【1/17】ビットコイン大暴落で仮想通貨のバーゲンセール開始!暴落時に取るべき投資戦略とは?

ビットコインをきっかけに仮想通貨全体が大きく下落しました。

暴落の原因は以下のとおりです。

  • ドイツ連邦銀行のヨアヒム・ビュルメリング理事による世界的な規制の動き
  • 中国人民銀行によるビットコイン完全禁止についての言及

この情報が真実かどうか私には分かりませんが、大口の投げ売りをキッカケに多くのポジションがドミノ倒しのようにロスカットされ一気に暴落しました。その暴落で売りが売りを呼び、恐怖心から投げ売りした人も多くいたと推察します。

今までガチホしていた人は厳しい状況かもしれませんが、これから新規参入する人にとってはガス抜きによってようやく買い場がきたと思います。

ただし、大きく下落したからといって安易に「買い場のチャンス!」と落ちるナイフを拾うと大怪我します。その電子クズを拾ったことで長い氷河期(含み損)を過ごしかねません。

ここでは、私が考える暴落時の買い方を紹介します。

暴落後は落ち着くまで静観する

いわゆるノーポジ戦略ですね。仮想通貨が大きく暴落すると急激に反発するのが今までの常識でした。しかし、それは強い上昇トレンドを描いている時の常識・考え方です。

暴落は買い増しチャンス!と盲信している人は、今までの強い上昇トレンドを引きずっているかもしれませんね。

とりあえず暴落後のビットコインチャートを確認してみてください。

こちらはZaifの日足チャートですが、高値250万円を更新できず、150万円を下にブレイクしていますよね。150万円を維持できていれば、まだ上昇の芽はあったかもしれませんが、その芽は完全に摘まれた形となりました。(上昇トレンドの終焉)

時間が経てばさらなる高値を目指す可能性はありますが、当面は100万円付近をウロウロする可能性があります。

このチャートを見てまだ上昇トレンドが継続していると思っている人は、厳しい言い方ですがチャート分析の勉強不足です。

すでに下落トレンドが始まっており、大きく暴落したとはいえまだ底値を打ったと断定できないチャートです。(見切り発射はやめてくださいね。)

暴落したときは、資金不足で退場者が出たり余力不足で買い控える人がほとんどです。まさに悲観相場ってやつですね。そうすると長いレンジ相場を形成するのが次の相場です。

レンジを形成すれば底値を判断できるため、買うならレンジの下限にあたる価格帯がポイントになります。

テクニカルで底値を判断する方法

絶対的なものではありませんが、チャートパターンで底値を判断するのによく使われるのが下記の6つです。

  • 逆三尊
  • ダブルボトム
  • トリプルボトム
  • レンジブレイク(三角保ち合いなど)
  • 安値の切り上げ(トレンド転換)

上記全てのイメージ図を作ろうと思ったのですが、ちょっと面倒なのでググってくださいw

これらのパターンを覚えておくだけで素人より100歩先に行けるので是非調べて勉強してみてください。

今後のビットコイン取引の投資戦略

私は一度100万円を割るとみてます。今日の暴落で安値101万円まで突っ込み、そこから一気に戻しましたが、安値更新を再度トライすると思います。

その前に一度150万円くらいまで大きく反発上昇する可能性もありますが、そこから再下落(戻り売り)は十分考えられます。

赤色のラインはサポートラインとして機能していましたが、ブレイクされたことでロールリバーサル(役割反転)が起こりレジスタンスラインとして機能しやすいです。

それがオレンジ色のイメージです。100万円前後で一度150万円まで反発するものの、そこから再度売り浴びせが来るかもしれません。

オレンジ色の戻り売りが入り安値を更新しなかったときこそ、反発の芽が出始めます。現物ガチホ人はそこから買って行っても遅くはないです。

私のような短期トレーダーは、反発上昇も狙って行きますし、150万円付近からのショート(売り)も狙います。

取引をあまり回転させない人は、オレンジ色のラインが安値を更新するのか、安値を切り上げるのか、安値でサポートされるのかしっかり見極めてから入るようにしてくださいね。

これから仮想通貨を始める人へのメッセージ

これから仮想通貨を始める人は、本当に良いタイミングだと思います。相場の格言をあえてここで載せておきます。

相場は悲観の中に生まれ、懐疑の中で育ち、楽観の中で成熟し、幸福感の中で消えていく

by アメリカの著名投資家ジョン・テンプルトン

すごく有名な格言ですが、まさにこれからの仮想通貨はこの格言通りになります。

恐いと思うところは大衆も同じように感じています。だからこそ大衆と違う行動をとる必要があります。また、怖いと思うところからリスクテイクするからこそ大きな利益にありつける、相場はまさにそういった世界です。

それでも怖くて踏み出せない!という人はZaifの積立てコインで小額から始めてみるのがおすすめです。

ビットコインなど仮想通貨に将来性を感じてこれから投資を始めたいと考えている人向けの解説記事です。ビットコインを取り扱っている取引所では、現物取引やレバレッジ...


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


おすすめVISAデビットカード一覧


おすすめ記事


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

スポンサーリンク



ピックアップ記事

  1. 【口コミ】Binanceで分散投資しよう!草コインの有望銘柄を探すメリット・デメリット徹底解説

    私がBinance(バイナンス)を知ったキッカケは、2017年に起きた分裂祭りでビットコインのハード…
  2. 【口コミ】初心者におすすめの仮想通貨ビットコインの取引所ランキングまとめ!

    仮想通貨を取り扱っている取引所は複数社ありますが、取扱い銘柄が違ったりレバレッジ倍率が異なったりと取…
  3. 仮想通貨の投資初心者におすすめの取引所はZaif!ビットコイン取引の始め方を徹底解説

    ビットコインなど仮想通貨に将来性を感じてこれから投資を始めたいと考えている人向けの解説記事です。…
  4. 新生銀行のVISA海外プリペイドカードGAICAの口コミ・評判と4つのデメリットを徹底解説

    新生銀行のグループ会社アプラスが発行するGAICAは、13歳以上なら誰でも申し込める年会費無料のプリ…
  5. 【口コミ】海外旅行におすすめ!キャッシュパスポートの評判と4つのデメリットを徹底解説

    キャッシュパスポートは、スペアカードがあったり24時間365日のアシスタントサービスが用意されていた…

ICOプロジェクト

  1. 1

  2. 2

  3. 3

  4. 4

  5. 6

ランキング一覧