資金決済法による銀行業の規制緩和がもたらしたビジネスチャンス

資金決済法がもたらす社会の影響

電子マネーは交通系を中心に普及してきましたが、2010年4月に資金決済法が施行されたことで少額決済なら銀行業のライセンスが不要になるので、一般企業の参入が相次いでいます。

資金決済法が施工される前は、媒体のあるものだけがプリペイドカード法(前払い式)の対象でしたが、電子マネーをサーバで管理することもプリペイドカード法の対象に加えられるようになりました。

携帯電話が普及する前は、公衆電話でテレフォンカードという媒体を利用するのが通常でしたが、IT化が進んだ今、サーバ型を対象に加えたのは現在の仕組みに合わせた法整備と言えます。

さて、資金決済法が整備されたことで具体期に何が変わったのか見ていきましょう。

送金サービス(為替業務)の解禁

送金サービス(為替業務)を銀行以外にも解禁したことで、C to Cの送金サービスや国際間送金が資金移動業に登録した一般企業も扱えるようになりました。この規制緩和は、外国為替を扱っている事業者にとって親和性が高いのでFX業者や両替商(海外送金サービス事業)の企業にとって新たなビジネスチャンスとなりそうです。

直近では、両替サービスのインフラが整っているマネーパートナーズ(FX業者)が資金移動業に登録して前払い方式のプリペイドカード事業(マネパカード)に参入しました。

一方で私たち利用者にとっても、しっかり法整備がされています。まず一つ目に、倒産リスクから保護するために、消費者が預け入れたお金を優先的に戻すように資金移動業者は義務付けられます。

また、資金移動業の登録制度を導入することで悪質業者を排除することが期待できるため、預け入れたお金は盗まれるリスクもなくなります。

つまり、資金移動業に登録している企業は、金融庁のお墨付きをもらっている会社なので社会的に信用ある会社と判断できます。なお、資金決済法で扱える金額の上限は、1度の入出金は100万円までとなっているため、少額決済向けの法整備となります。

C to C送金サービスの実情

海外送金

従来の海外送金は、銀行を通した方法でしたが送金手数料は高いのが利用者にとってデメリットでした。C to C間で100万円未満の送金なら銀行を通す必要がないため、送金手数料もかなり抑えることができるようになります。

国際送金で有名なのがウェスタンユニオンですが、マネパカードのようなプリペイド式カードを使った方法も取られています。

お金の貸し借り

ソーシャルレンディングとも言われているお金を貸して(投資)分配金(利子)を得られるサービスも可能になります。ソーシャルレンディングの仕組みは、仲介企業が借り手の与信能力を評価し、審査が通った人にお金を貸し出して分配金をもらうモデルです。

ECコマース

ネットショップで利用される決済も資金移動業に該当します。利用者にとっても手軽に買い物できたり、出品するお店側にとっても即時性のある決済方法だったり、利便性が高いことで利用者の購買頻度も上がると考えられます。

国際ブランドとカードの種類

国際ブランドで有名なVisaやMasterCardは、クレジットカードだけにあると思われがちですが、実はデビット機能付きのキャッシュカードやプリペイドカードにもあります。利用者にとって、国際ブランドが付いているデビットカードやプリペイドカードを持つことで世界中にある加盟店で利用することができます。

加盟店からの視点でもVisaやMasterCardのマークが付いたカードなら支払いの仕組みは変わらないため、クレジットカードでなくても問題はありません。

未来の電子決済サービスを占う

欧米や欧州では、おこづかいを現金代わりにプリペイドカードで済ませたり、スーパーの支払いでもカードで決済するなど、社会の一部となっています。一方、日本は現金主義の意向が強いため、まだまだ社会的にカード払いの文化が根付いているとは言えません。

しかし、利便性で見ると現金よりもはるかに使い勝手やセキュリティなどが優れているため、時間をかけて社会に浸透していくと考えられます。

このような変化は、年配者からではなく若い世代から育つものです。お金に対する価値観は人それぞれで多種多様ですが、変化に柔軟な人ほど便利なものは便利と捉え、このような小さな芽から大きな発展へと繋がっていきます。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


おすすめVISAデビットカード一覧


おすすめ記事


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

スポンサーリンク



ピックアップ記事

  1. 【口コミ】Binanceで分散投資しよう!草コインの有望銘柄を探すメリット・デメリット徹底解説

    私がBinance(バイナンス)を知ったキッカケは、2017年に起きた分裂祭りでビットコインのハード…
  2. 【口コミ】初心者におすすめの仮想通貨ビットコインの取引所ランキングまとめ!

    仮想通貨を取り扱っている取引所は複数社ありますが、取扱い銘柄が違ったりレバレッジ倍率が異なったりと取…
  3. 仮想通貨の投資初心者におすすめの取引所はZaif!ビットコイン取引の始め方を徹底解説

    ビットコインなど仮想通貨に将来性を感じてこれから投資を始めたいと考えている人向けの解説記事です。…
  4. 新生銀行のVISA海外プリペイドカードGAICAの口コミ・評判と4つのデメリットを徹底解説

    新生銀行のグループ会社アプラスが発行するGAICAは、13歳以上なら誰でも申し込める年会費無料のプリ…
  5. 【口コミ】海外旅行におすすめ!キャッシュパスポートの評判と4つのデメリットを徹底解説

    キャッシュパスポートは、スペアカードがあったり24時間365日のアシスタントサービスが用意されていた…

ICOプロジェクト

  1. 1

  2. 2

  3. 3

  4. 4

  5. 6

ランキング一覧