【仮想通貨GVT】Genesis Visionとは?将来性の考察と買い方 – 金融市場の透明性と信頼性を実現するICOプロジェクト

以下、ホワイトペーパーより紹介文を抜粋

Genesis Visionは、ブロックチェーン技術とスマートコントラクトで構築したプライベート・トラスト管理市場のプラットフォームです。そして、Genesis Visionが掲げていることは、取引所・ブローカー・トレーダー・投資家を分散ネットワークに組み込むことで、オープンで公正な金融市場をよりグローバル化にすることです。

Genesis Visionのプラットフォームの基礎となるスマートコントラクトは、投資と利益配分のために自動化された完全に透明なシステムを提供し、「情報の欠如」「透明性の欠如」「信頼の欠如」を解決します。

Genesis VisionのGVT(Genesis Visionの通貨)は、投資業務と利益配分に使われます。

Genesis Visionが掲げるマーケット管理のスキーム

従来の信託管理システムは、投資家にとってブラックボックスであり、どのような活動を行っているのか常に知られているわけではありません。

投資家が使っているソフトウェアは、財務マネージャーに資金を振り替え、利益を受け取るのを待っているのが現状です。(投資家は自分の資金をコントロールする機会がありません。)

さらに、信託管理システムは、投資家に技術的な能力や資金の使用方法についても提供してくれません。

最も私が問題だなと感じたのが「投資家自身がファンドのパフォーマンス統計に関する検証方法がない」ことです。この問題がブラックボックスと言われている所以なのかもしれませんね。

こういったブラックボックスの状況をGenesis Visionのプラットフォームを利用することで、透明性を確保し情報の信頼性を担保することが可能になるというわけですね。

Genesis Visionの問題定義

業界の着実な成長にもかかわらず、既存の信託管理の仕組みは、現代の投資家や管理者の要件を満たしていません。

Genesis Visionが定義する問題は、投資家にとって信頼できる情報や統計データが統合されていないことです。

情報の透明性が欠如しているため、投資家の選択肢が限られたものになり、結果的にマネージャーの新たな資金調達を難しくします。

それから、信託管理市場(投資信託)における不正行為によって市場に対する投資家の信頼性が低下していることにも言及しています。これはモラルの問題だと思いますが、不透明さゆえに起こる問題だと捉えることもできますね。

Genesis Visionのソリューション

過去10年間、信託管理市場がもたらす既存の問題は、大きな変化をしていません。Genesis Visionは、この問題を解決するためにブロックチェーン技術を利用し、透明性と効率性を実現する活動を行います。

Genesis Visionが掲げるブロックチェーン技術は、信託管理市場を技術レベルで解決できると考えています。これは、デジタル世代の投資家や企業の注目も集めます。

具体的には、ブロックチェーンに記録された情報を開示し、スマートコントラクトによって投資や利益配分までのプロセスを透明かつオープンにすることです。

情報や利益配分のプロセスが全て透明かつオープン化されたら投資家にとって有益な判断もしやすく、フェアに投資活動が行えます。

結果、マネージャーに資金を預け、安心して運用することにも繋がりますし、マネージャーにとってもまた資金を集めやすくなります。

投資活動に関わる人たちがみんなオープンで公正な情報にアクセスできることは、市場への信頼性にも繋がりますね。

Androidアプリのみですが、デモ版もあるので気になる方は下記のリンクからダウンロードしてみてください。

Genesis Visionの将来性

Genesis Visionが定義する問題は投資活動を行う投資家にとって、有意義なソリューションだと思います。また、透明性と信頼性がGenesis Visionによって実現すると、延(ひ)いてはマネージャー、ブローカーにも良い結果を生みます。

Genesis Visionの活動が投資家に認知され、この好循環が生まれたら当然Genesis Visionのプラットフォームで使われるGVT(通貨)が買われるため、価格上昇も期待できます。

肝心なGVTの価格ですが、Binanceに上場してから最大18倍まで膨れ上がりました。テクニカル的にも移動平均線から反発し、非常に良いチャート形状だと思います。

GVTを買うなら下がったところを丁寧に押し目を拾っていくのがベストです。

GVTの現在値

 

GVTの買い方

将来有望な草コインは世界一の取引高を誇るBinanceで購入することができます。Binanceは日本円を入金できないのでビットコインかイーサリアムを送金して入金する必要があります。

ビットコインまたはイーサリアムを持っていない方は、国内取引所で一番お得に買えるZaifで口座開設してください。Zaifでビットコインかイーサリアムを買ったらBinanceの指定アドレスにZaifから送金手続きを行います。

今はビットコインよりイーサリアムの方が送金スピードが速いのでイーサリアム建てで購入するのが良いかもしれませんね。イーサリアムのスマートコントラクトはビジネスで応用される技術でもあるため、将来有望な銘柄です。

Binanceへの入金方法

指定の銘柄を検索

下記の例はビットコイン建てのペアですが、赤枠で囲った検索ボックスに探したい銘柄キーワードを入力します。Binanceの取扱い銘柄は100種類を超えるので検索機能を使うと便利です。

対象銘柄の買い方

左側のAmountボックスに買い付けたい数量を入力します。下記の例は価格を指定して買い付ける指値注文ですが、今すぐ買いたい方は、オレンジ色で囲った「Market」タブをクリックすると成行注文で発注することもできます。

取引画面も見やすく特に迷うことなく使えると思うので、ぜひ草コインの投資にチャレンジしてみてくださいね。


コメントは利用できません。

関連記事


おすすめVISAデビットカード一覧


おすすめ記事


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

スポンサーリンク



ピックアップ記事

  1. 【口コミ】Binanceで分散投資しよう!草コインの有望銘柄を探すメリット・デメリット徹底解説

    私がBinance(バイナンス)を知ったキッカケは、2017年に起きた分裂祭りでビットコインのハード…
  2. 【口コミ】初心者におすすめの仮想通貨ビットコインの取引所ランキングまとめ!

    仮想通貨を取り扱っている取引所は複数社ありますが、取扱い銘柄が違ったりレバレッジ倍率が異なったりと取…
  3. 仮想通貨の投資初心者におすすめの取引所はZaif!ビットコイン取引の始め方を徹底解説

    ビットコインなど仮想通貨に将来性を感じてこれから投資を始めたいと考えている人向けの解説記事です。…
  4. 新生銀行のVISA海外プリペイドカードGAICAの口コミ・評判と4つのデメリットを徹底解説

    新生銀行のグループ会社アプラスが発行するGAICAは、13歳以上なら誰でも申し込める年会費無料のプリ…
  5. 【口コミ】海外旅行におすすめ!キャッシュパスポートの評判と4つのデメリットを徹底解説

    キャッシュパスポートは、スペアカードがあったり24時間365日のアシスタントサービスが用意されていた…

ICOプロジェクト

  1. 1

  2. 2

  3. 3

  4. 4

  5. 6

ランキング一覧