【仮想通貨BNT】Bancorとは?将来性の考察と買い方 – 準備金モデルとトークンリレーで流動性問題を解決するICOプロジェクト

Bancor(バンコール)について自分自身で調査し勉強した結果、仮想通貨市場の革命を起こす可能性のあるICOプロジェクトだと感じました。

ビットコインやイーサリアム、リップル、ネムなど国内で人気のある仮想通貨メインで取引していると理解しづらいかもしれませんが、知名度が低いマイナーコインは常に流動性の問題を抱えています。

流動性の問題とは、売りたくても買い手がいないために売れない状況を言います。(逆に買いたくても売り手がいなくて買えない状況もあります。)

この問題を解決しようとするICOプロジェクトがBancorです。

トークンエコノミーの肝となるBancorプロトコル

ビットコインやネムなどの仮想通貨、あるいはイーサリアム上で発行されたAuger(REP)は、デジタルトークンとなります。トークンエコノミーは、これらデジタルトークン同士を交換できるようにして相互に影響を与え合うネットワークを形成します。

しかし、独自の経済圏を生み出すためには、一定の流動性も必要になってきます。また、マイナーコイン(ICO)の乱立により、流動性の問題は必ずついてきます。

流動性の問題について、株式投資をイメージすると分かりやすいです。

例えば、あまり取引されないマイナー銘柄を購入したとします。買ったはいいものの、売りたい時に買ってくれる人がいないため、損切りしたくてもできない、換金したくてもできない問題に直面します。これを流動性が低い・流動性リスクと表現します。

そうすると売り手は、安値でもいいから売りさばきたいと考えます。需要(買い手)がいないため、売却価格を下げてなんとか売ろうとします。結果、価格は暴落します。

こういった流動性リスクを解決しようと立ち上がったのがBancorです。

流動性リスクを解決するためにBancorは準備金モデルを考案

ニクション・ショックにより終焉を迎えた金本位制の時代では、米ドルの価値を担保していたのは金(ゴールド)でした。そのため、中央銀行はいつでも米ドルをゴールドに兌換(だかん)できるように準備金として保有していました。

これをICOに置き換えると、トークンの発行主体であるプロジェクトに一定量の準備金を用意してもらうことで売りたくても売れない問題を解決します。

しかし、これだけでは準備金が枯渇する問題を抱えたままです。そこでBancorは、準備金モデルによる流動性リスクの解決を図るだけでなく、価格と供給量を動的に調整する計算モデルを考案しました。

価格と供給量を動的に調整する計算モデル

上記の計算モデル(方程式)にある「準備金残高」は、金本位制でいう中央銀行の金保有量を意味します。

固定準備率(Weight)は、ICOの際に集めた準備金のうち、Xパーセントを準備金残高として保有する割合です。固定準備率のパラメータ決定モデルは不明です・・・。

トークン購入者の支払いは、トークン発行体の準備金残高に追加されます。増えた準備金残高がトークン時価総額のX%(固定準備率)になるよう価格と総発行量を調整します。

実際の計算モデルに当てはめて計算してみましょう。

  • BancorがBNTを発行して100万ETHを集めたとします
  • レートは1BNT=1ETH
  • 100万BNTのトークンを発行します
  • 100万BNTの内、20万ETHは準備金残高として保有します
  • このときの固定準備率を20%とします

上記を前提に方程式に当てはめると

20万 ÷ (100万 × 20%) = 1.0(ETH/BNT)

ここである投資家が500ETHを使ってBNTを購入したとします。方程式は下記になります。

トークン総発行量 × ( ( 1 + 購入量 ÷ 準備金残高 ) ^ 0.2 -1 )

この方程式で計算した結果、499.5BNTが算出されます。本来500BNTを買い付けたはずが、0.5BNT足りないのは価格決定プロセスの仕組みにあります。

500BNTの購入によってどのようなレート変化が起こるのか、先ほどの方程式に当てはめると

200,500 ÷ ( (1,000,000 + 499.5) × 20%) = 1.002(ETH/BNT)

500BNT購入すると1.002となり、BNTの価格が上がったことが分かります。逆に売られた場合、準備金残高からその対価が支払われ、準備金残高から減少します。その際は当然BNTの価格は下がります。

その際の計算モデルもしっかり定義されています。

計算モデルの参考サイト

トークンリレーでマイナーコインの流動性を解決する

トークンリレーとは、2種類のコネクタートークンを持つことで瞬時にマイナーコインと交換できる仕組みを言います。

Bancorネットワークのトークンリレーを使えば、マイナーコインが売れなくても他のコインに即交換できるため、流動性リスクも解決できるし、わざわざ中央集権的な取引所を介さなくてもよくなるわけですね。

GNOBNT(オレンジ色)のコネクトトークンは、BNTとGNOそれぞれのWeightが100%になるように保持します。

このGNOBNTを介して「ETH → BNT → GNOBNT → GNO」というトークンリレーをすることでBNTとGNOが交換できるようになります。

ただし、利用者はコネクトトークンを意識する必要はありません。

Bancor Relyas

こちらはBancorが開発した実際のトークンリレーの画面です。左上にあるのがGNOBNTのトークンリレーになります。マイナーすぎて初めてみるトークンだらけですが、トークンリレーを介すことでマイナーコインの流動性を改善できます。

しかも交換時は手数料ゼロで実現できるのが大きなポイントです。これはすごい・・・。もう取引所いらないじゃんって感じですねw

トークンバスケットで複数のコインをまとめた分散投資も可能

Bancorの機能にトークンバスケットという概念があります。例えば、上記の図にあるGNO・REP・STX・BNTそれぞれ25%のコネクトトークンを保持したスマートトークン(オレンジ色)を発行したとします。

スマートトークンの仮名称は頭文字をとって「G・R・S・Bトークン」としましょう。

G・R・S・Bトークンを買うということは、それぞれのトークンを買っている事になるので分散投資をしたことと同義になります。

株式で説明すると日経225やNYダウなどの株価指数をイメージするとピンとくると思います。仮想通貨版のETFとも言えますね。

ここまでのBancorをまとめると

  • Bancorプロトコルでトークンエコノミーネットワークを形成する
  • 準備金モデルで流動性リスクを解決する
  • 価格と供給量を動的に調整する計算モデルで準備金モデルを担保する
  • トークンリレーでマイナーコインの流動性を改善する
  • トークンバスケットで分散投資が可能となる
  • 主要取引所に上場すらしていないトークンをスプレッドなしで瞬時に売買できる
  • 本人確認といった口座開設審査が不要
  • もはや取引相手がブラウザw

Bancorの将来性

BNTの価格が今後どうなるか分かりませんがICOが乱立している昨今、Bancorの技術とコンセプトは間違いなく需要があります。

コネクトトークンを介してマイナーコインを買い付けることで、マイナーコインの価格形成がどのような結果を生むのかも大変興味深いです。

いずれにせよ、Bancorを調べた結果、中長期でガチホしていきたい銘柄と判断しています。

チャートの形状も非常に良い形です。Binanceに上場してから最大3倍くらいまで伸びましたが、現在は約2倍で落ち着いてます。

BNTはこれからって感じがしますね。草コインで一発逆転狙っている人はBNTに注目ですよ!

Bancorの現在値

 

BNTの買い方

将来有望な草コインは世界一の取引高を誇るBinanceで購入することができます。Binanceは日本円を入金できないのでビットコインかイーサリアムを送金して入金する必要があります。

ビットコインまたはイーサリアムを持っていない方は、国内取引所で一番お得に買えるZaifで口座開設してください。Zaifでビットコインかイーサリアムを買ったらBinanceの指定アドレスにZaifから送金手続きを行います。

今はビットコインよりイーサリアムの方が送金スピードが速いのでイーサリアム建てで購入するのが良いかもしれませんね。イーサリアムのスマートコントラクトはビジネスで応用される技術でもあるため、将来有望な銘柄です。

Binanceへの入金方法

指定の銘柄を検索

下記の例はビットコイン建てのペアですが、赤枠で囲った検索ボックスに探したい銘柄キーワードを入力します。Binanceの取扱い銘柄は100種類を超えるので検索機能を使うと便利です。

対象銘柄の買い方

左側のAmountボックスに買い付けたい数量を入力します。下記の例は価格を指定して買い付ける指値注文ですが、今すぐ買いたい方は、オレンジ色で囲った「Market」タブをクリックすると成行注文で発注することもできます。

取引画面も見やすく特に迷うことなく使えると思うので、ぜひ草コインの投資にチャレンジしてみてくださいね。


コメントは利用できません。

関連記事


おすすめVISAデビットカード一覧


おすすめ記事


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

スポンサーリンク



ピックアップ記事

  1. 【口コミ】Binanceで分散投資しよう!草コインの有望銘柄を探すメリット・デメリット徹底解説

    私がBinance(バイナンス)を知ったキッカケは、2017年に起きた分裂祭りでビットコインのハード…
  2. 【口コミ】初心者におすすめの仮想通貨ビットコインの取引所ランキングまとめ!

    仮想通貨を取り扱っている取引所は複数社ありますが、取扱い銘柄が違ったりレバレッジ倍率が異なったりと取…
  3. 仮想通貨の投資初心者におすすめの取引所はZaif!ビットコイン取引の始め方を徹底解説

    ビットコインなど仮想通貨に将来性を感じてこれから投資を始めたいと考えている人向けの解説記事です。…
  4. 新生銀行のVISA海外プリペイドカードGAICAの口コミ・評判と4つのデメリットを徹底解説

    新生銀行のグループ会社アプラスが発行するGAICAは、13歳以上なら誰でも申し込める年会費無料のプリ…
  5. 【口コミ】海外旅行におすすめ!キャッシュパスポートの評判と4つのデメリットを徹底解説

    キャッシュパスポートは、スペアカードがあったり24時間365日のアシスタントサービスが用意されていた…

ICOプロジェクト

  1. 1

  2. 2

  3. 3

  4. 4

  5. 6

ランキング一覧