仮想通貨ビットコインの暴落は買い増しのチャンスって本当?

ビットコインは値動きが激しく暴落・暴騰を繰り返しながら250万円まで上昇しました。そしてようやく大きな調整が入り150万円まで一気に暴落したものの、急激な反発で190万円まで戻すなど、荒い値動きが続いています。それが下記のチャートです。(四角で囲った箇所)

四角で囲った箇所の赤いローソク足が150万円から190万円まで急激に反発したチャートです。こういった動きがあると大暴落時は買うチャンスと思うのは自然かもしれませんが、私はこの考えに否定的な立場です。

大暴落時はチャンスに疑問を感じる

今までのビットコイン相場は非常に強い「調整なし」の上昇トレンドだったため、大暴落時は押し目買いのチャンスでした。ただ日足でダブルトップを付けて強気のモメンタム(相場の潮流)が少しずつ転換し始めてます。

四角で囲った150万円から190万円の反発はテクニカル的にも買い場であったため、後付けですが反発も納得です。ただし、週足で陰線を付け始めたビットコイン相場は、おそらく100万円割れの暴落も近々起こると考えています。

こうしたモメンタムを無視して何も考えず暴落はチャンスと捉え買い向かっていくと、大きな火傷が待っていることは必須です。ビットコインはテクニカルが効きやすいため、ブロガーの情報を鵜呑みにせず、しっかりトレードテクニックを学んで磨くことが大切です。そして自分自身で考える力を身に付けることも重要です。

ビットコインが暴落したときの対処方法

ビットコインを現物でホールドしている場合、暴落は含み益を飛ばすことになるため、ストレスかかりますよね。そこでおすすめの方法が信用取引によるリスクヘッジです。

信用取引はビットコインが下がった時に信用売りを仕掛けることで利益を狙える取引方法です。現物に含み損が発生しても信用売りで利益が取れたら±ゼロにだってできます。

信用売りで得た利益を使って暴落したビットコインを買い増しするのも一つの戦略として使えます。信用取引はレバレッジを掛けることができるため、リスクが高いと思われるかもしれませんが、現物のヘッジに使うと見方が一変しますよ。

システムリスクだけはどうにもならない

12/24のクリスマスイブにビットコインが170万円から一気に150万円まで暴落したとき、Zaifの信用売りで含み益が10万円近くまで行ったのですが、オチとして同値で撤退する羽目になりました。

その理由がシステム負荷による機会損失です。

Zaifはシステムが弱いため、ビットコイン相場が大きく荒れると注文が殺到するため、サーバーが耐え切れずダウンしたりリクエストが滞留します。私は150万円で決済指値を入れていたのですが、決済されず急反転したため、少し上にずらそうと決済価格を変更しようとしました。

ところが注文変更が通らず、含み益があっという間に吹っ飛んでしまったのです。

マーケットが少し落ち着き始めたころに注文変更ができたため、注文価格と同値の決済指値を入れて撤退することにしました。急反発したときに決済できないのは恐怖でしかありません。もう冷や汗もんでしたよ・・・。

こやっぱりデイトレするなら間違いなくbitFlyerがおすすめですね。当時、bitFlyerもサーバ負荷で固まってましたが、Zaifよりからは安心してトレードできます。

GMOコインがレバレッジ一律5倍に変更してからビットフライヤー1本でトレードしていましたが、「レバレッジを10倍まで引き上げたこと」、「ビットフライヤーのSFD手数料...

ビットコイン価格の予想

現状のビットコインについて、テクニカルでチャート分析しました。それが下記のチャートになります。

こちらはビットコインチャートの4時間足です。150万円あたりがサポートとして機能しており、黄色の下降トレンドラインあたりでもみ合っています。黄色のラインをブレイクしたら赤のラインも意識される可能性があります。

そして、白のトレンドラインが意識されて160万円から175万円まで一気に噴いたのが分かりますね。私はこのポイントをしっかり取りましたよ!

トレンドラインの3回目タッチは鉄板トレードなので、ここまでキレイに獲れると自画自賛したくなります。ちなみに175万円で決済指値を入れた根拠は、黄色の下降トレンドラインを意識したからです。

実は黄色のトレンドラインからも信用売りで仕掛けました。結果は下げきれず同値撤退で終わりましたが根拠が明確な分、損切りもタイトにできるため、エントリーポイントは引きつけてから入るのがおすすめです。

150万円あたりで3回サポートされたため、おそらく再度高値を目指す動きになる可能性はありますが、200万円当たりで上値が抑えられ天井サインの三尊(ヘッドアンドショルダー)が出現する可能性も見ています。

あらゆる角度でシナリオを描くと、どのポイントから入るべきか、どのポイントで降りるべきか見えてきます。現時点ではまだ推測のため断定はできませんが、シナリオを描きしながらトレードすると対応しやすいです。


コメントは利用できません。

関連記事


おすすめVISAデビットカード一覧


おすすめ記事


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

スポンサーリンク



ピックアップ記事

  1. 【口コミ】Binanceで分散投資しよう!草コインの有望銘柄を探すメリット・デメリット徹底解説

    私がBinance(バイナンス)を知ったキッカケは、2017年に起きた分裂祭りでビットコインのハード…
  2. 【口コミ】初心者におすすめの仮想通貨ビットコインの取引所ランキングまとめ!

    仮想通貨を取り扱っている取引所は複数社ありますが、取扱い銘柄が違ったりレバレッジ倍率が異なったりと取…
  3. 仮想通貨の投資初心者におすすめの取引所はZaif!ビットコイン取引の始め方を徹底解説

    ビットコインなど仮想通貨に将来性を感じてこれから投資を始めたいと考えている人向けの解説記事です。…
  4. 新生銀行のVISA海外プリペイドカードGAICAの口コミ・評判と4つのデメリットを徹底解説

    新生銀行のグループ会社アプラスが発行するGAICAは、13歳以上なら誰でも申し込める年会費無料のプリ…
  5. 【口コミ】海外旅行におすすめ!キャッシュパスポートの評判と4つのデメリットを徹底解説

    キャッシュパスポートは、スペアカードがあったり24時間365日のアシスタントサービスが用意されていた…

ICOプロジェクト

  1. 1

  2. 2

  3. 3

  4. 4

  5. 6

ランキング一覧