【2/6】ビットコイン80万円割れで下落トレンド再開!どこまで下がるか予想してみる

一度80万円から100万円まで反発しましたが、そこから戻り売りによって80万円を割りこみ安値を更新したことから下落トレンドが再開しました。

ビットコインの現物保有者にとってかなりきつい局面に入ってきてます。この局面でやってはならないのが値ごろ感による買いです。安くなったからと言って買い向かうと落ちるナイフを拾うようなものです。

100万円を割ったことで目先80万円まで下落すると予想しましたが、そこからいったん反発したことからドンピシャで予想が当たりましたw

Zaifのビットコインだけおもいっきり100万円ぶち抜き、安値95万円をつけました(2/1 19:00)。それから他の取引所も追随するかのように暴落し始めましたが、おそらく目...

 

そして80万円を割り込めば50万円まで下落するとも予想しました。50万円まで下落すると、おそらく高確率でトレンドが発生した20万円まで落ちると予想します。一時的に反発局面はあるかもしれませんが、買いを仕込むなら20万円台からですね。

ビットコイン取引時の注意点

下落局面ならショートを仕掛ければ利益を獲りやすい局面ですね。ただし、注意点として下記の3つは意識しておきましょう。

  • ZaifのDBメンテナンスのお知らせ
  • システム負荷によるサバ落ち
  • スプレッドが広がる
  • 置いて行かれたら戻りを待つ

ZaifのDBメンテナンスのお知らせ

2/6 13:30~18:30の間にZaifのDBメンテナンスが行われます。メンテナンスは、データベースサーバーのアップグレードと告知がありました。

パフォーマンスチューニングやデータベースサーバーの増強をしてくれると、多少なりとシステム増強に繋がりますね。この点は期待したいです。

Zaifはシステムが弱いため、ビットコイン相場が荒れると注文が通らない、ログインできないなどシステムリスクが顕在化します。

ご愛嬌のところもありますが、システム負荷で決済できなかったことで大きな含み益が一転、急激な反発でおもいっきり損切りに遭った経験があることから、実際当事者になると笑えないですね。この問題で一度資金吹っ飛ばしたことがあるので、さっさとシステム投資を行ってほしいものです。

システム負荷によるサバ落ち

Zaifが最も顕著ですが、国内取引所のどこもビットコイン相場が荒れると注文が通りづらくなったり、システムが落ちることは多々あります。

国内大手bitFlyerでもよく起こるので、相場が荒れてるときは静観したりポジション数量を落としたり、何かしら対処しておくのがベターですね。

ZaifやbitFlyerがシステム負荷で注文が出せないときに、GMOコインやDMM Bitcoinはしっかり動いているのでこの2社にも念のため口座開設しておいて、システムリスクのヘッジはしておいた方がいいです。

GMOコインとDMM Bitcoinは相対取引となり、サービス内容はほぼ似ています。しかし、実際に使って見るとスプレッドの動きやレバレッジ水準が異なります。結論から行くとG...

 

スプレッドが広がる

2Way方式のGMOコインとDMM Bitcoinを利用する際に注意したいのがスプレッドの広がり方です。

この2社はZaifとbitFlyerよりシステムはしっかりしている印象を持っています。

ただし、相場が荒れると絶句するくらいスプレッドが開く時があるので、そのときは注文を控えてください。スプレッド負けしないためには、しっかりプライスを見て慌てず相場が落ち着いてから入るようにしましょう。

それからGMOコインとDMM Bitcoinは毎週水曜日の昼以降からシステムメンテナンスが入ります。もしもポジションを持っているとメンテナンス時間がリスクになるので、業者のサービス概要をしっかり把握してから取引するようにしてください。

置いて行かれたら戻りを待つ

ずるずる下がっているチャートを見ていると、置いて行かれたくないという焦燥感から慌てて入ってしまいます。

そうすると急激な戻りでロスカットくらうので、大きな反発が入ったらトレンド方向に逆張りで入ると高確率で勝てます。

例えば下記のようなチャートです。

すでに80万円を下回って安値を更新している状況のチャートですが、私が予想している戻りは80万円~84万円なので、74万円から売りで入ると約10万円の反発に耐えなければなりません。

さすがに10万円の戻りはきついですよね。

明確な下落トレンドが出ているので慌てず戻りを待ってからの売りエントリーでもしっかり利益を獲れるので、狩場をじっくり待ちましょう。ナンパするときも自分のお気に入りが来るまで待ちますよねw

まとめ

私が予想した下落価格はあくまでも予想であって絶対ではありません。以前から口酸っぱく強調していますが、トレーダーなら予想屋ではなく、プライスアクションに対する「対処」が大切です。

そのためのトレードシナリオは、トレーダーにとって一つの作業と考えてます。それからビットコインが落ちてるときこそ、草コインへの投資も欠かせませんw

私がBinance(バイナンス)を知ったキッカケは、2017年に起きた分裂祭りでビットコインのハードフォークにいち早く対応する取引所であったこと、草コインと呼ばれるアル...


コメントは利用できません。

関連記事


おすすめVISAデビットカード一覧


おすすめ記事


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

スポンサーリンク



ピックアップ記事

  1. 【口コミ】Binanceで分散投資しよう!草コインの有望銘柄を探すメリット・デメリット徹底解説

    私がBinance(バイナンス)を知ったキッカケは、2017年に起きた分裂祭りでビットコインのハード…
  2. 【口コミ】初心者におすすめの仮想通貨ビットコインの取引所ランキングまとめ!

    仮想通貨を取り扱っている取引所は複数社ありますが、取扱い銘柄が違ったりレバレッジ倍率が異なったりと取…
  3. 仮想通貨の投資初心者におすすめの取引所はZaif!ビットコイン取引の始め方を徹底解説

    ビットコインなど仮想通貨に将来性を感じてこれから投資を始めたいと考えている人向けの解説記事です。…
  4. 新生銀行のVISA海外プリペイドカードGAICAの口コミ・評判と4つのデメリットを徹底解説

    新生銀行のグループ会社アプラスが発行するGAICAは、13歳以上なら誰でも申し込める年会費無料のプリ…
  5. 【口コミ】海外旅行におすすめ!キャッシュパスポートの評判と4つのデメリットを徹底解説

    キャッシュパスポートは、スペアカードがあったり24時間365日のアシスタントサービスが用意されていた…

ICOプロジェクト

  1. 1

  2. 2

  3. 3

  4. 4

  5. 6

ランキング一覧