【最新情報】モナコインをお得に買える取引所はZaifがおすすめ!販売所のbitFlyerは損します・・・

モナコイン(MONA)は2400円の高値をつけてからズルズルと400円台まで下がり、もはや上で買った人は相当含み損を抱えているのが想像できます。

一方、これから仮想通貨を始める方やモナコインをこれから買おうとしている人にとってはチャンス到来です。買い場が来たと言っても過言ではないです。

2018年1月に入ってからビットコインを筆頭に仮想通貨は全体的に暴落しました。そのため、投資家の仮想通貨に対する見方(心理)はかなり冷え切ったと思いますが、悲観相場になっているからこそ今が買い場(仕込み時)だと判断しています。

モナコインを買うに当たって重要なのが「どこの取引所で購入するか?」です。ここでは、モナコインはどこで買った方がお得なのか価格を比較しながら紹介します。

モナコインはどの取引所がおすすめ?比較してみた

モナコインを取り扱っている国内取引所は次のとおりです。

取引所モナコイン価格メイカー手数料テイカー手数料
Zaifザイフ412.000円0.0%0.1%
BitTradeビットトレード412.990円0.30%0.70%
bitbankビットバンク412.980円無料無料
bitFlyerビットフライヤー452.612円無料無料

そして同時間帯でモナコインの買付価格を調査した結果、Zaifが一番お得に買えることが分かりました。

ZaifとbitFlyerの価格差は約39円ですが、具体的な金額で計算すると違いを実感できます。ここでは5万円分のモナコインを買ったときの計算例を示します。

  • Zaif
    5万円 ÷ 412.000円 = 121MONA
  • bitFlyer
    5万円 ÷ 452.612円 = 110MONA

上記金額の差額は11MONA(121 – 110)になります。11MONAを500円で換算した場合、bitFlyerで買うと5,500円も損することになります。10万円分なら約1万円も差が出てくる計算ですね。

それから取引手数料が無料になる取引所もありますが、手数料を加味してもZaifの方が安く調達することができます。念のため、同タイミングで取得したキャプチャも張っておきますね。

Zaif

bitFlyer

bitbank

BitTrade

bitFlyerはなぜモナコインが高いのか

bitFlyerは他の取引所と違って販売所形式でモナコインを売っています。販売所は、市場価格に対してスプレッド手数料を上乗せしているため、取引所より高くなっています。

取引所は市場価格から直接モナコインを買うことができるため、投資家同士の需給がマッチさえすれば販売所よりお得に買えます。

販売所を利用するメリット・デメリット

販売所はお店でコインを買うのと同じなので、指定した数量を提示レートで買い付けることができます。また、買う方法もレートをクリックするだけなので操作もシンプルです。販売所は、初心者向けのサービスですね。

ただ、何度も販売所で売買を繰り返すとスプレット(手数料)で間違いなく損するので、なるべく板形式の取引所を介してモナコインを買うようにしてください。

取引所を利用するメリット・デメリット

板形式の取引所を利用するメリットは、市場価格で買い付けることができる点です。初心者の方にとって初めての板形式は、イマイチよく分かりづらいかもしれませんが、慣れてしまえばすごく簡単なので学習コストと割り切ってしっかり乗り越えてください。

デメリットとしては、100MONAを400円で買います!と板に注文を出しても、その価格と数量で売ってくれる人がいないと取引は成立しません。

モナコインの取引ボリュームはZaifが世界一

こちらの円グラフはCoinGeckoから取得した24時間以内の取引ボリュームです。

モナコインの取引ボリュームは、約80%がZaifで締められています。しかも円建てで80%買われているため、日本人のモナコインホルダーはほとんどZaifを活用しているのが分かりますね。

将来的にはBitTradeやbitbankも食い込んでくる可能性はありますね。

Zaifの積立コインは忙しい人向けのサービス

Zaifは国内取引所で唯一積立コインを展開しています。積立コインは、毎月の投資額を設定し、日割り計算して自動的に毎日モナコインを買い付けることができます。

途中でリバランスの設定もできるので、モナコインが上がってきたら買付け数量を落とすなど調整もできます。

積立コインは完全放置で投資できるため、普段仕事などで相場が見れない人におすすめのサービスです。

ただ相場をしっかり確認できる人は、取引所に指値注文を発注しておけば同じことができるので、無駄な手数料を節約するためにもなるべく取引所を介して買うようにしてください。

私は過去に初心者が仮想通貨を始めるならZaifの積立コインがおすすめと紹介してきましたが、考えを改めて積立コインは利用しない方が良いと思うようになりました。ここ...

 

Zaifの簡単売買は使わないようにしよう

Zaifを利用する際に注意したいのが簡単売買です。簡単売買は販売所と同じ形式のため、割高の価格になっています。

まぁそれでもbitFlyerよりは良心的ですけどねw

簡単売買を利用する唯一のメリットは、Zaifの取引所で売却できない端数のモナコインを簡単売買ならJPYに戻すことが(売却)できる点ですね。それ以外は使い道がありません。

Zaifのチャット民は仲間意識が強い

モナコインの話から少しずれますが、bitFlyerやCoincheckは殺伐として煽りもひどいですが、Zaifのチャット民はすごく平和なんですよねw

システム負荷で注文が出しづらい状況でもなぜかチャットだけは正常稼働し続けるため、チャット専用の取引所かよ!とツッコミを入れたくなるぐらい、チャットシステムは頑強ですwww

まとめ

狼狽売りで暴落したモナコインですが、仕込み時は今でしょ!と判断したため、暴落後にZaifで少し買いました。

将来の価格はどうなるか分かりませんが、ここまで暴落したモナコインは割安感ありますよね。今が底値だった!と言えるのはもう少し先になるかもしれませんが、日足チャートを見る限り下落の勢いは徐々に落ち着き始めてます。

信用売りの買い戻しもどこかで入るはずなので、いずれ反発することが予想されます。その前に買い込んでおき、反発時に売却する予定です。


コメントは利用できません。

関連記事


おすすめVISAデビットカード一覧


おすすめ記事


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

スポンサーリンク



ピックアップ記事

  1. 【口コミ】Binanceで分散投資しよう!草コインの有望銘柄を探すメリット・デメリット徹底解説

    私がBinance(バイナンス)を知ったキッカケは、2017年に起きた分裂祭りでビットコインのハード…
  2. 【口コミ】初心者におすすめの仮想通貨ビットコインの取引所ランキングまとめ!

    仮想通貨を取り扱っている取引所は複数社ありますが、取扱い銘柄が違ったりレバレッジ倍率が異なったりと取…
  3. 仮想通貨の投資初心者におすすめの取引所はZaif!ビットコイン取引の始め方を徹底解説

    ビットコインなど仮想通貨に将来性を感じてこれから投資を始めたいと考えている人向けの解説記事です。…
  4. 新生銀行のVISA海外プリペイドカードGAICAの口コミ・評判と4つのデメリットを徹底解説

    新生銀行のグループ会社アプラスが発行するGAICAは、13歳以上なら誰でも申し込める年会費無料のプリ…
  5. 【口コミ】海外旅行におすすめ!キャッシュパスポートの評判と4つのデメリットを徹底解説

    キャッシュパスポートは、スペアカードがあったり24時間365日のアシスタントサービスが用意されていた…

ICOプロジェクト

  1. 1

  2. 2

  3. 3

  4. 4

  5. 6

ランキング一覧