JTB発行MoneyT Globalの口コミ・評判と2つのデメリットを徹底解説

旅行会社で有名なJTBが発行するMoneyT Global(マネーティーグローバル)は、日本円をチャージするだけでショッピングに使えたり、Visa・PlusマークのあるATMから現地通貨を引き出せる海外プリペイドカードです。

ここでは、実際にMoneyT Globalを使ってみて感じたメリット・デメリットを紹介します。

円高時に有利なレートで海外ショッピングができる

MoneyT Globalは外貨をチャージするのではなく、日本円をチャージするタイプの円建てカードです。円建てカードの強みは、為替が円高になると相対的に有利なレートで海外ショッピングができることです。

例えば、海外で100ドルのショッピングをしたら・・・

  • 1ドル=120円(円安)時に100ドルのショッピングをした場合

    120円(VISA決済レート) × 100ドル = 12,000円

  • 1ドル=100円(円高)時に100ドルのショッピングをした場合

    100円(VISA決済レート) × 100ドル = 10,000円

実際に計算してみると、2,000円もの違いが出ているのが分かりますよね。これが1,000ドル分となると、なんと2万円の差も出てきます。これは、海外ATM引き出し(100ドルの引き出し)時も同じことが言えます。

日本円をチャージして使うMoneyT Globalは、為替レートの水準が円高になると、ショッピングやATM引き出しがいかに有利(お得)になるか分かりますね。

米ドルに限らず、ユーロやポンド、アジア通貨(人民元・韓国ウォンなど)も同じ原理です。

円安・円高ってなに?

そもそも円安・円高ってなんだっけ?という方は、下記の図を参考にご覧頂くと分かりやすいです。下記の図は、「同じ洋服」を日本国内とアメリカで買ったときの参考例です。

円安

アメリカにある洋服店では、ワイシャツが100ドルで販売されていました。日本国内でも同じワイシャツが10,000円で売られています。

この時の為替レートが「1ドル=110円」だった場合、MoneyT Globalで100ドルのワイシャツを購入すると、円換算してから残高から引かれるため、11,000円かかったことになります。

円高

逆に円高の場合、アメリカではワンピースが100ドルで販売されていました。日本国内でも同じワンピースが10,000円で売られています。

この時の為替レートが「1ドル=90円」だった場合、MoneyT Globalで100ドルのワイシャツを購入すると、先ほどと同様に円換算してから残高から引かれるため、9,000円かかったことになります。

これが円高と円安の違いです。

MoneyT Globalで海外ショッピングやATM引き出したとき、円換算するために必ず為替レートが用いられます。その時の為替レートが1ドル=110円だろうが、1ドル=90円だろうが実のところ有利(お得)かどうか判断できません。

何が言いたいかというと、物価と為替レートは対で考える必要があります。本当にお得だったかどうかは、日本と外国で同じ商品を購入したときに初めて分かります。

いずれにせよ、対外国通貨に対して日本円が強くなれば、MoneyT Globalも必然とお得に海外ショッピングやATM引き出しができると考えて問題ありません。

両替不要!日本円をチャージするだけで世界中で使える

外貨に不慣れな海外旅行者は、MoneyT Globalがおすすめです。米ドルなど外貨は、小数点表記になるため、日本円に慣れきっていると、なかなかしっくりこない数字ですよね。

外貨をチャージするタイプの海外プリペイドカードもありますが、残高はやはり日本円の方が見やすいです。

帰国後もわざわざ外貨から日本円に戻す必要もないため、無駄な両替手数料を取られる心配もありません。

MoneyT Globalは、日本円を入金して使う円建てカードですが、VISA加盟店ならどこでもカード決済に使うことができます。

その際にかかる海外事務手数料は5%となっていますが、外貨両替なしで使えるカードなので非常にシンプルです。

海外ATMの使い方もかんたん

ATM引き出しも同様にVisa・Plusマークがある機器なら、どこでも利用可能です。その際は、1回あたり200円の引き出し手数料がかかります。

引き出しはこまめにやるのではなく、なるべく1回で必要な金額をおろすようにするのが手数料を節約するコツです。

下記の画像は、香港@尖沙咀(チムサーチョイ)で500香港ドルをATMで引き出した際の操作方法と利用明細です。

ATM手数料は引かれるものの、日本円に自動換算されて残高から引かれるようになっています。

自動的に円換算してくるため、残高管理はあくまでも日本円を意識すればOKです。

MoneyT GlobalをATMで使うことを検討している方は、海外ATM手数料を無料にできるGAICAも検討してみてください。

新生銀行のグループ会社アプラスが発行するGAICAは、13歳以上なら誰でも申し込める年会費無料のプリペイドカードです。最近では、国内でも利用できるようになったり、IC...

残高状況をメールから把握できる

下記の画像は、MoneyT Globalを使った直後に送信されてきたメール内容です。赤枠で囲った箇所が実際に使った金額とチャージ残高です。

プリペイドカードで最も重要なのが残高状況の把握ですよね。残高がなくなれば当然使えないので常に把握しておく必要があります。

MoneyT Globalはメールで利用金額と残高をしっかり記載してくれるため、会員ページにわざわざログインしなくても残高が分かります。

この点は、他のプリペイドカードにない強みであり、非常に使いやすさを感じましたね。しかも利用店舗(場所)まで載せてくれるので、不正利用にすぐ気付けるのも大きなポイントです。

危険回避情報の無料配信サービスも役立つ

これから渡航する国と地域を登録することで、危険回避情報を無料で手に入れることができます。例えば、その場所の天候や交通状況、治安や自然災害などを教えてくれるため、事前に対策を打つことも可能です。

しかもアドバイスまで丁寧にしてくれるため、具体的にどのような行動を取るべきかも分かるようになっています。下記の画像は、実際に送られてきた危険回避情報のメール内容です。

登録方法は非常に簡単です。会員ページにログイン後、危険回避情報の登録画面を開きます。登録画面で渡航先の国と地域を設定するだけで完了です。

複数の国や地域も設定できるので危険回避情報が欲しい国をあらかじめ複数登録しておくことも可能です。このサービスはかなり便利なので是非活用してくださいね。

ICチップが付いてより安全・安心なカードになった

MoneyT Globalは、磁気ストライプ型のプリペイドカードでしたが、2015年11月からICチップ搭載型のカードになったため、セキュリティが飛躍的に向上しました。

磁気カードよりICチップの方がカード発行コストは上がりますが、しっかりICチップに対応した姿勢はユーザー目線でも評価できますね。

MoneyT Global-IC対応

ICチップのメリットは、下記の2点です。

  • カード決済を暗証番号の入力で行える
  • 暗証番号をスキミングされない

磁気ストライプの場合、カード決済する際はサインするだけで支払いができてしまいます。しかし、ICチップ搭載カードなら暗証番号の入力で支払うことができるため、セキュアなカード決済ができます。サインレスにもなるので手間も省けますね。(ICチップ対応カードリーダーがないお店は、サインを求められます。)

ICチップには、カードリーダー端末と暗証番号の認証情報をやりとりすることで不正利用を防ぐようになっています。ICチップ内の暗証番号も高度なアルゴリズムで暗号化されているため、不正に読み取る(解析する)ことは不可能です。

基本的には暗証番号をしっかり管理しておけば、不正にカードを利用されることはなくなります。

一方で、MoneyT Globalを紛失・盗難に遭ってしまった場合でも、会員限定の管理画面でカードを即時利用停止ができます。コールセンターに連絡を入れて即座に利用停止することも可能ですが、やはり自分自身ですぐ対応できるのは、安心感が違います。

海外留学で使うなら代理入金もできるMoneyT Globalがおすすめ

MoneyT Globalは、代理人登録申請をすることで本人に代わって親や家族の第三者が代わりに入金できるサービスを行っています。

プリペイドカードに入金(チャージ)する際は、銀行からMoneyT Globalが指定した口座に振込入金しますが、振込名義人とMoneyT Globalのカード名義人が異なると、入金することができません。

その時に必要になるのが代理人登録申請です。海外留学先への仕送りや学費の支払い等で銀行を通して海外送金する方法もありますが、手数料がめちゃくちゃ高いのでおすすめしません。

留学先に海外送金するなら、代理でMoneyT Globalに入金するほうが振込手数料くらいしかかからないため、格安で済みます。しかもキャッシュパスポートのように入金手数料もかかりません。(無料)

振込手数料を無料にしたい方は、住信SBI銀行がおすすめです。

MoneyT Globalの残高が足りなくなった場合、金融機関(銀行)の営業時間内(みずほ銀行の場合は9:00~15:00)なら約1時間でチャージすることができるため、即時性はないものの意外と早く充当できるのもメリットです。

ただし、営業時間外に振込入金した場合、翌営業日の午前10:00頃に反映されるので、土日祝日を挟む場合は注意が必要です。急いで入金したいとき、この点はデメリットになりそうですね。

海外事務手数料は5%と高めの設定

MoneyT Globalの海外利用手数料は、5%となっています。この水準は、他の海外プリペイドカードと比べると高い部類に入ります。

手数料率を高く設定しているMoneyT Globalですが、以下の9つのメリットを考慮するとMoneyT Globalを選択肢に入れるのはアリですね。

  • 年齢制限なし、未成年OK、入会審査不要
  • 24時間対応の日本語コールセンターによるバックアップ
  • 世界40都市にあるJTBトラベルデスクのサポートが受けられる
  • 円高時に有利なレートでショッピング、ATM引き出しができる
  • 海外ショッピング、ATM引き出し時に届く残高メールのお知らせ
  • 渡航先で自然災害・伝染病・治安速報などの「危険回避速報メール」を受信できる
  • ICチップ対応
  • 入金反映の早さ
  • VISAの優待サービスが受けられる

ちょっと海外利用手数料が高いなぁと感じる方は、マネパカードも検討してみて下さい。手数料が圧倒的に安いのでおすすめです。

年会費無料のマネパカードは本当に海外ショッピング手数料が日本最安なのか、手数料がお得でも使い勝手などデメリットや問題点はないのか?気になりますよね。公式サイ...

MoneyT Globalの申し込みについて

MoneyT Globalは、日本在住なら年齢制限なしで職業関係なく申し込み可能です。申し込み時に必要となる情報は、下記の通りです。

  • メールアドレス
  • 自分の銀行口座
  • 通知カードまたはマイナンバー

上記3つに加え、いずれかの本人確認書類が必要になります。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証
  • 在留カードまたは特別永住者証明書
  • 外国人登録証明書

本人確認書類は、いずれか1つ準備すればOKです。

JTBの海外プリペイドカードMoneyT Globalを申し込むにあたって、私自身が気付いたことや具体的なやり方を紹介します。Eメールアドレスを準備しよう一番最初に登録するの...

申し込みからカードが手元に届くまで約1週間

WEB上から申し込めば、約1週間ほどでカードが手元に届きます。カードが付いてる台紙は、会員限定サイトにログインするための情報や、入金するための口座番号が記載されているので、紛失しないように注意してください。

郵送でも申し込みは可能ですが、手続きしてからカードが届くまで約1ヶ月ほどかかるため、なるべく急ぎでカードが必要な方は、下記のリンクからWEB申し込みしてくださいね。

MoneyT Globalの申し込みはこちら

 


コメントは利用できません。

関連記事


おすすめVISAデビットカード一覧


おすすめ記事


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

スポンサーリンク



ピックアップ記事

  1. 【口コミ】Binanceで分散投資しよう!草コインの有望銘柄を探すメリット・デメリット徹底解説

    私がBinance(バイナンス)を知ったキッカケは、2017年に起きた分裂祭りでビットコインのハード…
  2. 【口コミ】初心者におすすめの仮想通貨ビットコインの取引所ランキングまとめ!

    仮想通貨を取り扱っている取引所は複数社ありますが、取扱い銘柄が違ったりレバレッジ倍率が異なったりと取…
  3. 仮想通貨の投資初心者におすすめの取引所はZaif!ビットコイン取引の始め方を徹底解説

    ビットコインなど仮想通貨に将来性を感じてこれから投資を始めたいと考えている人向けの解説記事です。…
  4. 新生銀行のVISA海外プリペイドカードGAICAの口コミ・評判と4つのデメリットを徹底解説

    新生銀行のグループ会社アプラスが発行するGAICAは、13歳以上なら誰でも申し込める年会費無料のプリ…
  5. 【口コミ】海外旅行におすすめ!キャッシュパスポートの評判と4つのデメリットを徹底解説

    キャッシュパスポートは、スペアカードがあったり24時間365日のアシスタントサービスが用意されていた…

ICOプロジェクト

  1. 1

  2. 2

  3. 3

  4. 4

  5. 6

ランキング一覧