【12/5】モナコインが1000円突破して爆上げ中!モナコインのトレード戦略とおすすめの取引所を紹介します

モナコインが暴騰してますね。アルトコインの動きは常にウォッチしていますが、ビットコインの方に資金を集中しないと余力不足でロスカットされるリスクがあるため、分散できない(お金がない)状況を嘆きたい・・・。

さて、今まさにアルトコインの中で最もホットな仮想通貨が「モナコイン」です。

モナコインの時価総額ランキングは、27位となっており、約600億円くらいの時価総額となっています。ビットコインの時価総額に比べれば非常に小さい規模ですが、日本初の暗号通貨モナコインが買われ、今後の値動きに注目が集まっています。

これからモナコインを買おうか迷う

モナコインを買う前にちょっと冷静になって考えてみました。そもそもモナコインってなんで買われるの?って考えたとき、私の中で買う(投資)理由が見当たらないので今回は見送ろうと思っています。

その理由は下記のとおりです。

すでに2,000円に到達した(12/9)

多くのモナコインホルダーがおそらく目先の2,000円到達を目標にしていると推測しています。私がお金が足らなくて(泣)モナコインを買えませんでしたが、もし持っていたら2,000円でいったん売却します。

もしかすると2,000円を大きく超えてさらに上昇する可能性もありますが、買うとしても調整が入ったあとの押し目を狙うのがベターと考えています。

モナコインが決済通貨として流通する可能性は薄い

Twitterではtipmonaというモナコインをチップとして相手に送ることができる機能が開発されました。

要は投げ銭ですが、有益な情報を発信した人に対してお礼を込めてモナコインをチップとして送ったりと何かしらの感謝の意を伝える一つの手段として利用できるのがtipmonaです。

こういった投げ銭文化が流行ればモナコインも必然と買われるため、価格も上昇していくことが期待できます。ただし、私の見方は正反対でtipmonaは、ほとんどの人に使われないと思っています。理由は日本にチップ文化が根付いていないからです。

使い方は無限なのでどういった形で普及していくのかまだイメージが湧きませんが、チップをもらう側の相違工夫が必要になることだけは間違いありません。

Monapartyというカウンターパーティープラットフォームの可能性

Monapartyはモナコインのプラットフォームで自分のオリジナルコインが発行できるようになっています。今後どのような形で普及していくのか想像段階ですが、地方自治体をさらに細かく分割し、その地域オリジナルの自治区コインが使えるようになるとおもしろいです。

ただ普通の人が自分のオリジナルコインを発行したところで誰も見向きしませんので、オリジナルコインは社会インフラとの結び付きは欠かせないと思います。

例えば、その地区にしかないサービスを利用したいという需要が生まれた場合、支払いには必然とオリジナルコインが必要になるため、オリジナルコインを買う行動が生まれます。そしてオリジナルコインをたくさん持ちたいという人が生まれれば、コインの価値も上がり資産価値になりえるという話です。

地域オリジナルの自治区コインを発行するためのプラットフォームがMonapartyになるのか、新たに生まれるプラットフォームが使われるのか分かりませんが、非常に将来性のある話だと思います。

ただし、その機能がモナコインの価格に反映しているかというと、全く織り込んでいないません。なぜなら誰もそんなことイメージが湧かないからです。

大衆のほとんどがビットコインを持てば上がる(儲かる)という考えで仮想通貨に興味を持っているのが現状です。ビットコインも上値が重くなってきている中でもビットコインを買い漁ってる投資家はたくさんいます。

ビットコインがおもいっきり暴落して誰にも見向きされなくなったときに、初めて大衆がモナコインに目を向け始めるのかもしれません。それまで「投資対象」としてモナコインを見るのはずっと先です。

まとめ

短期的には上昇していく可能性があるため、その流れに乗るのは戦略としてありかもしれませんが、中長期的には大きく暴落し、底辺をさまよい続けると予想しています。

予想なんてものは当たらないから予想なわけで、私自身はトレーダーなので予想するよりも価格の動きに合わせた「対応」をするだけです。テクニカル的に上がると判断すれば買いますし、そうでなければ買い控えます。

ただモナコインを買う上で大切なのが「どの取引所で買うか?」です。

bitFlyerの場合、販売所形式なのでモナコインの価格は割高になっています。もしモナコインを買うならお得に購入できるZaifがおすすめです。ちなみにZaifは、下落時でも利益を狙える信用売りから入ることも可能なので、もしモナコインが下落し始めたら信用売りで暴落を狙うのもありですね。


コメントは利用できません。

関連記事


おすすめVISAデビットカード一覧


おすすめ記事


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

スポンサーリンク



ピックアップ記事

  1. 【口コミ】Binanceで分散投資しよう!草コインの有望銘柄を探すメリット・デメリット徹底解説

    私がBinance(バイナンス)を知ったキッカケは、2017年に起きた分裂祭りでビットコインのハード…
  2. 【口コミ】初心者におすすめの仮想通貨ビットコインの取引所ランキングまとめ!

    仮想通貨を取り扱っている取引所は複数社ありますが、取扱い銘柄が違ったりレバレッジ倍率が異なったりと取…
  3. 仮想通貨の投資初心者におすすめの取引所はZaif!ビットコイン取引の始め方を徹底解説

    ビットコインなど仮想通貨に将来性を感じてこれから投資を始めたいと考えている人向けの解説記事です。…
  4. 新生銀行のVISA海外プリペイドカードGAICAの口コミ・評判と4つのデメリットを徹底解説

    新生銀行のグループ会社アプラスが発行するGAICAは、13歳以上なら誰でも申し込める年会費無料のプリ…
  5. 【口コミ】海外旅行におすすめ!キャッシュパスポートの評判と4つのデメリットを徹底解説

    キャッシュパスポートは、スペアカードがあったり24時間365日のアシスタントサービスが用意されていた…

ICOプロジェクト

  1. 1

  2. 2

  3. 3

  4. 4

  5. 6

ランキング一覧