【口コミ】アルトコインのレバレッジ取引ができるDMM Bitcoinメリット・デメリットまとめ

2018年1月11日から口座開設の申し込み受付を開始したDMM Bitcoinですが、国内で唯一アルトコイン(イーサリアム・リップル・ネムなど)を売り(ショート)できる仮想通貨取引所です。

今後、GMOコインや他の取引所も追随する可能性は十分ありますが、他の取引所でアルトコインの下落を狙ってトレードできる場所がないので、私は間違いなくここで口座開設しますw

しかもイーサリアムを始めとしたリップルやネム、ビットコインキャッシュ、ライトコインなどのアルトコインをレバレッジ取引できるのは小額資金から始めたい人やデイトレーダーにとって間違いなくおすすめしたい取引所ですね。

ここではDMM Bitcoinならではのメリット・デメリットを解説します。

アルトコインの下落時でも利益を狙える

もうこれに尽きます。

直近のリップルやネムの動きを追っている方はご存知かもしれませんが、アルトコイン2強と言っても過言ではないくらい高騰しましたよね。

大きな上昇でボーナスを得られた人はたいてい冬の時代をじっと耐えてガチホしてきた人だと思います。ただし、私は余剰資金をあまり持っている側ではないので、資金効率(回転)が落ちるガチホはしません。

※私はレバレッジを掛けたデイトレードスタイルを基本としています。

私を含めリップルやネムの大きな暴騰に乗り遅れた人ってたくさんいると思うんですよね。でも高値をジャンピングキャッチすると間違いなく高値掴みさせられます。そこで売りから入れるレバレッジ取引の登場です。

2018年に入ってからリップルとネムの爆上げ具合がハンパないですねwこの流れに乗れた人はおめでとう!と言いたいですが、乗れなかった人も残念に思う必要な全くありま...

 

現物取引はただひたすら上がるのを待っているしかありませんが、これって非常に効率が悪いです。中長期的にはもっと上がる可能性があるため、買い一辺倒で今は通じるかもしれませんが、必ずどこかで頭打ちがきます。

ビットコインのように上がり続けた相場でも大きな暴落が何回も入ってます。その暴落に耐えられる精神があれば良いですが、ほとんどの人が恐怖で投げ売りするのが現状です。

ビットコインは仮想通貨の中でも基軸通貨の位置付けです。流通量第一位を誇る王者ビットコインでも大きな暴落があるなら流通量が少ないアルトコインはそれ以上の暴落があってもなんら不思議ではありません。

だからこそ大きく上昇したアルトコインのレバレッジ取引(売りから入れる取引)は、私にとって非常に魅力的なマーケットに映ります。

DMM Bitcoinのレバレッジ取引は最大5倍(固定)

GMOコインは最大25倍のレバレッジ設定が可能ですが、DMM Bitcoinの場合は最大5倍(固定)です。ビットコインのように高い金額だと最大5倍はちょっと資金効率落ちるなぁという感じですが、アルトコインはビットコインより金額が小さいので最大5倍でも十分だと思ってます。

例えば、仮想通貨取引を10万円から始めたとします。リップルの現在値が300円のとき、購入できる数量は下記のとおりです。

  • 現物取引:333XRP
  • レバ5倍:1,666XRP

仮にリップルが300円から400円に上昇したときの利益は

  • 現物取引:133,200円(+3.3万円)
  • レバ5倍:666,400円(+56.6万円)

この金額みたらレバ5倍でも十分ですよね。(もちろん逆になったら損失です。)

仮想通貨マネーは最近アルトコインに流れており、ボラティリティも上がってきています。このボラティリティこそが一攫千金を得られる重要な要素です。

取引所取引を比較したときのメリット

DMM Bitcoinの取引手数料はレバレッジ手数料(ロールオーバー)以外無料となっています。一方、私が使っている取引所取引のZaifとbitFlyerはレバレッジ取引が可能ですが、Zaifに関しては信用取引による借入手数料が発生します。

DMM Bitcoinは、GMOコインと同じように2Way方式によるプライス配信になるので実際の手数料はスプレッドになります。

スプレッドとは売り(Bid)と買い(Ask)の差を言います。(オレンジの枠)

この差が大きいと決済するときに不利なレートになることを意味します。この画像のスプレッドは1BTCあたり1,500円になります。0.1BTCだと150円、0.01BTCなら15円です。

以前、GMOコインをデイトレのメイン口座として使っていましたが、ビットコイン相場が荒れるたびにスプレッドがワイドになり、2Way方式の取引を止めた経緯がありました。

GMOコインがレバレッジ一律5倍に変更してからビットフライヤー1本でトレードしていましたが、「レバレッジを10倍まで引き上げたこと」、「ビットフライヤーのSFD手数料...

 

今は仮想通貨の流動性の問題ですぐに開いてしまうスプレッドですが、市場が大きくなればスプレッドも安定してくると考えているため、将来的にはGMOコインを再度評価する予定です。

DMM BitcoinもGMOコインと同じ2Wayなので、スプレッドの開き方は非常に気になりますね。しかもビットコインより流動性が少ないアルトコインなのでおそらくエグいスプレッドが待ち受けているのでしょうかねw

口座開設後、実際にトレードしてみたら追記レポートします。

GMOコインとDMM Bitcoinは相対取引となり、サービス内容はほぼ似ています。しかし、実際に使って見るとスプレッドの動きやレバレッジ水準が異なります。結論から行くとG...

 

DMM Bitcoinのデメリットはメンテナンス時間が長いこと

DMM Bitcoinの取引時間は24時間365日、取引における1日の区切りは午前7:00~翌午前6:59となっています。ただし、間に毎週水曜日正午12:00~午後6:00はメンテナンス時間が入ってきます。

この定期メンテの時間に仮想通貨が大きく動いたら手も足もでないのでおもいっきりリスクになりますね。仮想通貨の銘柄追加やシステムアップデート等によるメンテナンスが入ることを考えると、あらかじめ6時間の定期メンテナンスを確保しておくことは妥当な水準かもしれませんが、24時間365日動き続ける仮想通貨のマーケットを考えると、この6時間は正直きちーっす。

賢く対応するなら定期メンテ前にノーポジにするくらいでしょうか。

DMM Bitcoinの入出金手数料は無料

この点は意外と大きいですよね。

GMOコインと同じく入金と出金手数料が無料なので、回数が増えてもコストになりません。私がメインで使っているZaifとbitFlyerは毎回手数料を取るので、回数が増えると気付いたら数千円いってた!なんてこともあります。

ただし、銀行振込を使うと銀行側に手数料を取られるので、銀行振込手数料を無料にするなら住信SBI銀行にも口座を開設してくださいね。入出金は頻度が少ないものの、こういった細かいところまでコスト意識を持つことは大切です。

アルトコインの中でも人気銘柄のレバレッジ取引が可能

対円の取扱い銘柄

仮想通貨ペア現物取引レバ取引最小数量最大数量
ビットコインBTC/JPYマルマル0.0110
イーサリアムETH/JPYマルマル0.1100
ネムXEM/JPY
バツマル100100,000
リップルXRP/JPYバツマル100100,000
ライトコインLTC/JPYバツマル11,000
イーサクラシックETC/JPYバツマル11,000
ビットコインキャッシュBCH/JPYバツマル0.1100

対ビットコインの取扱い銘柄

仮想通貨ペア現物取引レバ取引最小数量最大数量
イーサリアムETH/BTCマルマル0.1100
ネムXEM/BTCバツマル100100,000
リップルXRP/BTCバツマル100100,000
ライトコインLTC/BTCバツマル11,000
イーサクラシックETC/BTCバツマル11,000
ETC/ETHバツマル1100
ビットコインキャッシュBCH/BTCバツマル0.1100

※イーサクラシックは対イーサリアムもあります

基本は対円によるペアで取引すると思いますが、対BTCでもトレードが可能です。ペアは力関係を表すので、将来的にJPYがオワコンならビットコインやアルトコインは上昇しますし、逆にビットコインがオワコンならアルトコインが上昇します。

その判断をする材料の一つにチャートがあります。

私のようなトレーダーは値動き(ボラティリティ)を重視する一方、チャートのプライスアクションを見て判断して対応します。

予想屋は含み益や含み損で一喜一憂しますが、私は値動きを見て対応するだけなので利益になろうが損切りになろうが興奮や喪失感がないんですよね。

淡々と「違ったら切る」「利益が乗れば伸ばす」。これを繰り返して振り返ったら利益が摘み上がっていたという感じです。

少し脱線しましたが、DMM Bitcoinでレバレッジ取引できるアルトコインは、人気仮想通貨銘柄なのでボラティリティも期待できます。

スマホアプリでアルトコインのチャート分析や取引が可能

アルトコインのスマホアプリといったらcoincheckを即効で思い浮かべます。今でもアルトコインのチャートは、coincheckのスマホアプリにお世話になってます。

まだローンチされてませんが、もしもDMM Bitcoinでアルトコインのチャートが確認できて取引まで可能になるなら、もうPCを立ち上げる必要もなくなるし、めっちゃ便利ですよね。

私の場合、GMOコインを使うキッカケとなった大きな理由が「スマホアプリの使いやすさ」だったことから、DMM Bitcoinもまた大いに期待できるわけです。

なぜならDMM.com証券が展開しているFX取引用のスマホアプリが非常に洗練されていて使いやすいからです。

DMM Bitcoinで1/11に口座開設申し込みを行い、さっそくスマホアプリ(取引ツール)をダウンロードして使ってみました。まだ口座開設審査中のため入金できませんが取引可...

 

取引ツールの使いやすさは、トレーダーにとって非常に重要ですよね。取引ツールの充実度は、口座開設をするために判断材料に入ると言っても過言ではないです。私はそれだけ取引ツールを重視しています。

まとめ

  • 最大レバレッジ5倍でもアルトコインなら十分な資金効率になる
  • 上がり続けたリップルとネムをショートできる
  • ビットコイン以上に一攫千金を狙った取引が可能
  • スマホアプリでアルトコインのチャートが見れたり取引ができる

DMM Bitcoinを使う動機はアルトコインのレバレッジ取引に尽きます。最近では、coincheckやZaifが集客するために広告に力を入れており、その結果口座開設まで1ヶ月近く待たされる状況です。

DMM Bitcoinもまた、口座開設の申し込みが殺到することが予想されるため、アルトコインの暴騰・暴落チャンスを逃さないためにも早めに行動して口座開設してくださいね。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントは利用できません。

関連記事


おすすめVISAデビットカード一覧


おすすめ記事


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

スポンサーリンク



ピックアップ記事

  1. 【口コミ】Binanceで分散投資しよう!草コインの有望銘柄を探すメリット・デメリット徹底解説

    私がBinance(バイナンス)を知ったキッカケは、2017年に起きた分裂祭りでビットコインのハード…
  2. 【口コミ】初心者におすすめの仮想通貨ビットコインの取引所ランキングまとめ!

    仮想通貨を取り扱っている取引所は複数社ありますが、取扱い銘柄が違ったりレバレッジ倍率が異なったりと取…
  3. 仮想通貨の投資初心者におすすめの取引所はZaif!ビットコイン取引の始め方を徹底解説

    ビットコインなど仮想通貨に将来性を感じてこれから投資を始めたいと考えている人向けの解説記事です。…
  4. 新生銀行のVISA海外プリペイドカードGAICAの口コミ・評判と4つのデメリットを徹底解説

    新生銀行のグループ会社アプラスが発行するGAICAは、13歳以上なら誰でも申し込める年会費無料のプリ…
  5. 【口コミ】海外旅行におすすめ!キャッシュパスポートの評判と4つのデメリットを徹底解説

    キャッシュパスポートは、スペアカードがあったり24時間365日のアシスタントサービスが用意されていた…

ICOプロジェクト

  1. 1

  2. 2

  3. 3

  4. 4

  5. 6

ランキング一覧