【分かりやすい】DMM Bitcoinの口座開設申し込みが始まったよ!登録方法を解説します

いよいよDMM Bitcoinの口座開設がスタートしました。DMM Bitcoinの特徴はなんといってもリップルやネム、イーサリアムなどのアルトコインをレバレッジ取引できることです。

DMM Bitcoinのメリット・デメリットをまとめた記事を作成しましたので参考にしてください。

2018年1月11日から口座開設の申し込み受付を開始したDMM Bitcoinですが、国内で唯一アルトコイン(イーサリアム・リップル・ネムなど)を売り(ショート)できる仮想通...

 

DMM Bitcoinの登録方法

まずは公式サイトにアクセスします。アクセスすると右上に水色の「口座開設」があるのでそこをクリックします。

メールアドレスの入力

メールアドレスを入力して仮口座の登録を行います。メールアドレスの入力ボックスは白色と同化していて分かりづらいですが、クリックすると黄色に変わって入力できるようになります。

メールアドレス入力後、「私はロボットではありません」をクリックしてピンク色の「送信する」を押下すると、登録したメールアドレスが有効の場合手続きを進められます。

届いたメールを開封して確認する

実際に届いたメールは下記になります。ちなみにDMM Bitcoinからくるメールアドレスとタイトルは下記でした。

  • メールアドレス:info@bitcoin.dmm.com
  • メールタイトル:【DMM Bitcoin】登録メールアドレスのご確認

クリックするとパスワード登録の画面が開きます。

パスワード登録

パスワード登録時の注意点としては、下記の2点になります。

  • 8~20文字の半角英数字記号
  • パスワードにはアルファベットと半角数字をそれぞれ1文字以上含める

このパスワードは、ログイン時に毎回利用することになるので紛失しないように管理してくださいね。

仮口座登録の完了

パスワードの登録が完了すると仮口座としてマイページにログインできるようになります。「マイページにログイン」をクリックしてマイページに入ります。

会員ページ(マイページ)にログインする

仮口座の登録が済めば会員ページにログインできるようになります。ログインフォームに先ほど登録したメールアドレスとパスワードを使ってログインしましょう。

ID(お客様番号)は会員ページにログインすると確認できますが、この時点では気にしなくてOKです。それから、会員ログインページは毎回アクセスする画面になるのでブックマークするとログイン時に便利です。

マイページの構成

ここまできたらあとは本登録を済ませるだけです。その前にマイページの構成を簡単に説明しますね。

  • トレード口座

    トレード口座をクリックすると取引ツールが別ブラウザで立ち上がります。

  • 入金・入庫

    手数料無料で入金・出金ができます。入金方法はクイック入金と銀行振込です。入庫の場合は、BTCとETHの2銘柄になります。

  • 入金・入庫

    手数料無料で入金ができます。入金方法はクイック入金と銀行振込です。ただし、銀行振込は銀行手数料が発生します。入庫の場合は、BTCとETHの2銘柄になります。

  • 出金・出庫

    手数料無料で出金ができます。出金時は出金先の銀行口座を登録する必要があります。出庫の場合は、入庫と同じBTCとETHの2銘柄になります。

  • 履歴

    履歴はログイン、入出金、入出庫それぞれの履歴データを照会できます。

各種設定は下記の6つが用意されています。

  • 出金口座の銀行設定
  • パスワード変更
  • 通知用メールアドレス変更
  • 携帯電話番号変更
  • 2段階認証設定
  • 各種通知設定

本登録の作業を進める

DMM Bitcoinで取引を開始するには、本登録の作業が必須になります。本登録はマイページの左上にある「こちらから本登録をおこなってください」をクリックすると口座開設(本登録)用の入力画面が立ち上がります。

口座開設フォームで氏名・住所等を入力する

口座開設フォームで氏名や住所等を入力を行います。全て入力したら「確認画面へ」というオレンジのボタンを押下して先に進めます。

登録内容に問題なければ「申し込む」を押下します。

ここで本人確認書類のアップロードを行います。利用できる本人確認書類は下記4点です。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 住民台帳基本カード
  • 在留カード
  • 健康保険証および住民票

携帯電話番号の認証登録

本人確認書類のアップロードを行うと自動的に携帯電話番号の認証登録画面が表示されます。この画面にある「コードを発行する」ボタンを押下すると携帯電話に6桁の認証コードが届くので、その番号を登録します。

「認証する」ボタンを押下することで口座開設審査が始まります。

あとは自宅に認証コードが記載された郵便物が届くのを待つだけです。ここまでの登録作業は約10分ちょいくらいでした。入力項目は多いと感じるかもしれませんが、実際に登録作業を進めると難しいことは一切ないのでスイスイ進められました。

認証コードの入力方法

認証コードが記載されたハガキが自宅に郵送されたら、会員サイトにログインしてさっそく認証コードを入力します。

6桁の認証コードを入力してピンクの認証するボタンを押下すると口座開設が完了し、入金・取引が可能となります。

口座開設審査中にやっておきたいこと

口座開設前に済ませておくと良いのが下記2点です。

  • 2段階認証設定
  • 取引ツールスマホアプリのダウンロード

2段階認証は、ログイン時に利用すると自分の口座を守れるので必ず設定しておいた方が良いです。設定方法は、マイページにある各種設定>2段階認証設定から行えます。

私が使っている認証アプリはGoogleのAuthenticatorです。

2段階認証設定

ここではGoogleのAuthenticatorを使った2段階認証設定の解説を行います。Authenticatorをインストールしたらアプリを立ち上げて「バーコードをスキャン」からQRコードを読み取ります。

読み取るQRコードはマイページにある各種設定>2段階認証設定にあるQRコードです。

 

QRコードを読み取るとDMM BitcoinがAuthenticator(認証アプリ)に追加されるので、そこに表示される6桁の認証コードを入力します。

認証コードの有効期限は、右側にあるパックマン(時計)のような形がタイマーになっています。この認証コードは30秒間ごとに更新されるので30秒以内に認証コードを入力してピンク色の認証するボタンを押下してください。

2段階認証で設定できるものは下記のとおりです。

  • ログイン時
  • 顧客情報変更時
  • 出金口座の変更時
  • 口座振替時
  • 日本円出金時
  • 仮想通貨出庫時

デフォルトは、仮想通貨出庫時にチェックが入ってますが、私はログイン時、出金口座の変更時、日本円の出金時も加えるようにしました。

この変更を行う際も6桁の認証コードが必要になるため、Authenticator(認証アプリ)を立ち上げて認証コードを確認してくださいね。

取引ツールのスマホアプリもダウンロードしておこう

スマホアプリは必須ツールになるので必ずダウンロードしておいてください。

さっそくダウンロードしていじってみましたが、DMM Bitcoinのスマホ取引ツールは取引画面が洗練されていますね。

見た目もフラットデザインを採用しており見やすいです。ログインも自動ログイン機能があり、すぐ取引したい時も面倒な操作なしで即トレードできるのがイイですね!

スマホアプリのノウハウはFX(外国為替)から来ているため、そりゃ使いやすいわwって感じです。

DMM Bitcoinで1/11に口座開設申し込みを行い、さっそくスマホアプリ(取引ツール)をダウンロードして使ってみました。まだ口座開設審査中のため入金できませんが取引可...

 

キャンペーンも開催中!

DMM Bitcoinが仮想通貨マーケットに参入したことでアルトコインを中心にこれからさらに大きな値動きが期待できそうです。しかも2018年3月31日までリリース記念キャンペーンとして口座開設完了時に1,000円のキャッシュバックもあるのでお見逃しなく!

口座開設審査の完了

口座開設審査が終了するとDMM Bitcoinから完了メールが届きます。

  • メールタイトル:【DMM Bitcoin】郵送書類発送のお知らせ
  • メールアドレス:info@bitcoin.dmm.com

口座開設審査の完了メール内容は下記のとおりです。

1週間くらい待つのかなぁと思ってましたが、1/11に申し込んで3日後に審査完了通知がきたので意外と早かったですw

※口座開設の申し込みが殺到すると遅れる可能性はあります

あとは自宅に認証コードが記載された書類を待つだけですね。

まとめ

DMM Bitcoinはアルトコインを中心にしたレバレッジ取引ができるのが魅力です。レバレッジが掛けられると大きなチャンス時は一気に稼ぐことも可能です。

ただし、リスクも大きくなるので中級者向けの取引所になりますね。私は大きく値上がりしたアルトコインを早く売り(ショート)したくてウズウズしてますw

アルトコインが上昇しても下落してもどちらも利益を狙えるDMM Bitcoinはまさにトレーダー向けの取引所です。しかも国内取引所でアルトコインのレバレッジ取引ができるのはDMM Bitcoinだけです。

昨今の仮想通貨ブームで他の取引所で口座開設が殺到している中、DMM Bitcoinもまた同じ状況になると考えています。口座開設が遅れて機会損失を被らないためにも早めに申し込んで準備することをおすすめします。

2018年1月11日から口座開設の申し込み受付を開始したDMM Bitcoinですが、国内で唯一アルトコイン(イーサリアム・リップル・ネムなど)を売り(ショート)できる仮想通...


コメントは利用できません。

関連記事


おすすめVISAデビットカード一覧


おすすめ記事


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

スポンサーリンク



ピックアップ記事

  1. 【口コミ】Binanceで分散投資しよう!草コインの有望銘柄を探すメリット・デメリット徹底解説

    私がBinance(バイナンス)を知ったキッカケは、2017年に起きた分裂祭りでビットコインのハード…
  2. 【口コミ】初心者におすすめの仮想通貨ビットコインの取引所ランキングまとめ!

    仮想通貨を取り扱っている取引所は複数社ありますが、取扱い銘柄が違ったりレバレッジ倍率が異なったりと取…
  3. 仮想通貨の投資初心者におすすめの取引所はZaif!ビットコイン取引の始め方を徹底解説

    ビットコインなど仮想通貨に将来性を感じてこれから投資を始めたいと考えている人向けの解説記事です。…
  4. 新生銀行のVISA海外プリペイドカードGAICAの口コミ・評判と4つのデメリットを徹底解説

    新生銀行のグループ会社アプラスが発行するGAICAは、13歳以上なら誰でも申し込める年会費無料のプリ…
  5. 【口コミ】海外旅行におすすめ!キャッシュパスポートの評判と4つのデメリットを徹底解説

    キャッシュパスポートは、スペアカードがあったり24時間365日のアシスタントサービスが用意されていた…

ICOプロジェクト

  1. 1

  2. 2

  3. 3

  4. 4

  5. 6

ランキング一覧