【2/5】日経225とNYダウは調整なのか?バブル崩壊の始まりか?

日経225とNYダウが大暴落を記録しました。今朝(2/6)のニュースに出演していた経済評論家は、「調整売りの可能性があるので慌てないように注意したいですね」という他人事のような発言をしていましたw

天井かどうか確信を持つにはもう少し時間が必要ですが、私の見方は天井を付けたと予想してます。調整売りにしてはあまりにも暴落しすぎであり、金利の側面から見てもそろそろ株式市場の転換点に差し掛かっていると考えています。

日経225とNYダウの今後の動き

天井サインはチャートパターンなどで現れますが、上下に大きく振れ始めた際も注意が必要です。大きく下落した日経225とNYダウですが、空売り勢の利益確定による買い戻しも一気に入ってくるため、おそらく大きな反発が予想されます。

また、調整売りと判断している投資家も買い参入してくるため、しばらくは高値圏でもみ合うことも想定しています。

ただ、大きな陰線を作った株価指数は、このあたりで転換点を迎えたと判断してもいいかもしれませんね。こういった相場はボラティリティも上がってくるのでトレードもしやすい環境です。

アメリカ国際の短期・長期金利に注目

アメリカはすでに金融引き締めを始めていますが、現状の米国債金利は次のようになっています。

  • 1年物国債:1.84%
  • 2年物国債:2.06%
  • 3年物国債:2.23%

これは3年後の短期金利が2.23%まで上がっていることを意味します。ただし、政策金利に置き換えられる短期金利は、銀行株に影響を与えるくらいなので株式市場に大きな影響はないと考えられています。問題は、長期金利(10年債利回り)の動向です。

短期金利が上がれば当然長期金利を押し上げるのでじわりじわりと上がってきます。現状の長期金利は次のようになっています。

  • 10年物国債:2.75%

 

日銀もテーパリング(金融緩和の縮小)を始めており、10年債がマイナス金利から徐々に上がり始めてます。下記のチャートは直近5年間の日本国債の推移です。

 

金利が上がるとなぜ株式市場に影響が出るのか

一般的には金利が上がると株式市場に影響が出ると言われています。それは、企業の借入金による支払利息が業績を圧迫し始めたり、株式市場を支えるリスクマネーが安全資産となる国債や預貯金に流れることで相場が崩れやすくなるからです。

一例ですが消費活動となる住宅ローンの支払利息上昇により住宅購入の買い控えも業績に影響を与えます。

金融緩和の縮小、金利上昇時に投資戦略

中央銀行の政策金利に合わせて投資戦略を考えるなら株価指数の下落時でも利益出せるGMOクリック証券のCFDがおすすめです。CFDなら株価指数(レバレッジ最大10倍)でも売りから入れるため下落時でも利益を確保できますし、現物株式のヘッジにもなります。

⇒GMOクリック証券のCFDに関する口コミ記事はこちら

この記事を書いている最中にすでに日経225とNYダウが反発し始めてます。おそらく急激に戻しそうな感じもプンプンしますがどうでしょうか。

こういった大きな下落からのリバウンドは、利益をサクッと獲りやすいのでビットコインだけでなく、いろいろな銘柄をウォッチしておくとチャンスにありつけます。

それから参考までにUSDJPYとアメリカの10年債のグラフを作成したので張っておきます。

10年債の金利が上がれば米ドルが買われるので、普通に考えればUSD/JPYは買いになりますが、2012年以降全く相関性がないですねw


コメントは利用できません。

関連記事


おすすめVISAデビットカード一覧


おすすめ記事


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

スポンサーリンク



ピックアップ記事

  1. 【口コミ】Binanceで分散投資しよう!草コインの有望銘柄を探すメリット・デメリット徹底解説

    私がBinance(バイナンス)を知ったキッカケは、2017年に起きた分裂祭りでビットコインのハード…
  2. 【口コミ】初心者におすすめの仮想通貨ビットコインの取引所ランキングまとめ!

    仮想通貨を取り扱っている取引所は複数社ありますが、取扱い銘柄が違ったりレバレッジ倍率が異なったりと取…
  3. 仮想通貨の投資初心者におすすめの取引所はZaif!ビットコイン取引の始め方を徹底解説

    ビットコインなど仮想通貨に将来性を感じてこれから投資を始めたいと考えている人向けの解説記事です。…
  4. 新生銀行のVISA海外プリペイドカードGAICAの口コミ・評判と4つのデメリットを徹底解説

    新生銀行のグループ会社アプラスが発行するGAICAは、13歳以上なら誰でも申し込める年会費無料のプリ…
  5. 【口コミ】海外旅行におすすめ!キャッシュパスポートの評判と4つのデメリットを徹底解説

    キャッシュパスポートは、スペアカードがあったり24時間365日のアシスタントサービスが用意されていた…

ICOプロジェクト

  1. 1

  2. 2

  3. 3

  4. 4

  5. 6

ランキング一覧