【1/27】ビットコインに反発の兆し!?どこまで上がるか投資戦略を考える

昨日125万円あたりから105万円まで急落し、あわや100万円を割る勢いで下がって行ったビットコインですが、日をまたいだ0:00から急激に反発し124万円まで値を戻しました。

ところが深夜帯に113万円までずるずる下がったものの、そこから反発し118万円あたりで推移しています。

1時間足チャート

 

反発の兆しの根拠

昨日の下落で100万円を割り安値を更新していた場合、近いうちにさらなる下落を想定していましたが、日足を見る限り安値を切り上げたため、一旦底値を確認できた感じです。

日足チャートを使って3パターンのシナリオを描いてみました。

オレンジ色のラインは、100万円から150万円のレンジのシナリオです。一旦の反発目途はオレンジ色のラインまでをイメージしています。

もしも150万円をぶち抜いて上昇する場合、緑色のラインのようなシナリオも描けます。そうすると再度史上高値を更新する芽が出てきたと言っても過言ではないですね。

それがいつになるのか?というのは分かりませんが、言えることはオレンジ色の水平ライン緑色の下降トレンドラインをしっかりぶち抜くことが条件です。

最後に白色のラインですが、これは一度オレンジ色の水平ラインをぶち抜いたものの、レンジの中に戻ってしまい、再度安値を目指すシナリオです。

白色のシナリオになってしまった場合、100万円あたりで多少支えられるものの、おそらく下にブっこんでくると考えてます。

まとめ

昨日の大幅下落でZaifとbitFlyerの2社を利用していましたが、両方ともシステムが不安定でトレードにならなかったですね・・・。

もうFX(外国為替)に戻ろうかなと思いましたが、昔のFX業者もシステムが不安定だったのを今思い出しましたw

CoincheckのXEMハック騒動で仮想通貨に対して不信感を持つ人は多くなったと思いますが、それは取引所の問題であり仮想通貨のセキュリティとは全く関係ありません。

そういった意味では取引所に課題とリスクはありつつも、XEMを含め技術的に優れている仮想通貨は、今後ますます飛躍と発展をしていくのは容易に想像できます。

しばらくはリスクを取らない大衆の目は仮想通貨に対して冷やかかもしれませんね。しかし、そういう人たちは結局今のポジションに甘んじて安堵しているだけです。

心の中で「ほらみろ、言わんこっちゃない」と思って勝ち誇ってるかもしれませんw

ただし、最後はリスクテイクした人が勝ちます。資本主義の世界は弱肉強食です。あなたはどちらになりますか?


コメントは利用できません。

関連記事


おすすめVISAデビットカード一覧


おすすめ記事


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

スポンサーリンク



ピックアップ記事

  1. 【口コミ】Binanceで分散投資しよう!草コインの有望銘柄を探すメリット・デメリット徹底解説

    私がBinance(バイナンス)を知ったキッカケは、2017年に起きた分裂祭りでビットコインのハード…
  2. 【口コミ】初心者におすすめの仮想通貨ビットコインの取引所ランキングまとめ!

    仮想通貨を取り扱っている取引所は複数社ありますが、取扱い銘柄が違ったりレバレッジ倍率が異なったりと取…
  3. 仮想通貨の投資初心者におすすめの取引所はZaif!ビットコイン取引の始め方を徹底解説

    ビットコインなど仮想通貨に将来性を感じてこれから投資を始めたいと考えている人向けの解説記事です。…
  4. 新生銀行のVISA海外プリペイドカードGAICAの口コミ・評判と4つのデメリットを徹底解説

    新生銀行のグループ会社アプラスが発行するGAICAは、13歳以上なら誰でも申し込める年会費無料のプリ…
  5. 【口コミ】海外旅行におすすめ!キャッシュパスポートの評判と4つのデメリットを徹底解説

    キャッシュパスポートは、スペアカードがあったり24時間365日のアシスタントサービスが用意されていた…

ICOプロジェクト

  1. 1

  2. 2

  3. 3

  4. 4

  5. 6

ランキング一覧