COMSAのICOトークンセールを買うメリット・デメリットまとめ

COMSAのトークンを小額ですが、購入してみました。

COMSAはZaif(仮想通貨取引所)を運営するテックビューロが開発したICOプラットフォームですが、COMSA自身がICOを行い下記の期間で公募しています。

2017年10月2日14:00~2017年11月6日14:00

そもそもCOMSAってなに?COMSAを購入するとどんなメリット・デメリットがあるの?という読者を想定してCOMSAのICOについてまとめました。

COMSAとは株式市場の取引所取引をイメージすると分かりやすい

株式市場に新規で上場することをIPOと言いますが、IPO後は取引所取引で株式の売買を行えますよね。

一方でICO(Initial Coin Offering)は、株式市場で言う仮想通貨版をイメージすると分かりやすいです。株式市場の売買は取引所取引で行われますが、仮想通貨の売買はCOMSAで行われます。

株式市場のIPOと大きく異なる点が下記の2点です。

  • ICOの権利を買うためには仮想通貨(ビットコイン・イーサリアム・ネム)が必要
  • ICOの応募は抽選ではなく上限なしで購入できる

COMSAは自身の仮想通貨を発行するためにICOトークンセールという形で公募しています。COMSAの仮想通貨の単位はCMSとなっており、1CMS=1ドル換算で計算されます。

COMSAトークンを購入するためには、仮想通貨が必要になるため、まず最初にやるべきことが仮想通貨取引所でウォレットを開設することです。

私はcoincheckでネム(NEM)を購入し、COMSAが指定するアドレスに送付して権利を買いました。

COMSAが指定する送付先のアドレスを表示する方法は、COMSAに登録してから下記の緑色のボタンを押下すると表示されるようになっています。(赤枠はNEMで購入する場合)

COMSAトークンを購入する方法をまとめると

  • coincheckで仮想通貨(ビットコイン・イーサリアム・ネムのいずれか)を購入
  • COMSAの指定アドレスに仮想通貨を送付(ネムの場合、約12時間後に送付が完了)
  • 送付が完了したら自動的にCOMSAトークンが購入される

COMSAのタイムセール中ならボーナスが付いてくる

期間限定のタイムセール中にCOMSAトークンを購入すると今なら5%のボーナスが付いてきます。

  • 2017年10月2日14:00~2017年10月4日14:00 +14%ボーナス
  • 2017年10月4日14:00~2017年10月11日14:00 +10%ボーナス
  • 2017年10月11日14:00~2017年10月25日14:00 +5%ボーナス
  • ~2017年11月6日14:00 通常

今から購入する人は+5%のタイムボーナスが付与されるため、早めにCOMSAに登録して購入してくださいね。あと一日早かったら10%だったのに。ぬぅ。。

ちなみにプレセール中に10万ドル相当以上の仮想通貨でCOMSAを購入すると20%のボーナスが付いてきます!これ、まじで金持ち優遇プランです。プレセールに参加する方法は、COMSAマネージメントに連絡すると個別案内されるようです。

COMSAトークンを購入するメリット

COMSAトークンを購入するにあたり、一番重要なのが儲かるかどうか?ですよね。COMSAのICOが株式のIPOより優れていると思ったのがCOMSAを持っている人が得られる優遇内容です。

メリットをまとめると

11月6日以降はCOMSA通貨の新規発行がないため増資による希薄化がない

  • COMSAを持っていないと参加できないクローズドICO案件がある
  • プレセールで購入した人は公募割れしなければノーリスク&タダで儲けられる

COMSAをもっていないと参加できないクローズドICO案件がある

COMSAは冒頭でも説明したとおりICOプラットフォームのため、ICOを希望する企業はこれから増えてきます。ところがICO案件の権利を購入するためには、COMSA(CMSの仮想通貨)が必要になってきます。

※ちなみにCOMSAは11月6日以降、通貨の新規発行を行わないため、調達するにはZaifの取引所から買うことになります。

例えば、株式市場である銘柄が注目されていて、値上がりを期待している投資家がいたとします。そうすると必然と証券口座が必要になるため、まずは口座開設の手続きを踏みますよね。

これと同じで、注目ICO案件の権利を購入するために投資家はCOMSAを買い付ける必要が出てきます。そうするとCOMSAの需要は必然と高まると考えられます。

現時点でICOする企業は、株式会社プレミアムウォーターホールディングス(東証二部:2588)を始め、すでに数社のICO案件があるとホワイトペーパーに記載があります。また、複数企業のICOプロジェクトを既に確保していることから、COMSAの値上がりは期待できると思っています。

しかもCOMSAの流通量は11月6日以降、増えることはないため、COMSAの需要が増えれば増えるほど価格はウナギ上りです。

プレセールで購入した人は公募割れしなければノーリスク&タダで儲けられる

公募割れとは、COMSAの上場時に初値が購入時より価値が低くなることを言います。今回のICOは、プレセール中に10万ドル以上のCOMSAを購入すると20%のボーナスが付くため、ノーリスク&タダで儲けられる可能性があります。

現時点の為替レート(USD/JPY)が112円なので、約11,200,000円分COMSAを購入したとします。そして20%を加えると

11,200,000円 × 20% = 2,240,000円

224万円分のCOMSAがタダでもらえるため、ICO直後に11,200,000円分(元本)のCOMSAを売却してしまえば、タダで手に入れた224万円分のCOMSAで運用することが可能です。

モロ金持ち優遇プランですw

ただICO直後の初値が公募割れすると元本割れするので、この点がリスクになります。しかし、COMSAを発行するテックビューロ側は普通に考えると公募割れは望んでいないため、広告費を掛けたりメディアを使って露出を増やすと思いますけどね。

露出が増えればCOMSAの将来性に期待する群衆があとから押し寄せてくるはず!w

そしてすでにCOMSAを保有している私の資産はウハウハ!

なーんてことを妄想してますw

COMSAのデメリットとリスク

COMSAのデメリットとリスクは、下記の3点が考えられます。

  • COMSA上場時の初値公募割れリスク(購入時より価値が引くなること)
  • COMSAは時価総額の100%が追加発行される(価値の希薄化)
  • 税金問題

COMSA上場時の初値が購入時より低くなると、イコール損失に繋がります。これはICOが盛り上がらなくて、想定以上資金が集まらなかった場合に起こり得るリスクです。ただ、ホワイトペーパーを読む限りICO市場はビットコインより猛スピードで成長していることが伺えるので、おそらく大丈夫でしょう。

またCOMSAは、時価総額(集まった資金)に対して100%が追加発行されるとホワイトペーパーに記載があります。これは100集まったら、+100を追加発行するという意味です。

追加発行したCOMSAは、

  • 10%がトークンセールの紹介料へ配布
  • 40%がテックビューロの経営陣を筆頭にICO協議会やステークホルダーに配布
  • 50%がテックビューロが保持し、将来の開発や事業拡大に当てられる

とあります。

つまり、追加発行したCOMSAは、50%がテックビューロにホールドされるため、COMSAの価値はほぼ維持されると考えてよいと思います。

最も私自身が懸念しているのが「税金問題」です。仮想通貨はまだ黎明期で税制度も整っていないのが現状です。そんな中、COMSAに大金使って大儲けしても雑所得(税金)で50%国に持って行かれます。

例えば、COMSAで100万円儲けてFXで100万円損した場合、50万円は税金で持って行かれます。総合課税なら±0にできるのですが、仮想通貨は総合課税にできないので逆に損してしまいます。

現時点では、総合課税で申告できないため、COMSAや仮想通貨で含み益が出たら法定通貨に交換しないでそのままホールドした方が良いかもしれませんね。

まとめ

COMSAが社会に浸透すれば、ICO市場もより活況になっていきます。そんな中、怪しい・怖いという感情で行動できないのは非常にもったいないです。

群衆がCOMSAを当たり前にように売買し始めてからでは、先行者利益を得ることができません。まだ手探り状態だからこそお金を投じる意味があると思います。

正しい知識を身に付け、しっかり勉強すればリスクも見えてきます。あとは、自分がどこまでリスクを取れるのかを見極めるだけです。私のように小額からでもCOMSAは始められるので、石橋を叩くなら余剰資金の中から小額をお試しで投じるのも良いと思います。まずはICOの波の乗ることが重要です。

COMSAの登録は、メールアドレスを登録するだけなので非常に簡単です。仮想通貨は、アルトコインが充実しているcoincheckがおすすめです。


コメントは利用できません。

関連記事


おすすめVISAデビットカード一覧


おすすめ記事


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

スポンサーリンク



ピックアップ記事

  1. 【口コミ】Binanceで分散投資しよう!草コインの有望銘柄を探すメリット・デメリット徹底解説

    私がBinance(バイナンス)を知ったキッカケは、2017年に起きた分裂祭りでビットコインのハード…
  2. 【口コミ】初心者におすすめの仮想通貨ビットコインの取引所ランキングまとめ!

    仮想通貨を取り扱っている取引所は複数社ありますが、取扱い銘柄が違ったりレバレッジ倍率が異なったりと取…
  3. 仮想通貨の投資初心者におすすめの取引所はZaif!ビットコイン取引の始め方を徹底解説

    ビットコインなど仮想通貨に将来性を感じてこれから投資を始めたいと考えている人向けの解説記事です。…
  4. 新生銀行のVISA海外プリペイドカードGAICAの口コミ・評判と4つのデメリットを徹底解説

    新生銀行のグループ会社アプラスが発行するGAICAは、13歳以上なら誰でも申し込める年会費無料のプリ…
  5. 【口コミ】海外旅行におすすめ!キャッシュパスポートの評判と4つのデメリットを徹底解説

    キャッシュパスポートは、スペアカードがあったり24時間365日のアシスタントサービスが用意されていた…

ICOプロジェクト

  1. 1

  2. 2

  3. 3

  4. 4

  5. 6

ランキング一覧