判と4つのデメリットを徹底解説

    新生銀行のグループ会社アプラスが発行するGAICAは、13歳以上なら誰でも申し込める年会費無料のプリ…
  4. キャッシュパスポートの口コミ・評判と4つのデメリットを徹底解説

    キャッシュパスポートは、スペアカードがあったり24時間365日のアシスタントサービスが用意されていた…
  5. マネパカードの口コミ・評判と6つのデメリットを徹底解説

    年会費無料のマネパカードは本当に海外ショッピング手数料が日本最安なのか、手数料がお得でも使い勝手など…