Coincheck以外でXEMをお得に買えるおすすめの取引所はZaif

1/26にCoincheckが約580億円相当のXEMをハッカーに不正送金され、仮想通貨業界に激震が走りました。そして、緊急記者会見が行われ、XEMを取り戻すことは不可能という見解を示しました。

今後、被害者に対して損失補填等、どのように対応していくのか協議していくと思われます。XEMといったらCoincheckを連想するくらい定着していましたが、もはやCoincheckはGOXする可能性も出てきてます。

また、今回の騒動で信用を一気に失墜したため、顧客離れも加速すると思います。

XEMを取り扱っている国内取引所で有名なのがZaifです。Zaifはマイナス手数料というサービスを展開しており、今後XEM=Zaifという図式になっていくと思います。

もしも、XEMを買うならZaifで口座開設してくださいね。

ZaifでXEMを買うメリット・デメリット

ZaifでXEMを買う一番のメリットはお得に購入できる点です。騒動を起こしたCoincheckは販売所形式のため、割高の価格となっています。

一方、Zaifは取引所で買い付けるため、マーケット価格で調達することが可能なのでCoincheckよりお得にXEMを買うことができます。

しかも指値注文を置いて待つこともできるため、有利な価格でXEMを買うことができるのもZaifならではの特徴です。

また、Zaifには積立コインがあり、小額からコツコツXEMを積み上げて投資したい人向けのサービスも用意されています。ただ個人的には、取引所に指値を置けば同じだと思っているので、できるなら取引所を介してXEMを積立する方がおすすめです。

私は過去に初心者が仮想通貨を始めるならZaifの積立コインがおすすめと紹介してきましたが、考えを改めて積立コインは利用しない方が良いと思うようになりました。ここ...

 

Zaifを使ってて一番イラッてくるのが、相場が荒れたときに注文が通らないことです。他の取引所でも頻繁に起こりますが、Zaifもシステムがそこまで強くないため、買いたい時に注文が出せない状況に陥ったりします。

その際は相場が落ち着くまで待つしかありませんが、機会損失を被ったり損切りが遅れるリスクがあります。こういった問題を回避するためには、あらかじめ指値を入れておくと相場が荒れても注文が出せない!という状況を回避できます。

まとめ

今回の騒動はCoincheckでしたが、Zaifも例外ではないと思います。ハッキングから資産を守るために私達ができることは仮想通貨を取引所に置いておくのではなく、ウォレット(ソフト or ハード)に保管することくらいです。

取引所にはハッキングリスクや倒産リスクがあるため、必ず別の場所に保管した方が良いと思います。今回のXEMハッキング問題を他人事として捉えるのではなく、しっかりリスク管理するべきと改めて認識させられました。


コメントは利用できません。

関連記事


おすすめVISAデビットカード一覧


おすすめ記事


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

スポンサーリンク



ピックアップ記事

  1. 【口コミ】Binanceで分散投資しよう!草コインの有望銘柄を探すメリット・デメリット徹底解説

    私がBinance(バイナンス)を知ったキッカケは、2017年に起きた分裂祭りでビットコインのハード…
  2. 【口コミ】初心者におすすめの仮想通貨ビットコインの取引所ランキングまとめ!

    仮想通貨を取り扱っている取引所は複数社ありますが、取扱い銘柄が違ったりレバレッジ倍率が異なったりと取…
  3. 仮想通貨の投資初心者におすすめの取引所はZaif!ビットコイン取引の始め方を徹底解説

    ビットコインなど仮想通貨に将来性を感じてこれから投資を始めたいと考えている人向けの解説記事です。…
  4. 新生銀行のVISA海外プリペイドカードGAICAの口コミ・評判と4つのデメリットを徹底解説

    新生銀行のグループ会社アプラスが発行するGAICAは、13歳以上なら誰でも申し込める年会費無料のプリ…
  5. 【口コミ】海外旅行におすすめ!キャッシュパスポートの評判と4つのデメリットを徹底解説

    キャッシュパスポートは、スペアカードがあったり24時間365日のアシスタントサービスが用意されていた…

ICOプロジェクト

  1. 1

  2. 2

  3. 3

  4. 4

  5. 6

ランキング一覧