【口コミ】仮想通貨ってどうなの?ビットコインの評判とこれから始める前に確認したい4つのこと

多くの人がビットコインと聞くと「怪しい」「詐欺っぽい」「キナ臭い」と疑いを持っていましたが、当初の私自身も得体の知れない暗号通貨に対して距離を取っていました。

ビットコインに対してネガティブな印象を持ったのが2014年のマウントゴックス事件がキッカケでしたね。ところが、最近ニュースで話題になっているビットコインが大きな価格上昇を遂げたことでビットコイン長者が続々誕生しました。

結果論ですが、勉強不足が機会損失となり先行者利益を譲受できなかったのは悔しいです。。

しかし、仮想通貨はまだ黎明期であり、社会的認知度もまだ低いのが現状です。だからこそ、チャンスはこれからも必ず訪れますし、今から始めても全く遅くないと思ってます。

また、仮想通貨の認知が進むにつれてアルトコインと呼ばれるビットコイン以外の仮想通貨も値上がりし始めています。

仮想通貨マーケットに相次ぐ参入する大手企業

国内の仮想通貨取引所で有名どころは下記の3社(厳選)です。

  • bitFlyer
  • coincheck
  • Zaif

そして1/11から口座開設の申し込み受付を開始したDMM Bitcoinが新たに仮想通貨マーケットに参入しました。

いよいよDMM Bitcoinの口座開設がスタートしました。DMM Bitcoinの特徴はなんといってもリップルやネム、イーサリアムなどのアルトコインをレバレッジ取引できることで...

 

大手企業が続々参入するということは、この市場はビジネスチャンスと捉えているからです。また、bitFlyerとCoincheckがテレビCMを打ったことで仮想通貨の認知度が一般の人にも浸透し始め、今や各取引所では口座開設の申し込みが殺到しています。

これだけ一般の人が仮想通貨取引所に殺到しているということは、みんな仮想通貨でお金を稼げるチャンスと思っている他ありませんよね。

すでに社会現象になりつつある仮想通貨ですが、まだ黎明期であり数年後はさらに進化を見せ、どのような未来になっているのか想像するだけでワクワクしませんか?

2018年の仮想通貨市場は去年よりいっそう大衆が押し寄せるマーケットになります。仮想通貨にどっぷり浸かっている人にとって信じられないかもしれませんが、仮想通貨の...

 

仮想通貨の情報収集していると分かりますが、進化が本当に早く私の脳みそはパンク状態ですw

それだけ変化が速いマーケットなんですよね。今から仮想通貨を始めても必ずワンチャン巡ってきますので、そのチャンスを逃さないためにも今から準備してくださいね。

仮想通貨の投資はいくらから始められるの?

数千円から始められる取引所もあります。まずはお試しでやってみたいという方は、1万円くらい用意して仮想通貨を買ってみてください。

仮想通貨を買うには取引所を通す必要がありますが、販売所形式で購入することも可能なので難しく考えず、まずはやってみる姿勢が大切です。

これからビットコイン取引を始める場合、初心者におすすめなのがZaifです。下記の記事に取引所と販売所の違いや初心者がZaifで始めるメリットも整理したので参考にしてみてください。

ビットコインなど仮想通貨に将来性を感じてこれから投資を始めたいと考えている人向けの解説記事です。ビットコインを取り扱っている取引所では、現物取引やレバレッジ...

 

仮想通貨を始める場合、余剰資金で必ず始めてくださいね。値動きが激しい仮想通貨マーケットは、精神的にストレスかかります。

「一発当ててやろう!」という意気込みで大切な資金を投下すると、もしかすると大金を得られる可能性もありますが、全て失ってしまうリスクもあるので必ず余剰資金で始めましょう。

2018年ビットコインの価格と仮想通貨の将来性

2017年4月1日に日本国内で改正資金決済法が施行され、法整備も整ってきました。

ビットコイン交換所は登録制となり、昔のような無法地帯ではなく従来よりも安心して取引できる環境がすでにあります。中国や韓国ではビットコインの規制が進んでいるニュースも入ってきますが、日本はかなりポジティブですよね。

また、総合課税となっている仮想通貨も数年後にはFXと同じように累進課税になるなど、税制も整ってくると思います。

2018年のビットコイン価格は2017年12月8日に到達した高値250万円を大きく超えていくと考えています。懸念点は、ビットコインの送金詰まりですね。

もしも、この問題が解決されなかった場合、売り叩かれるリスクもありますが、ライトニングネットワーク等の技術で将来的には解消される問題です。

さらにGMOクリック証券やDMM、SBIがこぞってマイニング事業に乗り出すため、こういった流れもマイニング問題(送金詰まり)にとってポジティブですよね。

1/17にビットコインを始めとする仮想通貨全体が大暴落しました。こういった大暴落後はこれから仮想通貨を始める人にとって、すごく良いタイミングです。

ビットコインをきっかけに仮想通貨全体が大きく下落しました。暴落の原因は以下のとおりです。 ドイツ連邦銀行のヨアヒム・ビュルメリング理事による世界的な規制の動き...

 

どんな銘柄がおすすめ?

ベースはビットコインが王道ですね。ビットコインは仮想通貨の基軸通貨の位置付けとなっており、ビットコインが下がれば他のアルトコインが上がるなど、相関性もあります。

ただこれからのビットコインの動きはかなり注目です。ビットコインの動きを把握していればアルトコインをいつ買うべきかも判断できますからね。

昨日125万円あたりから105万円まで急落し、あわや100万円を割る勢いで下がって行ったビットコインですが、日をまたいだ0:00から急激に反発し124万円まで値を戻しました...

 

ビットコイン以外では、今まさに注目のイーサリアムですね。イーサリアムは、スマートコントラクトという技術が大きな特徴でビジネス分野で応用するために開発されたものです。

将来的にPOS(プルーフ・オブ・ステーク)に移行することでマイニングにも注目ですね。POSは、その通貨をたくさん持っているとマイニングに有利なのでみんなイーサリアムを買い漁ってますw

ビットコイン(POW)と違って、POSはたくさん通貨を持っている人がマイニングでちゃりんちゃりん稼げるので、イーサリアムは個人的に今まさに注目している仮想通貨です。

それからリップルとネムもアルトコインの中で注目度が高いです。将来プラットフォームとなり得る仮想通貨はやっぱり強いですね。

ここからは私が使っている仮想通貨のおすすめ取引所を紹介しますね。

bitFlyer

  • 最大レバレッジ15倍のLightning FX
  • 国内No1の人気取引所
  • 含み益が取引余力に反映される

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

Lightning FX(レバレッジ取引)

私がbitFlyerを使っている理由は、下落時でも利益を狙えるLightning FXがあるからです。レバレッジも最大15倍まで設定できるため、ガンガン取引したい人におすすめの取引所です。

国内の取引所の中で口座数が一番多く人気もあります。そのため、使っていて安心感・信頼感がありますね。

仮想通貨の取引所で最も怖いのがシステムリスクです。ビットコイン価格が荒れてくると注文も多くなるため、サーバーに負荷がかかります。

そうすると注文が通らなかったり、決済できない問題に直面します。とくにZaifは502 Bad Gatewayと表示されログインできなかったり、注文が通らないリスクが結構あるんですよね。もうZaifの場合は、ユーザー間ではご愛嬌という感じですねw

bitFlyerもシステムリスクはゼロと言えませんが、他の取引所より安定しています。取引ツールもカラーデザインを変えられたり、注文も出しやすく気に入ってます。

それから含み益が取引余力に反映されるため、トレンドに乗ったら含み益を使って増し玉(追加建玉)も可能です。私は、トレンドに乗って利益が出て来たら増し玉してトレンドで稼げる金額を最大化します。

この方法はbitFlyerだからこそできる注文手法です。

販売所

bitFlyerの販売所では、下記の銘柄を扱ってます。

  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • イーサクラシック
  • ライトコイン
  • ビットコインキャッシュ
  • モナコイン

販売所は取引所よりすこし割高の値段になりますが、まずは仮想通貨を買って値上がり益を狙いたい初心者におすすめです。

ちなみにモナコインの価格は低迷していますが、bitFlyerが取り扱うと分かった瞬間、買い上げられ爆上げしました。それだけbitFlyerはユーザー数を抱えており、影響力を持っている取引所ということです。

bitFlyerの口座開設はこちら

 

Zaif

  • 最大レバレッジ7.77倍の信用取引
  • 最大レバレッジ25倍のBTC AirFX
  • 国内取引所で唯一XEM(ネム)をお得に購入できる
  • 積立コインでコツコツ運用

信用取引でレバレッジ取引

実はbitFlyerと同時にZaifでもレバレッジ取引をしています。信用取引の最大レバレッジは7.77倍でbitFlyerより低いにも関わらずZaifを使い続ける明確な理由があります。

それは取引の安定です。Zaifの信用取引は、成行注文が存在しません。つまり、決済する際は必ず利食いと損切りを設定しなければならないんです。

実はこれが取引が安定するミソです。

成行決済だと相場の値動きや雰囲気で即時決済してしまう癖がありました。そうすると収支も安定しないんですよね。利食いと損切りを設定するのは面倒というデメリットはありますが、自分なりの根拠をもとに価格設定するので利益が残しやすくなりました。

他社の取引所よりシステムは弱いですが、取引が安定するためZaifを使い続けています。

1/9のビットコインは、0:00に付けた182万円が意識されダブルボトムを形成し、そこから約10万円反発しました。それがオレンジ色で囲った箇所です。ちなみに赤丸の箇所は...

 

それからレバ25倍で取引できるBTC AirFXは、ぶっちゃけ利用しない方がいいです。Zaifの信用取引は総量規制で注文できない時がたまにあります。(貸付残高が不足しています。というエラーメッセージが表示される)

その際、機会損失は避けたいので代わりにBTC AirFXを利用する場合があります。レバ25倍まで設定できるため、信用取引よりも資金効率は良いですが、スワップ手数料が絶句するくらいエグイので正直初心者の方は触れないほうがいいです。

スワップ手数料を上回る利益を出せればメリットはありますが、BTC AirFX(レバ最大25倍)に興味がある方は念のため、下記の記事を読んでから判断してくださいね。

ZaifのビットコインAirFXを実際に使ってみましたが、正直ビットコインAirFXはやらない方がいいですね。2018/2/25 追記ビットコインで一気にお金を稼ぎたい方は、ZaifのA...

 

積立コインでこつこつ小額投資

Zaifの目玉商品と言っても過言ではないくらい初心者に人気の積立コインは、ここの取引所でしか利用できないサービスです。

積立コインのメリットは、小額から投資できるのと仮想通貨が下がっている時はドルコスト平均法で取得単価を下げられる点です。

Zaifの積立コインは、ビットコインに加えイーサリアムも対象にできます。冒頭でも紹介したとおり、イーサリアムはかなり注目度が高い仮想通貨なのでイーサリアムの積立を始める人は意外と多いですね。

まずは小額から始めたい人は、Zaifの積立コインがおすすめです。もちろん今話題のXEMも積立ができます。

Zaifの口座開設はこちら

 

Coincheck

1/26にCoincheckは約580億円規模のXEMをハッカーに不正送金され、すでに入出金や取引を停止しています。ここの取引所が今後どうなるか、しばらく様子を見た方が良いと思います。

1/26にCoincheckが約580億円相当のXEMをハッカーに不正送金され、仮想通貨業界に激震が走りました。そして、緊急記者会見が行われ、XEMを取り戻すことは不可能という見...

 

  • 11種類のアルトコインを取扱っている
  • 仮想通貨を貸して運用ができる
  • スマホアプリが見やすい
11種類のアルトコイン

Coincheckで扱っているコインは下記のとおりです。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサクラシック(ETC)
  • リスク(LSK)
  • ファクトム(FCT)
  • モネロ(XMR)
  • オーガ(REP)
  • リップル(XRP)
  • ジーキャッシュ(ZEC)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • ダッシュ(DASH)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)

なぜかモナコインがないのは不思議ですが、アルトコインといったらCoincheckですね。私はアルトコインの動向も毎日ウォッチしていますが、その際に使うのがCoincheckのスマホアプリです。

Coincheckのスマホアプリは、11種類のアルトコインチャートが見れるので、取引チャンスを常に伺ってます。上昇・下落もスマホアプリならいち早くキャッチアップできるため、かなり重宝してますね。

冒頭でも紹介しましたが、ビットコインが下がっている時は、資金の受け皿としてアルトコインに流れる傾向があります。完全に相関性を持っているとは言えませんが、アルトコインは分かりやすい動きをするときもあるのでCoincheckの口座開設は必須です。

仮想通貨を貸して金利収入で運用する

仮想通貨の値上がりを待っているだけでなく、貸し仮想通貨サービスを利用すると効率良く運用できます。ある程度まとまった仮想通貨を持ち始めたらCoincheckの貸し仮想通貨で中長期投資で運用するのもおもしろいです。

貸し仮想通貨の年率はどのコインも一律下記のようになってます。

  • 14日間:年率1%
  • 30日間:年率2%
  • 90日間:年率3%
  • 365日間:年率5%

ご覧のとおり、銀行預金より圧倒的な金利収入が入ってきます。いつまで銀行にお金を眠らせてるんですかって話ですよね。

私のような短期トレーダーには不向きなサービスですが、現物ガチホスタイルの人はこのサービスを利用すると効率よく運用できます。

貸し仮想通貨のリスクをあえて挙げるなら、貸出中に暴落したときくらいですね。ただその暴落さえも織り込んでガチホするのが中長期スタイルなので、むしろ暴落は買い増しチャンス!という意気込みが大切です。

まとめ

仮想通貨はビットコインを始め、24時間365日動き続けるマーケットです。仕事で忙しい方でも土日も動き続ける仮想通貨なら好きな時間にいつでも取引できるのが特徴です。ある意味24時間365日動き続ける賭場ですねw

逆に捉え方を変えて、土日でも取引できる仮想通貨の取引環境は、稼げれば副業としてお金を増やすチャンスが提供されています。

すでに仮想通貨は社会の(決済)インフラの一部になりつつあります。今はまだ投機の位置付けですが、これから数年先に起こる仮想通貨の未来がすごく楽しみです。

将来的に様々な規制はあるかもしれませんが、社会に浸透し始めた仮想通貨は間違いなく消えません。これは断言できます。

まだ仮想通貨を始めてない方は、社会現象となりつつある仮想通貨で人生変えていきましょう!

黎明期である今がチャンスです。


コメントは利用できません。

関連記事


おすすめVISAデビットカード一覧


おすすめ記事


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

スポンサーリンク



ピックアップ記事

  1. 【口コミ】Binanceで分散投資しよう!草コインの有望銘柄を探すメリット・デメリット徹底解説

    私がBinance(バイナンス)を知ったキッカケは、2017年に起きた分裂祭りでビットコインのハード…
  2. 【口コミ】初心者におすすめの仮想通貨ビットコインの取引所ランキングまとめ!

    仮想通貨を取り扱っている取引所は複数社ありますが、取扱い銘柄が違ったりレバレッジ倍率が異なったりと取…
  3. 仮想通貨の投資初心者におすすめの取引所はZaif!ビットコイン取引の始め方を徹底解説

    ビットコインなど仮想通貨に将来性を感じてこれから投資を始めたいと考えている人向けの解説記事です。…
  4. 新生銀行のVISA海外プリペイドカードGAICAの口コミ・評判と4つのデメリットを徹底解説

    新生銀行のグループ会社アプラスが発行するGAICAは、13歳以上なら誰でも申し込める年会費無料のプリ…
  5. 【口コミ】海外旅行におすすめ!キャッシュパスポートの評判と4つのデメリットを徹底解説

    キャッシュパスポートは、スペアカードがあったり24時間365日のアシスタントサービスが用意されていた…

ICOプロジェクト

  1. 1

  2. 2

  3. 3

  4. 4

  5. 6

ランキング一覧