【12/28】ビットコインはどこまで下がる?弱気相場はチャットからも読み取れる

12/26の記事で下記のようなシナリオを描いたことを紹介しました。

ビットコインは値動きが激しく暴落・暴騰を繰り返しながら250万円まで上昇しました。そしてようやく大きな調整が入り150万円まで一気に暴落したものの、急激な反発で190...

こちらのチャート画像は、Zaifで12/26 22:48時点に取得したキャプチャです。そして、いま現在のビットコインチャートは下記のとおりです。

本当にたまたまですが、シナリオ通りの動きになっていることに驚きですw

実は12/27(日足)のローソク足を見て下に行くと判断し、Zaifの信用売りで180万円から仕掛けてます。

ビットコインはどこまで下がる?

2018年に入ってからおそらく100万円割ると思ってます。私がビットコインを買うなら86万円当たりからをイメージしてます。その根拠が11月上旬に付けた週足チャートの陰線です。

100万円を超えてから調整なしで240万円までぶっ飛んで行ったビットコインですが、週足レベルでようやく陰線を付け始めたのがここ最近ですね。

100万円を割ったところから一気に買い参入者が増え、2017年につけた高値を大きく超えていくのが2018年の私のシナリオです。今は信用取引メインですが、100万円割れからガチホ用の現物ビットコインを買う予定です。早く下がってくれーw

150万円のサポートを割ると一気に下落が進む

直近のビットコインは150万円あたりでサポートされていますが、150万円を割ると一気に100万円まで割る可能性があります。いつ割れるか(ブレイクするか)は相場次第ですが、そろそろ総悲観モードに入ってくる頃です。

それはチャートからも読み取れるし、チャットからも読み取れます。

強気相場だった頃は、みんな「上がれ―」みたいな感じだったと思いますが、今や「まだ下がりそう・・・」という感じです。こういった感情を大衆が抱いているとしたら、急激な下げで我先に逃げようとする時期は近いです。

その時に安値でいかにビットコインを拾えるかがポイントですね。ビットコインのバーゲンセールはもう目の前に来てます。取引所に口座を開設していない方は早めに準備してくださいね。

仮想通貨を取り扱っている取引所は複数社ありますが、取扱い銘柄が違ったりレバレッジ倍率が異なったりと取引所によってさまざまな特徴があります。ここでは4社の取引所...


コメントは利用できません。

関連記事


おすすめVISAデビットカード一覧


おすすめ記事


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

スポンサーリンク



ピックアップ記事

  1. 【口コミ】Binanceで分散投資しよう!草コインの有望銘柄を探すメリット・デメリット徹底解説

    私がBinance(バイナンス)を知ったキッカケは、2017年に起きた分裂祭りでビットコインのハード…
  2. 【口コミ】初心者におすすめの仮想通貨ビットコインの取引所ランキングまとめ!

    仮想通貨を取り扱っている取引所は複数社ありますが、取扱い銘柄が違ったりレバレッジ倍率が異なったりと取…
  3. 仮想通貨の投資初心者におすすめの取引所はZaif!ビットコイン取引の始め方を徹底解説

    ビットコインなど仮想通貨に将来性を感じてこれから投資を始めたいと考えている人向けの解説記事です。…
  4. 新生銀行のVISA海外プリペイドカードGAICAの口コミ・評判と4つのデメリットを徹底解説

    新生銀行のグループ会社アプラスが発行するGAICAは、13歳以上なら誰でも申し込める年会費無料のプリ…
  5. 【口コミ】海外旅行におすすめ!キャッシュパスポートの評判と4つのデメリットを徹底解説

    キャッシュパスポートは、スペアカードがあったり24時間365日のアシスタントサービスが用意されていた…

ICOプロジェクト

  1. 1

  2. 2

  3. 3

  4. 4

  5. 6

ランキング一覧