NEO MONEYは磁気ストライプカードだからセキュリティに脆弱性がある

磁気ストライプ型のカードに関する脆弱性

NEO MONEYがセキュリティに脆弱な理由

近年、クレジットカードやキャッシュカードの不正利用による被害が急増しています。

海外渡航者がもっとも注意しなければならないのが、カードの不正利用です。

日本国内にいると、治安があまりにも良いことから、カードが不正利用されるような恐怖心がありません。しかし、海外にその常識を持ち込むと痛い目に合います。

NEO MONEYのような磁気カードは、磁気リーダーを使用すると容易に読み取れてしまうため、ICチップと比べると安全性が高いとは言えません。 

赤い枠の箇所が磁気部分

NEO MONEYNEOMONEY2

NEO MONEYは、利用したときに受付メールが届くので、不正利用されても気付ける可能性もありますが、登録しているメールアドレスがフリーメールのような確認頻度が少ないメールを登録していると、ほとんどの利用ユーザーは問題に気付くことはできません。

また、サポートデスクに連絡した時点でチャージ残高が補償されるとしても、不正利用されるリスクがそもそも問題だと思います。

ICチップ未対応のカードは不正利用の対象

業者側でカードを発行する際、当然ながらコストがかかっているはずです。

磁気カードは、ICチップより安価にできるため、コスト的にはやさしいかもしれませんが、ユーザー目線で立つと、そこはお金をかけてでもセキュアなカードにしてほしいところです。

NEO MONEYは海外プリペイドカード事業に参入した時期は早かったため、知名度はあると思います。しかし、知名度だけで判断すると、問題に気付くことができません。

ICチップに対応しているカード

カードの不正利用を防ぐひとつの手段としてICチップがあります。

ICチップは、情報を保護するために高度な暗号化技術が埋め込まれているため、第三者が情報を読み取ることはできません。海外プリペイドカードの中でもICカードに対応しているは、マネパカードです。

スキミング等の詐欺によって一度情報が抜かれてしまったら、不正利用されるまで気付けません。もしも、不正利用されてしまったらその場で対策できるのは利用停止処置だ...


コメントは利用できません。

関連記事


おすすめVISAデビットカード一覧


おすすめ記事


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

スポンサーリンク



ピックアップ記事

  1. 【口コミ】Binanceで分散投資しよう!草コインの有望銘柄を探すメリット・デメリット徹底解説

    私がBinance(バイナンス)を知ったキッカケは、2017年に起きた分裂祭りでビットコインのハード…
  2. 【口コミ】初心者におすすめの仮想通貨ビットコインの取引所ランキングまとめ!

    仮想通貨を取り扱っている取引所は複数社ありますが、取扱い銘柄が違ったりレバレッジ倍率が異なったりと取…
  3. 仮想通貨の投資初心者におすすめの取引所はZaif!ビットコイン取引の始め方を徹底解説

    ビットコインなど仮想通貨に将来性を感じてこれから投資を始めたいと考えている人向けの解説記事です。…
  4. 新生銀行のVISA海外プリペイドカードGAICAの口コミ・評判と4つのデメリットを徹底解説

    新生銀行のグループ会社アプラスが発行するGAICAは、13歳以上なら誰でも申し込める年会費無料のプリ…
  5. 【口コミ】海外旅行におすすめ!キャッシュパスポートの評判と4つのデメリットを徹底解説

    キャッシュパスポートは、スペアカードがあったり24時間365日のアシスタントサービスが用意されていた…

ICOプロジェクト

  1. 1

  2. 2

  3. 3

  4. 4

  5. 6

ランキング一覧