10万円から始めた仮想通貨ビットコイン取引で気付いた6つのリスク

一攫千金を狙ってビットコインのマーケットに参入する人やブロックチェーンをバックボーンとしたビットコインの将来性に可能性を感じた人など多くの人が続々と仮想通貨にお金を投下し始めています。

そんな流れを受け私自身も小額(10万円)からビットコイントレードを始めました。つい数ヶ月前は数万円の価格が今や30万円と暴騰しているビットコインですが、今から参入しても遅くないか私なりの見解をまとめました。

詐欺業者に騙されるな!昔のFXの流行りを思い出す仮想通貨

昔から外国為替市場は存在していましたが、日本の個人投資家の中でFX取引が流行り始めたのが2005年くらいからでした。最初は怪しいとか詐欺っぽいとか思われていたFXも今や株式と並ぶポピュラーな金融商品となりました。

仮想通貨も似たような感じがします。法整備も徐々に整い始めているため、FX業者も徐々に仮想通貨の取り扱いを始めていますね。

さて、これから仮想通貨を取引するにあたって注意したいのがビットコイン業者の選定です。昔のFXに詐欺業者があったように仮想通貨もまた詐欺業者が今後出てきます。

そういった詐欺業者に大切な資産をダマシ取られないためには、有名所の仮想通貨取扱い業者で取引することが一番です。

マーケット規模が小さいのでボラティリティがハンパない

ビットコインを筆頭にイーサリアムやリップル、ネムといったアルトコインなども暴騰(バブル)していますが、仮想通貨は為替市場と比べマーケット規模が小さいため、非常にボラティリティが高いです。

ビットコイン市場よりもっと小さいアルトコインはもっと上下します。このような特徴から仮想通貨取引を始めるなら小額から始めるか、余剰資金から始めることをおすすめします。

ビットコイン取引をして感じた私の肌感覚ですが、相場変動はFXと比べ3倍~5倍くらいあります。とにかくギャンブル要素が強いマーケットなので大きく儲けられる一方、その逆に大損するリスクもあるということです。

このような理由から仮想通貨取引をこれから始めるなら、レバレッジを抑えて余裕資金の数%からスタートしてください。

ギャンブル依存症に陥りやすい仮想通貨

本来低リスクでこつこつと積み立てていくのが健全な投資ですが、私はお金に目がくらんでハイリスク・ハイリターンの取引を繰り返してきました。

大きく稼げるときもあれば稼いだ利益が1日で吹っ飛んだりすることもありました。とにかく気付いたらトイレでも仕事中でもスマホで常に相場チェック。寝ているときも深夜帯に相場チェック。マジで疲れました。

なにせ仮想通貨は24時間365日動き続けるため、土日もマーケットが開いています。FXなら土日はお休みですが、仮想通貨は休みがありません。

ギャンブル依存症に陥ってしまうと、精神的にも体力的にもきついです。そんな状態に陥らないために、大切なのが小額資金で心に余裕をもった取引スタイルです。

ビットコインとアルトコインの違い

ビットコインとアルトコインは、流通量が大きく異なります。株式市場で例えると、東証一部上場銘柄とマザーズなど新興市場銘柄のイメージです。

FXで例えるなら、世界的に取引量が多いEUR/USDや日本でメジャーのUSD/JPYと比べ、TRY/JPY(トルコリラ/円)やZAR/JPY(南アフリカランド/円)、MXN/JPY(メキシコペソ/円)など、新興国の通貨は流動性が低いため、大きな取引が入ると価格が一気に動きます。

流動性の観点で見れば、ビットコインよりアルトコインの方がハイリスク・ハイリターンの銘柄と断言できます。ただアルトコインのおもしろいところが何でもコイン化できる点ですね。

アルトコインの仕組み自体はブロックチェーンを応用しているため、例えば「為替らぼコイン」なんて通貨も発行できるんです。

誰が購入するか分かりませんが(笑)、誰でも自由に発行できる通貨(アルトコイン)もまたブロックチェーン上で流通する通貨のため、仕組み的に安心して買える通貨と言えます。

アルトコインを取引する上で最も重要な要素が流通量です。それぞれの流通量は、coinmarketcapのサイトでチェックすることができるので取引する前に一度目を通しておく方が需給を知る上で参考になります。まだ規模が小さいアルトコインも何かをきっかけに爆騰する可能性もあるので私は常にウォッチしています。

ビットコイン以外のアルトコインでも取引してみたい方は、coincheckさんが豊富に扱っているのでおすすめです。

coincheckの取り扱い仮想通貨マーク流通量
2017/6/20時点
Bitcoinビットコイン4.7兆円
Ethereumイーサリアム3.8兆円
Rippleリップル1.2兆円
Litecoinライトコイン3.0千億円
Ether Classicイーサクラシック2.5千億円
NEMネム2.0千億円
DASHダッシュ1.6千億円
Moneroモネロ8.0百億円
Zcashジーキャッシュ6.4百億円
Augurオーガー4.0百億円
Liskリスク3.7百億円
Factomファクトム3.4百億円

仮想通貨取引所の業者リスク

ビットコインなどを取り扱っている仮想通貨業者はいろいろありますが、注意したいのが業者リスクです。業者リスクとは、システム障害や経営状況を指します。

今でこそ懐かしいですが、マウントゴックス社の破綻でビットコインが詐欺のようなイメージを張られましたが、仕組み上不正を働くことは不可能です。問題は、仮想通貨ではなく会社側にあります。

例えば、システム投資をしっかり行っていない仮想通貨業者で取引をすると、システム障害に遭うリスクがあります。今後、仮想通貨の取引参加者が増えることから、システムに負荷がかかってくることは容易に想像できます。

その負荷に耐えられるように業者側がしっかりシステム増強を行っていないと、私たち利用者は悲劇に見舞われるリスクもあり得ます。

また、FX業者では当たり前の信託保全がないことから、仮想通貨業者が倒産したら預入れていたお金が戻ってこないことも考えられます。

将来的に法整備が進み、FX業者のように信託保全の義務化が進むと思いますが、投資家保護の制度は道半ばのため、私は1つの仮想通貨業者に全てのお金を預け入れるのではなく、複数の業者に分散して預け入れるようにしています。

仮想通貨の投資方法

デイトレードで一気に稼ぐぜ!と意気揚々とビットコインを取引したら、想像以上の相場変動でいきなり大やけどしました。FX取引をしている方なら分かると思いますが、為替の20~30pipsって意外と大きいですよね。

ところがビットコインは、Tickでそれくらいの変動が起きるんです。あまりにも変動幅が大きすぎてマジでビビりました。そんな中、私はギャンブルにハマりやすいタイプので、少しの間レバレッジを大きく掛けて取引していましたが、瞬間的に資金が溶けましたね(笑)

私のように小額からビットコイン取引を始めるなら、デイトレードで一気に稼ごうとするのではなく、長期的な視野でコツコツとドルコスト平均法で積立投資するのがいいです。

ビットコインの技術に使われているブロックチェーンは、今後ますますビジネス分野で応用されていくことは間違いありません。ブロックチェーンの技術が他に使われたからといって、イコールビットコインの価値が上がるとは言い切れませんが、関連性は強いのでますます注目されていく通貨です。

すでに上がり過ぎ!?バブル状態のビットコインの行方

今からビットコイン取引を始める方で一番気になるのが、これからも上がり続けるのか?ですよね。先のことなんて神のみぞ知る世界なので誰も予想はできませんが、私自身は一度大きく崩壊すると見ています。

そのキッカケは、法整備による規制強化なのか、世界情勢の変化なのか分かりませんが、似たような銘柄を知っています。それは、シルバーです。

無国籍通貨と言われるシルバー(CFD貴金属)のチャートをご覧ください。

2009年4月頃の11ドルから一気に50ドル付近まで噴き上げてるのが分かります。約5倍ほど上昇したシルバーは、現状下の方で推移していますが、ビットコインも同じような動きをするのでは?と妄想しています。

上がったら下がる(利益確定)のが相場の常です。まだまだ熱を帯びているビットコインは今後も上昇する可能性はありますが、盲信しすぎると最後にババを引かされることにもなるので、リスク管理は徹底して行うようにしましょう。

スプレッドがお得なのは?おすすめの仮想通貨業者

ビットコインの取引は、FXと同様に売値(Bid)/買値(Ask)の差が手数料(スプレッド)となっています。

仮想通貨マーク売り
(Bid)
買い
(Ask)
スプレッド
ビットコイン285735円289025円3290円
イーサリアム39269円41433円2164円
リップル28円31円3円
ライトコイン5181円5462円281円
イーサクラシック2354円2489円135円
ネム21円23円2円
ダッシュ21187円22378円1191円
モネロ5462円5761円299円
ジーキャッシュ41398円43693円2295円
オーガー3447円3674円227円
リスク348円371円23円
ファクトム4001円4229円228円

一方でbitFlyerでビットコインを取引所で購入したときの価格が赤枠の箇所になります。(同一タイミングで取ったキャプチャです)

スプレッドは相場変動で開いたり閉じたりして取得タイミングによって異なってきますが、「coincheckより「bitFlyer」の方がお得な価格でビットコインを購入することができますね。私は、ビットコインをbitflyerで取引してアルトコインはcoincheckを利用しています。

この2社は、仮想通貨取引所の業者の中でも信用できる企業なので、変な仮想通貨業者を選んで失敗するより安心して取引できます。

まとめると、

  • 信用できる仮想通貨取引業者を選ぶこと
  • 価格変動が激しいためリスクを最小限に取引しよう
  • アルトコインはビットコインよりボラがあるので注意しよう
  • 仮想通貨の流通量を把握しよう
  • 仮想通貨取引業者のシステムリスクと倒産リスクを知っておこう
  • バブル崩壊のババを引かされないようにしよう
  • アルトコインを取引するならcoincheckがおすすめ
  • ビットコインを取引するならbitFlyerがおすすめ


コメントは利用できません。

関連記事


おすすめVISAデビットカード一覧


おすすめ記事


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

スポンサーリンク



ピックアップ記事

  1. 【口コミ】Binanceで分散投資しよう!草コインの有望銘柄を探すメリット・デメリット徹底解説

    私がBinance(バイナンス)を知ったキッカケは、2017年に起きた分裂祭りでビットコインのハード…
  2. 【口コミ】初心者におすすめの仮想通貨ビットコインの取引所ランキングまとめ!

    仮想通貨を取り扱っている取引所は複数社ありますが、取扱い銘柄が違ったりレバレッジ倍率が異なったりと取…
  3. 仮想通貨の投資初心者におすすめの取引所はZaif!ビットコイン取引の始め方を徹底解説

    ビットコインなど仮想通貨に将来性を感じてこれから投資を始めたいと考えている人向けの解説記事です。…
  4. 新生銀行のVISA海外プリペイドカードGAICAの口コミ・評判と4つのデメリットを徹底解説

    新生銀行のグループ会社アプラスが発行するGAICAは、13歳以上なら誰でも申し込める年会費無料のプリ…
  5. 【口コミ】海外旅行におすすめ!キャッシュパスポートの評判と4つのデメリットを徹底解説

    キャッシュパスポートは、スペアカードがあったり24時間365日のアシスタントサービスが用意されていた…

ICOプロジェクト

  1. 1

  2. 2

  3. 3

  4. 4

  5. 6

ランキング一覧