マネパカード

No.1
おすすめ
人気度
年会費 無料
手数料 0.8%

海外旅行におすすめのプリペイドはMasterCardブランドのマネパカード

マネパカードとは

マネパカードは、日本でも海外でもMasterCard加盟店ならカード決済に使えるチャージ式のプリペイドカードです。1枚のカードに6通貨をチャージできるため、マルチカレンシーカードとも呼ばれています。

マネパカードに外貨をチャージすれば海外旅行先のATMで現地通貨の引き出しにも使えます。年会費・入会金も無料で15歳以上なら誰でも申し込めます。しかもクレジットカードのように与信審査は一切ありません。

マネパカードの使い方

マネパカードは日本円を入金してから会員サイト内で外貨両替を行ったあと、マネパカードにチャージすることで現地でカード決済やATM引き出しが利用できるようになります。

操作画面とやり方は非常にシンプルなので一度利用すればすぐに慣れると思います。マネパカードを海外で使うための一連の流れを下記の記事にまとめました。

マネパカードはクレジットカードと比べて本当にお得なの?

海外でクレジットカードを使った場合、VISAが定める為替レートに対して1.63%を上乗せしたレートで決済されることをご存知でしょうか。

クレジットカードは、海外利用手数料や海外事務手数料などの表現で各社のホームページに記載されています。実際にクレジットカードとマネパカードの手数料を比較してみると、実質半額の手数料で海外ショッピングができます。

下記の例は、1,000通貨(約10万円)を利用したときの手数料を比較したものです。

手数料だけに注目するのではなく、円建てクレジットカードの場合、実は為替変動によるコストも考慮する必要があります。

一方マネパカードは、外貨建てカードなので為替変動リスクを抑えることができます。

具体的な計算例を使って下記の記事にまとめましたので参考にしてみてください。

海外旅行先のATMで現地通貨を引き出せるから銀行で外貨両替するよりお得

海外ATM操作方法

マネパカードは、現地のATMから現金も引き出すことができます。国際ブランドMasterCard(マスターカード)のマークがあるATMなら世界中で利用することができます。

海外で現金が不足してもマネパカードを使ってお金を調達できるので、安心して海外旅行を楽しむことができますね。ATMの場所は、ショッピングモールや空港など至る所にあるのですぐに見つけられます。

クレジットカードのキャッシングは、カード会社に借金してお金を引き出すため、返済までの日数が長くなればなるほど利息も増えていきます。

借金となると「早く返済しなきゃ!」と焦りの気持ちからストレスを感じるようになります。せっかく海外に羽を伸ばしに来たのに気になって楽しめないのは本末転倒ですよね。

マネパカードは事前にチャージしたお金を引き出すだけなので、利息を取られることは一切ありません。また、銀行や空港窓口で外貨両替すると非常に高い手数料を取られていることをご存知でしょうか。

銀行とマネパカードで1000通貨を両替したときの手数料を比べてみました。

このように比較してみると、73%~最大91%もお得に外貨両替することができます。圧倒的に格安であることが分かりますね。実際にマネパカードでATMを操作したときの体験談をまとめました。

マネパカードを利用すると毎月キャッシュバックがもらえる

マネパカードは、国内の利用金額に応じて毎月最大2.0%のキャッシュバックがあります。通常のキャッシュバック還元率は、1.5%となっていますが、発行月から翌月末までは無条件で一律2.0%になる新規入会キャンペーンを行っています。

条件還元率
通常1.5%
FX口座開設(無料)1.7%
FX取引100万通貨/月2.0%

※日本国内でショッピングに利用しても特に手数料は発生しないので気軽に利用できるのもポイントです。

キャンペーン期間中は、マネパカードに申し込むだけで1.5%となり、FX口座を開設すると無条件で1.7%にアップします。

特にFX取引をしなくても維持費・管理費無料のFX口座を開設するだけで1.7%になるので開設しておいて損はありませんね。ただし、FX口座の開設は20歳以上からとなっています。

私の家庭は食費や日用品などの生活費で毎月6~7万円ほどかかっていますが、2万円を現金で使い、残りの5万円はマネパカードにチャージして使っています。

還元率が良いのでなるべく毎月の生活費を節約・お得にするために、カード決済ができるお店は、現金を使わずにマネパカードで支払うようにしています。毎月5万円をマネパカードで使ったとき、還元率ごとのキャッシュバック金額は下記のようになります。

還元率キャッシュバック/月キャッシュバック/年
1.5%750円9,000円
1.7%850円10,200円
2.0%1,000円12,000円

クレジットカードのような利用用途に縛りがあるポイント還元ではなく、自由度の高い現金を毎月還元してくれるため、かなり重宝しています。下記の画面は、2.0%の還元率で約3万円分に対してキャッシュバックされた金額です。(1円未満の端数は切り捨て)

ちなみにFX口座を開設するメリットは4つあります。

  • 国内最安の両替手数料からさらに25%~最大42%OFFで外貨に交換できる
  • 格安手数料で外貨を手に入れることができる空港受け取りサービスが利用できる
  • ネットバンクを使ってクイック入金ができるので振込入金時の手数料を無料にできる
  • 出金(清算)手数料を月5回まで無料にできる

海外旅行から帰国後に余った外貨を無料で日本円に戻せる

海外旅行を終え日本に帰る際、外貨をきれいに使い切ることはほぼないと思います。マネパカードなら余った外貨も手数料無料で円に戻すことができます。

通常、外貨→円に戻す際は手数料を上乗せした両替レートが適用されます。マネパカードは上乗せレートが無料なので、円から外貨の片道分しか両替手数料は取られません。

円に戻したあとは、国内でも利用できるので余った外貨を無駄なく利用できるのもマネパカードならではの強みですね。

与信審査なしで15歳から誰でも申し込みできる

15歳から誰でも発行できるマネパカードは、クレジットカードのように与信審査をされないため、学生や未成年でも申し込むことができます。

申し込みに使える本人確認書類は下記の10点になります。

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • 住民票の写し
  • 印鑑登録証明書
  • 住民基本台帳カード
  • 個人番号カード(表面)
  • 在留カード
  • 外国人登録証明書
  • 特別永住者証明書

上記の本人確認書類いずれか1点準備すればOKです。

本人確認書類に加え、マイナンバーカード(通知カード、住民票マイナンバー付きでもOK)も必要になるので用意しておきましょう。

安心の保険・補償制度

マネパカードは年間50万円のショッピング保険のほかにカード紛失時にリアルタイムで利用停止を行えるため、サポートに連絡しなくても自分自身で対応することも可能です。

マネパカードを発行する会社(マネーパートナーズ)がもしも倒産した場合、履行保証制度により預けたお金はしっかり法的に返金されるため、倒産リスクを気にする必要もありません。

カードにはICチップが搭載されており、暗証番号をスキミングすることは不可能です。ただし、物理的に盗まれるリスクはあるため、事前にできる対策と万が一トラブルに遭ってしまったときの対処方法を下記の記事にまとめましたので申し込み前に確認することをおすすめします。

マネパカードはお得なの分かったけどデメリットはないの?

ここまでマネパカードの強みやメリットを前面に紹介してきましたが、どの商品でもデメリットは必ずと言っていいほど存在します。

公式サイトやブログなど見るとメリットやお得であることは十分伝わってきますが、問題点や使い勝手など生の体験レポートがあると申し込みの判断基準になりますよね。

下記の記事にマネパカードを国内・海外で使ってみて感じたメリット・デメリットをまとめましたので申し込みの判断材料として参考にしてみてください。

detail-btn-off
ここに注意
  • 日本円をチャージしても海外では利用できない(日本円は国内利用限定)
  • 日本円をチャージしても国内ATMでお金はおろせない
  • チャージを忘れると残高不足で海外・国内で利用できない
  • ATM引き出し回数が多いと手数料がかさむ
  • 本人以外の第三者(親兄弟の家族)が代わりに入金することはできない
マネパカードのポイントまとめ!
  • 6通貨のマルチカレンシー対応
  • クレジットカードより海外ショッピングがお得
  • 海外ATMで利息なしで現地通貨をおろせる
  • 銀行より外貨両替手数料がお得
  • 米ドルをチャージすれば取扱い通貨以外の国でもカード決済ができる
  • FX口座を開設すると還元率UP・入出金手数料が無料・両替手数料がさらにお得
  • ショッピング保険は総額50万円まで補償
  • 帰国後に余った外貨を手数料無料で日本円に戻せる
  • 国内で利用すると最大2%のキャッシュバックが毎月もらえる
項目詳細情報
年会費無料(無審査)
入会金無料
年齢制限15歳以上
有効期限発行から5年間
取扱い通貨米ドル・ユーロ・ポンド・豪ドル・香港ドル・日本円
米ドルユーロポンド豪ドル香港ドルJPN
チャージ手数料無料
海外利用可能
海外ATM可能
国内利用可能
国内ATM不可
備考・国内利用で一律2%キャッシュバック
・本人以外からの振込入金は不可
・米ドルをチャージすれば5通貨以外の国でも利用可能


おすすめ海外プリペイドカード一覧


おすすめ記事

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. キャッシュバック・ポイント還元率で選ぶ!おすすめ海外プリペイドカード・VISAデビットカード徹底比較

    クレジットカードにポイント還元があるようにプリペイドカードやVISAデビットカードにも利用額に応じた…
  2. 新生銀行のVISA海外プリペイドカードGAICAの口コミ・評判と4つのデメリットを徹底解説

    新生銀行のグループ会社アプラスが発行する海外プリペイドカードGAICAは、13歳以上なら誰でも発行で…
  3. キャッシュパスポートの口コミ・評判と4つのデメリットを徹底解説

    キャッシュパスポートは、スペアカードがあったり24時間365日のアシスタントサービスが用意されていた…
  4. マネパカードの口コミ・評判と6つのデメリットを徹底解説

    年会費無料のマネパカードは本当に海外ショッピング手数料が日本最安なのか、手数料がお得でも使い勝手など…
  5. 手数料で損してませんか?米ドル・ユーロ・ポンド・スイスフランをお得に外貨両替!

    マネーパートナーズの空港外貨受取サービスを利用すると両替手数料を格安にできることをご存知でしょうか?…